2016年10月31日

10/28元気アップお笑い・報告

先日の第二回「元気アップ!」お笑い人情喜劇・上映会は、笑って泣いての74分でした。
PA280018.jpg
自分のためにと思って我慢していたつもりが、いつの間にか誰かのための我慢に変わり、人のために泣き。人という生き物はこうも愛らしいものか、と思って皆さん涙されたことと思います。
今は人の結びつきが薄くなっても暮らせるため、こういう感情自体が昔懐かしいものに変わりつつあるのかもしれませんが、せめて大杉谷は「今も、これからも、人情あついところ」であってほしい。そんな願いもありました。
PA280007.jpg PA280005.jpg
多くの方にお集まりいただき、また、あげますコーナーも大盛況。ほぼ全てに貰い手ができました。
また次回はどのような内容になるか、是非お楽しみに!ご参加ありがとうございました。


posted by 大杉谷自然学校 at 14:29| Comment(0) | その他の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

町の財産

畑仕事をさぼっている写真
IMGP3198.jpg IMGP3226.jpg
ではありません。糞を踏まないよう、下を向いて歩いているのでもありません。
実は遺跡を見ているのです。縄文の匂いがするのです。凄いです。私たちの命につながる果てしなく昔の人がこのに確かに暮らしていたという痕跡を目の当たりにするのですから。この日は専門家の先生をお招きし、色々と教わる事ができました。
posted by 大杉谷自然学校 at 09:00| Comment(0) | その他の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

10/29アウトドアヨガin大杉谷

木枯らし一番という日になってしまいましたが、雨ではなくお日様にも恵まれアウトドアヨガを開催しました。
IMG_3505.jpg
動かなければちょっと肌寒いのですが、だんだん体がほぐれてくると暖かくなってきました。徐々に心もほぐれ、終了後はアウトドアクッキングも楽しみ、心も体も喜ぶアウトドアヨガin大杉谷となりました。
DSCN6302.jpg DSCN6301.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 17:05| Comment(0) | その他の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

第二回「元気アップ!」お笑い人情喜劇・上映会

今日は第二回「元気アップ!」お笑いDVD上映を、大杉谷地域総合センター研修室で開催!(第1回は元気アップ!カラオケでした)
IMG_5905.jpg IMG_5904.jpg
何でも、笑えば7万個のがん細胞が消失するらしい。高価な薬よりも一度の爆笑。今日は何万個のがん細胞が消失することか。報告はまた後ほど!
posted by 大杉谷自然学校 at 09:00| Comment(0) | その他の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

10/26 のびのびクラブ宮川小

昨日は宮川小のびのびクラブ参加者と「生き物さがし」をしました。学校付近を探索するので、体育館前に一旦集合し、まず「野原での危険」について注意を聞きます。むやみに触らないように注意するもの、かぶれる危険性がある植物などを写真を見ながらひととおり聞きました。危害報告のある多くの生き物たちは実は臆病で、私たちに危害を加えるときは自らの身を守るための防御の行動。つまり私たちが攻撃しなければ、危害を加えられる事は殆どなく、見かけたからといって怖がる必要はありません。むやみに怖がる子どもが増えている現代は、この説明はとても重要なポイントだと思っています。
DSCN6256.jpg DSCN6258.jpg
さて、しっかり話を聞いた後は学校周辺に生き物の探索を開始!虫取り網を持った子どもたちは「狩猟者の目」に変わります。五感がピンと立った状態でてくてく歩いていると…。
DSCN6261.jpg DSCN6264.jpg
むむ??何かいる?
え?うぇ!
DSCN6263.jpg DSCN6268.jpg
へびーーーー!
おーい!!
DSCN6271.jpg DSCN6273.jpg
早速是速力で「虫博士・おいも」に報告です。(おいおい、掴んだままじゃなくても網にいれていいのではないかい??)結果的には毒の危険性が無い蛇でよかったです。
DSCN6274.jpg DSCN6280.jpg
毎年宮小に咲く早咲き桜も花が開いていました。植物も立派な生き物ですね。
DSCN6278.jpg
いろいろ捕まえたあとは、生活改善センターの室内で観察スケッチ。真剣な目つきでしっかり見て、描きます。
DSCN6284.jpgDSCN6283.jpg
並んで同じ角度から描いていても、違う絵になるのですから、それぞれの子どもたちが「それぞれ違うところに関心をもっている」事に気づきます。
DSCN6291.jpg DSCN6290.jpg
DSCN6288.jpg DSCN6286.jpg
DSCN6285.jpg DSCN6293.jpg
何枚も描いてくれたので、最後は素敵な生き物画のギャラリーにが完成。みんな独創的な色使いで綺麗だね!
DSCN6295.jpg DSCN6297.jpg
DSCN6296.jpg DSCN6298.jpg
DSCN6294.jpg
今日は低い位置から虫を観察しましたね。普段は上から虫を見る事がほとんど。虫と同じ目線で自然の中を見てみる経験は殆どありません。しかし生き物と私たち人は互いに影響しながら生きています。例えば汚れた廃水を流したら溝にいる生き物は生きていけるでしょうか。汚れた空気の中をひらひらと蝶が舞うでしょうか。小さな虫やいきものがどんな場所でどんなふうに暮らしているのかを知り、その変化を知る事ができたなら、私たちの暮らし方に何かしらのヒントや警鐘を鳴らしてくれるのが小さな生き物たちだと言えるかもしれません。今日楽しんで生き物見つけをしましたが、これからも生き物みつけが楽しめるよう、生き物が激減しないよう、私たちの暮らし方も「生き物目線」でやっていきたいものですね。

主催:大台町教育委員会
posted by 大杉谷自然学校 at 13:11| Comment(0) | のびのびクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

小さな森

いがぐり頭の子を撫でるように、いかん!と思いながらも、つい。
IMG_5903.jpg IMG_5902.jpg
10月23日の森っ子クラブで作った自然学校のコケ(玉?)です。参加の皆さんが持ち帰った「小さな森」は元気でしょうか?「こんな風に小さな森が飾られてるよ!」「こんな風に育ってるよ」の写メなど、是非お寄せ下さい。このブログでアップしても宜しければ、是非ご紹介させていただきますので!
posted by 大杉谷自然学校 at 12:39| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

10/24 日進小学校3年生 川の生き物探し

昨日は大台町子どもプロジェクト推進の事業で日進小学校3年生の川の生き物探しをしました。
DSCN6226.jpg DSCN6227.jpg
学校から歩いて周辺の川、濁川に移動し、生き物探しを始めました。網や観察バケツを使っての生き物捕獲は短い時間ではありましたが、子どもたちは楽しそうにも夢中になっていました。
DSCN6236.jpg DSCN6238.jpg
DSCN6239.jpg DSCN6248.jpg
DSCN6249.jpg DSCN6252.jpg
観察できた生き物は、カワムツ、アカザ、シマドジョウ、アジメドジョウ、ヨシノボリ、ナベブタムシ、エビ(2種類)、ヤゴ(5種類もいました)、カワゲラ(こちらは14種類!)。色々いましたね。普段じっくり観察したりしなければ、こんなに身近な水生生物が多種棲んでいる事に気づかないと思います。皆さんが大きくなった時には同じような生き物がまだ棲んでいるでしょうか、どうでしょうか。少なくとも「何も居ない」濁川では無いようにしたいという気持ちが皆さんにあると思います。そのためには私たちは普段、どんな意識で生活するべきかを今後成長するにつれ、考えられるようになればいいですね。

主催:大台町子どもプロジェクト推進協議会
posted by 大杉谷自然学校 at 11:46| Comment(0) | 大台町子どもプロジェクトの活動(日帰り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

大杉谷自然学校「活動報告会」開催のご案内

第二回、大杉谷自然学校活動報告会を開催します。大台町で育つ子どもたちが、大台町の教育予算により多くの教育的自然体験活動の機会に恵まれている事、また町外から体験にお越し頂く子どもたちも大台町だからこそ可能である教育的体験を受け、大台町の魅力を実感して帰られる事などお伝えできたらと思っています。ぜひご参加ください。
ーーーーーー
●大杉谷自然学校 活動報告会「自然の中で育む大台っ子!」
【日程】11月8日(火)15:00〜16:30
【会場】大台町役場(本庁)2階大会議室
【内容】ミニ体験のあと、大杉谷自然学校の体験活動事業紹介と報告
詳細チラシはこちら(PDF)>>
posted by 大杉谷自然学校 at 14:35| Comment(0) | お知らせと連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

10/23 森っ子クラブ

今日は森っ子クラブ「こけ玉で小さな森をつくろう」を開催しました。
DSCN6173.jpg DSCN6185.jpg
DSCN6184.jpg DSCN6182.jpg
オリエンテーションのあと、河原を散策しながらコケや流木、石など、コケ玉をつくる材料あつめをしました。土いじりをする遊びがうんと減ったこの頃はコケを触る事はもっと少ないのでしょう。のんびり遊びながら材料を集めたところでお昼ご飯をいただきました。
DSCN6195.jpg DSCN6196.jpg
せせらぎ会さんが作ってくださった昼食をいただいたあと、こんどは「コケ玉」に仕上げていきます。コケは水分が豊で湿度があり、薄日が差すところが好み。深い谷に降雨多湿の大杉谷はコケが好む環境と言えると思います。
DSCN6200.jpg DSCN6214.jpg
DSCN6219.jpg DSCN6211.jpg
DSCN6205.jpg DSCN6221.jpg
DSCN6224.jpg DSCN6216.jpg

仕上がったコケ玉はなかなかの芸術作品です。持ち帰って枯らさないように育て、家の中に小さな森が息づく事を願っています。

主催:大台町教育委員会
posted by 大杉谷自然学校 at 19:21| Comment(0) | 森っ子・川っ子クラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

10/22 森のようちえん

今日は子ども王国で森のようちえんを開催しました。秋の森や池を散策したり、自由遊びやお昼ご飯づくりをして、のんびりほっこりの森のようちえんでした。
森の中でも危険な事など注意事項をきいたあと、子どもたちは生き物見つけに夢中になったり、散策や探検をしながら見つけた生き物をそっと触ったり。蛇も見つけたけど「怖くないよ」とスタッフに教えてもらって「触ってみたい!」という子どもたち。好奇心が旺盛でいいなー。
IMG_5966.jpg IMG_5979.jpg
IMG_5969.jpg DSCN6138.jpg
DSCN6140.jpg DSCN6155.jpg
DSCN6170.jpg DSCN6164.jpg
IMG_5982.jpg IMG_5990.jpg
お昼ご飯はクリームシチューと巻き巻きパン。子どもたちも具材を切ったり火の番をしたり、どんどんできる事をしてくれます。巻き巻きパンもあぶりながら焼き上げ、待ち遠しいお昼時間がようやくやってきました。沢山の「おいしい顔」をご覧ください。
IMG_5995.jpg IMG_5996.jpg
IMG_6035.jpg IMG_6052.jpg
IMG_6049.jpg IMG_6064.jpg
IMG_6059.jpg IMG_6065.jpg
IMG_6071.jpg IMG_6073.jpg
IMG_6069.jpg IMG_6075.jpg

お昼ご飯のあとも、散策や探検にでかけ、池の生き物探しにも出ました。
DSCN6130.jpg DSCN6134.jpg
IMG_6104.jpg IMG_6110.jpg
IMG_6117.jpg IMG_6123.jpg
楽しい一日のラストは絵本の読み聞かせ。聞き入る子どもたちの素直さがとっても可愛いなと思います。
DSCN6148.jpg
森の中は家の周辺とまた一味違った刺激が沢山あり、面白いですね。見慣れるものに触れあう事で気づかぬうちに多くの生き物や植物や土や空気や、という自分を取り巻く多くの環境に体の細胞が喜んだことでしょう。寒くなるまで、まだしばらく良い気候の日々が続きそうなので、是非この時期、外遊びを楽しんでくださいね。

主催:大台町教育委員会
posted by 大杉谷自然学校 at 18:11| Comment(0) | 森のようちえん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

宮川の潜水調査、終了

9月1日から開始した宮川9か所の夜行性魚類の潜水調査が終了しました。台風やダム放流があったためこの時期までかかりましたが、激烈に冷たい水温に変わるまでに潜水調査が終了し、ほっとしています。このあとデータ仕上げ作業に入ります。
自然の中に足を踏み入れる人が少なくなり、山も川も見守る人は減る一方。そういう意味では私たちは貴重な役割をいただいていますし、役割を持たせる事の意味合いはやはり大きいと思っています。ご協力の呼びかけに応じて助けて頂いた方にも感謝申し上げます。ありがとうございました。
IMGP2281.jpg P9170401.jpg

【動画のオマケ】
川の調査では、深いところでは泳ぎながら、浅いところではほふく前進しながら、魚をみつけ、防水のノートに見つけた生き物の種類と数をメモを取っていく「目視調査」という方法で実施しています。
  ↓  ↓  ↓  ↓


主催:大台町教育委員会
posted by 大杉谷自然学校 at 09:00| Comment(0) | 宮川の河川文化継承活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

10/19 のびのびクラブ三瀬谷小

昨日は三瀬谷小のびのびクラブ参加者と「生き物さがし」をしました。時代とともに外遊びの機会が減り、清潔志向の影響もあって虫取りをする事がさらに減った現代では、虫かごや網をつかう経験がない子どももいます。使い方をスタッフから聞きながら、屋外に出て生き物探しをしました。
DSCN5928.jpg DSCN5929.jpg
秋が深まってきたこともあり、先に実施した回に比較して秋に多く見られる鳴き虫である、こおろぎやつゆ虫を見つける数が徐々に増えてきています。昼間はそう鳴きませんが、暮れてくる頃から夜に向けて、耳を澄ますと何種類もの鳴き虫の声を聴くことができると思います。鳴く時間帯は暗いので見つけにくいのですが、今日、姿を見る事ができましたね。
DSCN5931.jpg DSCN5934.jpg
ほかには大谷川付近で、水辺の生き物が陸に上がってきたのを見つけた子もいました。「ほら!」こちらはサワガニ。ほかにイモリやカナヘビも見つけました。
小羽根イナゴ、七星テントウムシ、ひしバッタ、そしてクモを捕まえる子もありました。虫かごにそっと入れて、体育館にかえってスケッチをしました。虫を描いたり、見つけた葉っぱを描いたり。生き物を見る目線がそのまんま絵の構図になります。上からカニをみたから上からの構図になるのでしょうね。私たち人間が小さな小さなアリのような生き物だったら、カニを下から見たお腹から描いた構図になったりするのかもしれませんから。
DSCN5948.jpg DSCN5944.jpg
DSCN5942.jpg DSCN5943.jpg
DSCN5945.jpg
おやつのミカンに可愛い絵を描く子もありました。完熟御浜町産ミカンは子どもたちに大人気でした。
DSCN5941.jpg DSCN5939.jpg
生き物は「活動時期」や「活動時間」に特徴をもつものも多く、特徴を知っている事で違う時期、違う時間帯に見つけ出したときには生態系の変容に気づいたりすることもできますね。同じ地域に棲む仲間である小さな生き物たちの特徴を知ることは、見守り役を果たしているとも言えるでしょう。できるだけ嫌がらず同じ仲間としての目線で小さな生き物たちを見ることができたらと思います。

主催:大台町教育委員会
posted by 大杉谷自然学校 at 14:04| Comment(0) | のびのびクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

撮影の一幕

今日は宇久井ビジターセンターのスタッフが大杉谷にいらっしゃったので、滅多に無い事なので、みんなで集合写真撮影をしました。後で見返すと過程の写真が面白くて。センターの方にはいろいろ細かな注文を聞いていただき撮影ができました。お急ぎなのにすみません。ありがとうございました。
PA190674-1.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 15:42| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

10/14 光機械製作所

10月14日は企業さんの研修事業に講師として出かけてきました。
PA140621.jpg PA140616.jpg
光機械製作所さんは、従業員の育成事業に熱心でいらっしゃって、お招きいただいた私たち自身が非常に感動しました。ありがとうございました。
posted by 大杉谷自然学校 at 13:53| Comment(0) | その他の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

10/15 七里御浜の現在過去未来

10月15日は宇久井ビジターセンター主催「七里御浜の現在過去未来」を開催しました。
PA150637.jpg PA150653.jpg
石や地質、鉱石など、地学に関心のある子どもたちの参加もあり、とても楽しんでいる様子にこちらも嬉しくなりました。キラキラ光る石の入り口から、そもそもの地球創造というところまで及ぶ可能性を秘めた奥が深い分野だけに、これからが頼もしいなと思います。
お天気が良い日で、海も空も石も、とてもとても綺麗でした。

主催:宇久井ビジターセンター
posted by 大杉谷自然学校 at 13:20| Comment(0) | その他の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

●Wooday2016秋の山クッキング&のこぎりクラフト・参加者募集

●Wooday2016秋の山クッキング&のこぎりクラフト・参加者募集
【日時】11月26日(土) 10:00-14:30
【内容】小枝で火おこし、パン焼き、シチューづくり、
木こりさんのパズルづくりなど秋の山を楽しみます
【参加対象】保育園児以上の子ども及びその家族
【参加費】500円(保険・昼食代込)
【定員】20名(先着)
【集合解散場所】トヨタ三重宮川山林事務所(多気郡大台町明豆132-2)
【主催】トヨタ自動車(株)・(株)森林再生システム
【申し込み先】トヨタ宮川山林事務所(諸戸林友)Wooday2016担当
TEL:0598-77-2211 FAX:0598-77-2524 
E-mail:miyagawa@re-forest.com
詳細チラシはこちら(PDF)>>
posted by 大杉谷自然学校 at 09:00| Comment(0) | お知らせと連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

ヤマガラとかおりん

かおりんがヤマガラとの素敵なツーショット。
ファンには嬉しい一枚。
PA110591.jpg PA110594.jpg






居たらの話ですが。
posted by 大杉谷自然学校 at 09:00| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

マさる・るるる

マさる・でる
PA130009.jpg

マさる・のぼる
PA130008.jpg

マさる・とる
PA130010.jpg

マさる・う…らない!
マさる(はデイサービスのおじいちゃんおばあちゃんが食べたいと仰ったあけびを)とる

本家に勝るとも劣らぬ、なかなかの名作ではないか!


意味が分からない方は「五味太郎」でご検索を!
posted by 大杉谷自然学校 at 13:01| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

10/12 のびのびクラブ川添小

今日は川添小のびのびクラブ参加者と「生き物さがし」をしました。お天気が良く、昆虫が中心になりましたが、いろいろな生き物を探すことができました。網や虫かごを使って捕まえる経験は、昔は当たり前の遊びでしたが、今はこんな機会が無ければ使う経験も無いのかもしれません。どう使えばうまく捕れるのかを教わりながら虫取りに熱中していました。見つけた時、子どもたちはとてもいい顔をしていましたよ。

DSCN5896.jpg DSCN5910.jpg
DSCN5899.jpg DSCN5902.jpg
DSCN5901.jpg DSCN5905.jpg
DSCN5915.jpg
ある程度生き物を見つけたら学校に帰り、観察スケッチをしました。じっくり見ながら「できるだけそっくりに描きたい!」と思って鉛筆を握る子どもたちの目は真剣そのもの。描いているうちに、どんどんお話が浮かんできたのでしょう、絵をもってきてスタッフに出来上がったお話を語り聞かせてくれ「みんなに今話したお話をしてほしい」というとっても可愛らしく想像力豊かな参加者もありました。こちらは「いもむしのいっくん」。上手ですね。みんなのスケッチはとっても素敵な一枚になりました。
DSCN5924.jpg DSCN5922.jpg
DSCN5919.jpg DSCN5927.jpg
DSCN5926.jpg
虫は私たちに比べて体は小さいのですが、私たちの生きる環境に影響しながら生きています。私たちが影響を与えている場合もあり、また虫が私たちに影響を与えている場合もあります。互いに作用しあう関係という事から「友だち」「仲間」と言い換えることもできるでしょう。できれば互いに良い影響を与え合いたいですね。これまで日常であまり意識しなかった「小さな仲間」たちにも折にふれ、意識が届くようになればと思います。

主催:大台町教育委員会


posted by 大杉谷自然学校 at 18:22| Comment(0) | のびのびクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

VIVA虫!

ナショナルジオグラフィックの記事を参考にしているのだが、「地球上には食べられる昆虫が1900種以上存在し、昆虫を常食としている延べ人口はおよそ20億人に達する」という。
幾つか私たちも興味本位で食べてはみたが、パリパリした食感が馴染めず常食とまではいかない。しかし母は戦時中よく食べた話を聞かせてくれる。
さて、今日は川添小学校ののびのびクラブで秋の生き物を探す。いろんな生き物を見つける事だろう。子どもたちは知識に常識の概念が無い柔らかな感性を持っている。もしかしたら、、口に??
そんな豊な子どもの感性にも応えられるよう、私たちも虫食スキルを高めるべきか?とちょっと思ったり。

世界で「1日に100種の生物が絶滅している」事に私たちが影響を受けないわけがない。食べられる生き物も、食べられない生き物も、豊かであれと祈らずにはいられない。

参考)ナショナルジオグラフィック「国連が昆虫食を推奨、人気の8種とは?」
posted by 大杉谷自然学校 at 12:37| Comment(0) | お知らせと連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする