2017年05月18日

ケーキは美味しかったです

「お誕生日だから!」と言って、作ったケーキを持って来てロウソクに火をつけて記念写真も撮りました。人数分カットして、スタッフにふるまいました。
IMG_6210.jpg
今日は大西さんのお誕生日ではありません。。。
今日、バースデーを迎えるスタッフは、出払って居ません。って知ってたよね?
ケーキご馳走様でした。

posted by 大杉谷自然学校 at 12:07| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

5/17 三瀬谷小のびのびクラブ

今日は三瀬谷小学校でのびのびクラブ「ヨモギ摘みとないしょ餅づくり」をしました。始まりは体育館で体を動かしてスタート。そして元気いっぱいのみんなが落ち着いたところでヨモギ摘みにいくために植物の説明を聞きます。どれがヨモギかな?触らないほうがいいものは何かな?
RIMG0202.jpg RIMG0201.jpg
さて、屋外でヨモギを探します。美味しそうなのはどれかな?ある程度ヨモギが摘めたら調理室に移動し、ないしょ餅づくりが始まりました。
RIMG0206.jpg RIMG0211.jpg
RIMG0207.jpg RIMG0208.jpg
最初に作り方をざっと教わり、そのあと自分たちで調理開始。まず摘んできたヨモギを重曹を使ってアクぬきします。野草はアクが強いのですが、アクを抜く事で食べやすくなります。
そのあとヨモギを茹で、細かくすり潰します。しかし野草は繊維が硬いのです。小学校低学年の子どもたちにはなかなかすり潰せませんので、ここは文明の利器の登場、フードプロセッサーを使います。
よもぎを細かく砕いたあと、しっかり搾ります。これは食べるときの食感に影響があるため低学年の力の弱い子どもたちも頑張って絞ってもらいます。
RIMG0214.jpg RIMG0217.jpg
RIMG0215.jpg RIMG0221.jpg
RIMG0218.jpg

そうするうちに、ご飯が炊けました。もち米とお米を混ぜ合わせ炊いたご飯に先程絞ったヨモギを合わせます。ああ、みどりの香りがする〜。ヨモギが偏らないように混ぜながらご飯をつきます。お餅の手前のような状態までできたら、餡を包み完成。ヨモギの味が嫌という子もあるかなと思っていましたが意外にみんなは美味しい!という感想。本当によかった!
RIMG0225.jpg RIMG0222.jpgRIMG0223.jpg

ないしょ餅は大台町では昔から家庭で「ないしょ」で作られていたお餅です。だんだん甘くて安くて美味しいお菓子が増えてくると家庭で作られることも少なくなってきました。和菓子は案外作り方はシンプルです。子どもたちがヨモギが茂るシーズンになったら、「ないしょ餅作ろう!」と思ってくれるようになればいいなと思います。

主催:大台町教育委員会
posted by 大杉谷自然学校 at 18:10| Comment(0) | のびのびクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

キタ!

P5172821.jpg
ようこそ、待ってました!
posted by 大杉谷自然学校 at 15:20| Comment(2) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

ギギの煮凝りで満足する女子

本当にギギの煮つけは美味しかったんです。残った煮凝りも美味しい!今日のお昼のおかずです。(手前の四角いプラケースで煮凝りました)
IMG_6208.jpg
マニア女子が集結しててゴメンナサイね〜。

美味しかった煮付けの写真も再掲しておきましょうね〜。RIMG0198.jpg

posted by 大杉谷自然学校 at 13:04| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

5/13-14 食べて減らそうギギ

昨日、今日と1泊2日で「食べて減らそうギギ」を開催しました。ギギは本来、宮川本流には生息していない魚で、国内移入種(外来種)にあたります。繁殖が進むと生態系が変わるため、捕って食べるプログラムを開催しました。
1日目はオリエンテーションのあと、ギギという魚を描いてもらいました。知らない人は想像で、去年からの参加者は記憶をたどります。どんな絵になるでしょうか?
RIMG0149.jpg RIMG0153.jpgIMG_6212.jpg RIMG0161.jpgRIMG0166.jpg RIMG0165.jpg
何ともユニークで可愛くて個性豊かな絵ばかり。「髭がある」という特徴がよく描かれていますね。では本物のギギと見比べてみましょう!という事でここで水槽に入ったギギが登場です。子どもたちは大興奮。水槽にかぶりつく状態で特徴に見入ります。どんなふうに実際ギギは川の中で棲んでいるのでしょう。それを知るため動画を見ました。その上で実際に川原に降りてみました。釣り竿を持ち、魚釣りに挑戦してみます。どんな魚がかかるでしょうか。
RIMG0167.jpg RIMG0170.jpg
カワムツなどがかかりました。暫く釣りをしたあと、夕食をいただき、そのあと夜釣りに挑戦します。夜釣りにみんなワクワク!ギギが7匹釣れましたね。明日は美味しく調理ができそうだ!今夜は五右衛門風呂に入って就寝です。

おはようございます!2日目の朝です。朝食のあと、竿での釣りと、瓶付け(餌を仕込んだセル容器を川に沈めて魚を捕る)もしてカワムツが結構な数捕れ、ウグイも数匹入っていました。それらを串打ちし、調理していただきます。ウグイやカワムツは串打ちをし、白焼きに。ギギは姿煮にします。
P5142796.jpg P5142798.jpgP5142800.jpg P5142799.jpg
P5142806.jpg P5142813.jpgRIMG0182.jpg RIMG0185.jpg
RIMG0175.jpg RIMG0188.jpgRIMG0189.jpg RIMG0191.jpg
RIMG0194.jpg RIMG0198.jpg
ジャジャーン!お昼のおかずです。見かけは渋いが味は満点最高点。とにかく美味しい。本当においしい!

美味しくいただいたあとは、ふりかえりをして終了です。
今回昼間にも、夜にも釣りをしました。釣れる魚の違いからも感じて頂いたと思いますが、暗くなってからしか動き出さない魚は昼間の釣りで釣れるケースは滅多にありません。その逆も同じです。私たちが普段食事している魚たちはどんな時間に活動している生き物なのでしょうか。そのような視点で食べ物を見てみるのも面白いと思います。私たちとは違う環境に生きる多様な生き物の生息環境を守るという事は「他の存在を意識する」という事です。これはとても大事な視点だと思っています。環境は「人間目線で見える世界」だけでは持続しないからです。皆さんにとって、この1泊2日がそのことについて深く考えるきっかけになればと思います。
最後にこの言葉で締めくくるとしましょう。

一日幸福でいたかったら、床屋に行きなさい
一週間幸福でいたかったら、結婚しなさい
一ヶ月間幸福でいたかったら、良い馬を買いなさい
一年幸福でいたかったら、新しい家を建てなさい
一生幸福でいたかったら、釣りを覚えなさい
(中国古諺)

主催:大杉谷自然学校


posted by 大杉谷自然学校 at 18:11| Comment(0) | 宮川の河川文化継承活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする