2017年01月30日

1/30 日進小学校1年生 あられ炒り

今日は日進小学校の1年生の「火おこしをして昔の保存食(あられ)を調理」しました。
DSCN7357.jpg DSCN7366.jpg
火おこしはマッチを使って火種を作ります。お手本を見たあと自分でマッチをすりますが、マッチを使った事が無い子どもも増えているため、ドキドキした児童もいました。どうすれば火がつきやすいのかを考えるのは、火がつく仕組みを考える事なので、大事な体験です。火がついたところであられ炒りにあられ餅を入れ、ゆっくり炒ります。急いで強い火で炒るとあられ餅が硬いまま表面が焦げて芯のあるあられになってしまうため、気を付けてゆっくりと炒りますが、初めての子どもたちはゆっくりの加減が難しい。ちょうど良いのかどうかの経験値がこれでできましたね。芯のあるあられを食べた児童もいましたが、それも経験です。もう少し弱い火が必要だったことを記憶してほしいと思います。
DSCN7369.jpg DSCN7378.jpg
おやつが貴重だった昔の暮らしでは、お餅を乾燥させ、乾物として保存して少しずつおやつとして炒って食べていました。保存食は知恵を凝らした食べ物であることも今回の体験で学んで貰えたらと思います。

主催:大台町子どもプロジェクト推進協議会
posted by 大杉谷自然学校 at 18:11| Comment(0) | 大台町子どもプロジェクトの活動(日帰り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

文化財保護活動

昨日は文化財保護委員の活動で、大台町内の文化財を一部、確認に回りました。
P1262112.jpg P1262102.jpg
P1262138.jpg P1262111.jpg
沢山の貴重な文化財は意識しなければ保護できず、今日もそれを痛感しました。そのなかのひとつ、地元、久豆にある大渕寺(だいえんじ)のスダジイも大変な巨木で見応えがあるのですが、だいぶ老木になってきています。どの文化財も共通して言えるのは「新しくなるものはひとつもなく、古くなるばかり」。そのスピードをできるだけ遅くするためにどうするべきか、が課題に思いました。
posted by 大杉谷自然学校 at 20:08| Comment(0) | その他の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

1/25のびのびクラブ川添小

昨日は川添小のびのびクラブ参加者と「ブーブー笛」を作りました。ブーブー笛はリードの振動により音が鳴る仕組みになっていて、笛のボディーは細い竹を使って作ります。実は小学生にとって身近な楽器でリードの振動で音が鳴るタイプの楽器があります。ハーモニカ、ピアニカなどです。音階の穴や鍵盤があるためブーブー笛とは違う構造に思いがちですが、楽器を分解すると一つ一つの音にそれぞれ違う形状のリードがついていて、それにより音階がつきます。
今日はその一番単純な基本となる形の笛を作ります。
DSCN7319.jpg
まず、竹を切り、吹き口をサンドペーパーでバリをとり、口を怪我しないように加工します。そのあとリードを作ります。竹の切り口とよく似た形で型取りを下書きしたプラスチックシートをはさみでカット。低学年は固めのシートを小さく切るのは難しいけれど、手先をうまく動かしてカットできました。それをテープで竹のボディーに貼り付けます。細かい作業が続きますが、工程はここまでで、いたって単純です。テープの微妙な位置が鳴らない原因にもなるため、鳴らなかったらテープで貼る位置を工夫したり、リードの形を変えたりして工夫して最後には全員が鳴るようになりました。
DSCN7322.jpg DSCN7323.jpg
DSCN7325.jpg DSCN7326.jpg
リード笛の基本がわかったので、自宅で竹以外でも口に入る太さの筒状のものでチャレンジしてみてください。素材や大きさによって鳴る音の違いを楽しんでみてくださいね。

主催:大台町教育委員会
posted by 大杉谷自然学校 at 16:58| Comment(0) | のびのびクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

1/18のびのびクラブ日進小

昨日は日進小のびのびクラブ参加者と「ブーブー笛」を作りました。ブーブー笛は竹を使って空気圧がリード(弁)の振動によって音が鳴る構造です。実は子どもたちがよく知っている楽器でも同じような構造で音が鳴る楽器があります。ハーモニカやピアニカ。鍵盤や音階があるから違った構造に思いがちですが、実は各音それぞれに微妙に変化がついたリードがついていて、息を吹き込んだらリードに振動が伝わり音が鳴っています。その一番単純な構造がブーブー笛です。
子どもたちは竹をノコギリで切り、扱う時に手を切らないように切り口をやすりがけをします。おやつタイムをはさんで、次にリードを作りました。これをテープで止めて息を吹き込んで鳴るかどうかチェック。鳴らない場合はリードに変化をつけてもう一度チャレンジ。
リードの状態で鳴るかどうかが決まるので、ここが要です。小さな笛ですが、リコーダーのような穴の調整で鳴る笛に比較すると、リード笛は結構大きな音が鳴ります。リード素材は息の振動が伝わる薄手の身近なプラスチックでいいので、これからは身近な素材で自分でブーブー笛が作れると思います。是非いろんな素材や大きさの笛を作ってみてくださいね。
P1182097.jpg P1182098.jpg
P1182096.jpg P1182099.jpg
主催:大台町教育委員会
posted by 大杉谷自然学校 at 14:19| Comment(0) | のびのびクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

鹿の足

IMG_5959.jpg
「僕の前足が今から解体?!」ナウ鹿くんが横たわってドキドキ!
というわけではありません。
鹿の蹄つきでモモ肉をいただき、今から骨外しをして食べるために切り分けます。
と言う写真です。ご安心を。
P1180006-1.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 14:22| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

H28年度のびのびクラブ 保護者アンケート

明日から今年度の「のびのびクラブ」(放課後の居場所づくり事業)の最終第七企画が始まります。それに合わせ、今年度のタイミングで一度参加者保護者に向けたアンケートを取りたいと考えています。
アンケートは書いてくださる皆さまにお手間をとらせてしまうため、できるだけ簡潔な問いかけにしています。結果から現状把握したうえで、分析したものを事業に有効活用したいため、質問や選択回答の設計に「回答者として質問回答によりどう思考が流動していくのか」の想定も必要です。作業は大詰め。これらにより、大台町ののびのびクラブ参加者が普段どういう放課後の過ごし方をしているのか、より効果的な事業に発展するには、また親御さんが普段感じておられるお子様の放課後の過ごし方の課題に大杉谷自然学校がどのような支援ができるのか、などの糸口にできたらという強い希望があります。
保護者の皆さまにはお忙しい中記載お願いする事になりますが、回答をご送付いただき、皆様と協力しながら大台町の子どもたちのよりよき育成を目指したいと思います。何卒よろしくお願いします。
IMG_5960.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 16:05| Comment(0) | のびのびクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

三重県総合博物館「くらしの道具〜いま・むかし〜」始まりました

1月14日から、三重県総合博物館でのトピック展示「くらしの道具〜いま・むかし〜」が始まりました。15日はギャラリートークも開催しました。古い道具を見て昔の生活を想像するのは昔の世界にタイムスリップしたようで、子どもたちにとっては古い事がかえって新鮮に映る面白さがあるのかもしれません。興味深く展示を覗く子どもたちが印象的でした。
P1150086-1.jpg P1150088.jpg
P1150092.jpg P1150096.jpg
小学校では3・4年生が社会科で「昔の道具」を学習します。大杉谷自然学校が展示している漁具以外にも生活に密着した多くの道具が展示しているこの機会に、三重総合博物館にタイムスリップに出かけてみてください。
ーーーーー
●三重県総合博物館「くらしの道具〜いま・むかし〜」
共催:大杉谷自然学校
【開催期間】平成29年1月14日(土)〜3月5日(日)
【会場】三重県総合博物館 交流展示室 ※入場無料
【展示内容】台所、居間、食卓、洗濯、照明や暖房の道具などに加え、
      大杉谷自然学校が調査収集した川漁の道具
posted by 大杉谷自然学校 at 16:07| Comment(0) | 宮川の河川文化継承活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

つらら

大杉谷も冷え込んでます。
崖から染み出る水も凍って氷柱になってます。
IMG_6604a.jpg IMG_6598.JPG

雪は、薄っすら積もりましたがすぐに溶け、時折、吹雪いています。
posted by 大杉谷自然学校 at 14:35| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

茶畑の整備

自然学校でお茶摘み体験をする茶畑は地域の方が世話がしづらくなってきた畑をお借りしています。休耕して荒れていくなら利用させていただきたいと思って、プログラムで使わせて頂いています。
季節季節の手入れが必要なのですが、なかなか私たちも手が回らず、今日は遅れすぎの茶畑整備をしました。
整備前から比べると、
P1132090.jpg P1132089.jpg
随分綺麗になりました。
P1132092.jpg P1132093.jpg
こんどの5月もいいお茶がとれますように!
posted by 大杉谷自然学校 at 13:35| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

三重県総合博物館「くらしの道具〜いま・むかし〜」

開催秒読みです!展示のため、自然学校で所蔵していたりお借りしている漁具たちが朝から博物館に出発していきました。14日からの展示で多くの方の目に触れ、川が豊かだった時代の暮らしを感じて頂桁らと思います。また、15日にはギャラリートークにもお出かけください!今回の展示開催で、皆さまが川文化の知らない世界に出会えますよう願っています。
1484196694037.jpg 1484196713832.jpg
博物館の皆さんと展示準備の様子
ーーーーーー
三重県総合博物館「くらしの道具〜いま・むかし〜」
kurashi-miemu-f.pdf kurashi-miemu-b.pdf
共催:大杉谷自然学校
【開催期間】平成29年1月14日(土)〜3月5日(日)
【会場】三重県総合博物館 交流展示室 ※入場無料
【展示内容】台所、居間、食卓、洗濯、照明や暖房の道具などに加え、
      大杉谷自然学校が調査収集した川漁の道具
【関連行事】学芸員によるギャラリートーク(出演:大杉谷自然学校)
 平成29年1月15日(日)11:00-、14:00- 無料・申込不要
posted by 大杉谷自然学校 at 13:34| Comment(0) | お知らせと連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

明けましておめでとうございます

本日1月11日より大杉谷自然学校の事務所が平成29年を迎えました。皆さまには日ごろから様々な形で活動を支えて頂き、本当に感謝しています。

写真 2016-12-19 9 32 35.jpg

昨年、年の瀬押し迫った頃、自然学校のスタッフで北海道に研修に出ました。北海道の自然環境も研修先で出会った方々もハプニングも含めて思い出深いのですが、何よりも濃いミーティングが車や列車の中でできた事。普段からどんな風に自団体を捉え、何を補強したいのか、そこにどんな夢を含ませて事業化していくのかなど、希望に満ちた話をまだ真っ暗な早朝の移動時間に、まだ眠い時間だというのにキラキラした気持ちで出来たこと。こういうメンバーと活動をしていける事は本当に幸せだと感じました。
田舎の生活というのは目先の目立った変化というのはあまりありません。ベーシックな暮らしはその時期になればその時期にやるべきことをする、その連続が暮らしそのものです。それでも少しずつ工夫を凝らし、目立たずとも何らかの考えのある変化(試行錯誤とも言い換えられるかもしれません)があるものです。地域の暮らしから多くを学びながら活動を展開する私たちも、少しずつ考えのある変化(それをチャレンジというのかもしれません)を加えながらこの新しい年に、変わらずキラキラした気持ちで活動に邁進したいと思っています。皆さまどうぞ、今年も変わらぬお力添えよろしくお願いします。


posted by 大杉谷自然学校 at 15:14| Comment(0) | お知らせと連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする