2017年02月22日

嬉しいお便り2・卒業論文

大学の卒論研究がきっかけで関東から大杉谷に足しげく通い、ボランティアスタッフとしても何度も活動に加わってくれた大学生から、資料返却とお手紙をいただいた。毎年、お会いした事が無い学生さんから多くの卒論アンケートをいただく。機械的な質問と答えやすい回答。彼らの卒論にどう作用するのかわからぬまま私たちも可能な限りは協力するが、足を運んでヒアリングしようとする学生はとても少ない。インターネットなどを駆使して必要な情報は手近な手段で取り揃えているのかもしれない。
彼の場合は違った。何度もここに来てスタッフの空き時間を捕まえたり、泊まりでスタッフと過ごす時間に交わされる会話からも多くを引き出した。それでも論文を書き進めるにあたり取材し足りない時は、何度も電話をいただいた。お答えする側は時間を取られようものだが、実は彼のヒアリングから思わぬ事業体の強みや弱み、これから取り組むべき事業の気づきなど、話しながら自分でも驚くほど「考えるための必要な時間」をいただいた。しかもスタッフとして加わっていただく度、事業に対してとても的確な意見もいただく事ができ、ありがたい存在だった。
たった数か月の濃密な時間の中でぐっと距離を縮め「大台町が大好きになりました。無事卒業予定となれたのも、自然学校の皆さんのおかげであり、一人で作り上げた論文とは考えていません」とまでお手紙に書いてあった。私たちが協力できたことはほんの少し。彼なりのハートの熱さと柔軟さ、行動力が申し分ない卒論にたどり着いたに違いない。きっとこれからの社会人生活でも熱く人と関わり、それらを仕事に昇華させていく事だろう。
じき3月。卒業、新生活準備や転勤と多くの人が気持ちも新たになる季節。彼のお手紙から、一足先に春が来たような気持になった。
posted by 大杉谷自然学校 at 17:04| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

嬉しいお便り1・これ昔の道具なの?

今日、参加者の親御さんからメールをいただいた。三重県総合博物館で自然学校共催で現在開催しているトピック展示「くらしの道具・いまむかし」に家族で出かけて、今ちょうど小学校で学習している昔の道具を興味深く見ておられたとのこと。でも、自然学校のキャンプでいつも自分たちが使っている道具もあり「え?これ昔の道具なの?」と驚かれたとのこと。

この言葉であらためて気づくのが「昔って何?」という事。自然との距離を置かずに生活する中で家の中を見渡すと「昔は皆が使っていたが、私は今も使っている道具」が一つ二つ目につく。それらが壊れたら今はメンテナンスできる職人も見当たらず、だからこそ気を付けて大事に大事に使っていたりもする。特に自然学校のスタッフは買わずに「つくる」ことを心掛けるタイプが多いため、できるだけ長持ちするものを買い、長く愛用している道具が話題に上がる事も多い。だから昔の道具ではない「今でしょ!」(ちょっと昔な言葉・笑)が結構あるのだ。博物館に展示するためにお借りした漁具の中にも、今使っている道具が含まれている。昔って何だろう。何なのだろう。昨日いただいたメールからずっとそれについて考えている。すてきなお便りをくれてありがとう。
posted by 大杉谷自然学校 at 15:05| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

2/18.19イオンモール明和で出展

この土曜、日曜はイオンモール明和で出展してきました。
活動の紹介をしながら無垢の木の積み木遊びや、顔パネを楽しんでいただきました。大杉谷自然学校のブースにお立ちよりいただきありがとうございました。
DSCF3342.jpg DSC_1562.jpg
25日は鈴鹿のイオンモールで出展しますので、お近くにお越しの方はお立ち寄りくださいね!
posted by 大杉谷自然学校 at 12:34| Comment(0) | お知らせと連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

こんな事もできます!

という写真です。
IMG_6022.jpg
まさ特製。
posted by 大杉谷自然学校 at 12:23| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

津島神社大祭

12日は津島神社の大祭がありました。粛々と神事が執り行われ、餅まきもありました。餅まきは西光寺でもあり、この日は地域で暮らす誰もが無病息災で過ごせますようにと祈願しました。

IMG_4656.jpg IMG_4669.jpg
IMG_4696.jpg IMG_4704.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 15:05| Comment(0) | お知らせと連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

愛の告白の日

ですよね、今日。
IMG_6016.jpg
こんなに女性陣からのあま〜い愛の告白が!

このバレンタインの日に、チョコレートの材料、カカオの実がどこの国のどんな人が作っていて、どんな国にどんな風に買われていて最終的に私たちの口に入っているのか、1年に一度のこの機会に知るきっかけになればいいなと思います。
posted by 大杉谷自然学校 at 12:24| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

撮影会

今日はメディア数件からご要望いただいている事もあり、集合写真を撮影しました。
IMG_6716.jpg
どうせなら、という事で3月に発行する新年度向けのプログラムパンフレットやホームページに使う個人顔写真もついでに撮影しました。寒風どころか雪吹きさらす中の撮影でしたが「さむー!」(風がやんだ瞬間)「今!今!」「はよぉ!」。カメラマンまさ、文句ばかりの女性軍に文句も言わずに撮ってくれてありがとう。個人写真のお互い撮影は、褒めやちぎれやの「七五三撮影か!」というぐらいに爆笑でした。
IMG_5981.jpg IMG_5982.jpg
一件落着、事務所に戻ってから一つ一つ見ては更に爆笑。それらは公式には出回りませんので悪しからず(笑)。
P2102293-1.jpg
これだけはいいか、超可愛いから(笑)
お昼から、もっと吹雪になってきました。あの時間に撮影を終えといてよかったー!
P2100008.jpg P2100007.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 13:57| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

2/8のびのびクラブ宮川小

昨日は宮川小のびのびクラブ参加者と「ブーブー笛」を作りました。その名の通り、音がガチョウのようにも聞こえる(それはガーガーだろう?というツッコミは無しでお願いします)。ガチョウが分からなかったら、リードが割れたクラリネット(もっと分からないでしょうか)。
リードと今書きました。リードと言うのは笛の場合、息を吹き込んだ時に振動する弁のことです。そもそも音が聞こえる構造というのは「空気の震え」によるものです。空気が無いところ(完全真空空間)では音は聞こえません。空気の振動は目に見えないから振動を意識する経験は無いのですが、音はそうして伝わっています。
身近なものに、ピアニカやハーモニカがあります。どちらも音階がある楽器ですが、鍵盤の下やハーモニカの穴の中には音階に合わせた微妙に厚さが違うリードがついています。息を吹き込んだとき、そのリードが震えて音が鳴っています。低い音はとても息の力が要るのですが、それはリードが厚いので震わせる力が沢山必要になるからです。
さて、前置きはここまでにしておき、今回はリード楽器の最も基礎的な形のものを作ります。素材は細い竹。長さを決め、ノコギリで切ります。手をケガしないように注意しながら切ります。今回の竹は細いのでそう苦労せずに切る事ができました。切り口のささくれで手をケガしないようにサンドペーパーをかけ、次はリードの部分をつくります。今回はプラスチックシートを使いました。下書きをしてはさみでカット。小さなリードのサイズに細かくカットするのは子どもたちもちょっと難しいかもしれないけれど、慎重にはさみを動かしていました。
DSCN7392.jpg DSCN7393.jpg
DSCN7394.jpg DSCN7397.jpg
そしてテープで竹に固定します。この固定位置によってはうまく音が鳴らなかったり、固定位置を変えても音が鳴らない場合はリードの形を工夫してもっと震えやすいと思う形に変えてみます。いろいろ工夫して皆音が鳴りました。
ブーブー笛は、色々な素材で工夫して作る事ができます。竹のように穴の開いた筒状のくわえやすい太さのものであれば使えると思うのでストローや管などを見つけたら作ってみたらいいと思います。リードはプラスチックシートのほかに、ちょっとしっかり目の葉っぱ(農薬が使われていないものにしてくださいね)でも代用できます。色々な素材で考えながら、音の違いを楽しんでみてくださいね。

主催:大台町教育委員会
posted by 大杉谷自然学校 at 17:18| Comment(0) | のびのびクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

あいおいニッセイ同和損保 寄付寄贈式

この度、あいおいニッセイ同和損保蒲lより寄付をいただき、本日、寄贈式に出席させていただきました。
P2082270.jpg P2082272.jpg
この寄付プログラムは、あいおいニッセイ同和損保鰍ェ「eco保険証券・Web約款で社会貢献をしよう」という働きかけにより、ペーパーレス化による費用分が寄付に充てられるという貢献プログラムです。環境事業を展開する私たちにとって、日ごろの地道な活動をご理解いただき大変嬉しく感じています。大切に有効活用させていただくつもりです。ありがとうございました。

あいおいニッセイ同和損保梶@eco保険証券・Web約款
posted by 大杉谷自然学校 at 20:09| Comment(0) | その他の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

君の名は???

ロングランのアレではありません。
このあたりでは珍しい鳥を見つけ、何の鳥かだいたいの想定はできるけれど、確かな同定がしづらいので研究者のもとに今日旅立ちました。
IMG_6692.jpg IMG_6693.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 11:07| Comment(2) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

る・る・る

はる
IMG_6703.jpg
BY 吾味太郎
posted by 大杉谷自然学校 at 13:13| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

ヤマガラ

ここのところ毎日、午前に挨拶にやってきてくれ、しばらくずっとおしゃべりをしてまた飛び立ちます。そのお話を中断させたくないから、私は窓の内側からずっとお話を聞き続けるのです。
P2050006.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 10:31| Comment(2) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

海の博物館特別展「ボラが消えた!どこいった?〜食卓の人気者だった魚はいま」

海の博物館では今、特別展「ボラが消えた!どこいった?〜食卓の人気者だった魚はいま」を開催中で、出かけてみました。ボラはその昔はよく食べられていましたが、今は食卓にあがってきません。スーパーや魚屋でも売られているのを見た事がありません。それはどういう事か、展示で示されています。

私の小さい頃は日常お刺身はいつも「ボラ」でした。今はたまに近所の釣り愛好家の方からいただいたものを大喜びしていただいています。そのぐらい今は貴重になりました。海の環境のうつりかわり、そして今は本当に食べられない味なのか?(私はつい最近もいただきましたが、とても美味しく懐かしい味に舌鼓を打ちました)
是非皆さま、この会期中に、足を運んでみてください。そして食べ物と環境の深いつながりについてお考えいただく機会にして頂けたらと思います。
P2032243.jpg P2032244.jpg
P2032247.jpg P2032246.jpg
海の博物館 特別展「ボラが消えた!どこいった?〜食卓の人気者だった魚はいま」
【会期】2016年12月17日(土)〜2017年4月18日(日)
【場所】特別展示室
 
posted by 大杉谷自然学校 at 20:14| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

2/1-3 関西大学下見

今日まで20名ほどの大学生の皆さんが、3月の体験のために下見に来られました。
P2012153.jpg
大杉谷やトヨタの森、鳥羽の海の環境学習について、2泊3日で体験の下見をしました。
P2012162.jpg P2012183.jpg
P2012184.jpg P2022194.jpg
P2022191.jpg P2022195.jpg
P2022215.jpg P2022214.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 17:15| Comment(0) | その他の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

2/1のびのびクラブ三瀬谷小

昨日は三瀬谷小のびのびクラブ参加者と「ブーブー笛」を作りました。ブーブー笛はリードという弁の振動が音に変化して鳴る笛です。リードというと難しく感じると思いますが、構造は簡単です。構造の進化形として子どもたちのよく知る楽器、ハーモニカやピアニカがあります。学校でも使ったことがあると思うので、え?と驚かれるかもしれません。音階がついているので同じものには感じなかったかもしれませんが、中の構造は息を吹き込むと各音階にリードがついていてそれが微妙にサイズが違うため振動したときの音が違います。低い音を出したい時、随分息を吹き込まないと音が出なかったり、3つぐらい一度に音を鳴らしたい時も沢山の息を使う経験がある人も居ると思います。それは、低い音はリードが厚いため震えにくいのです。幾つもの音を出そうと思うと各部屋に息が分散されるため、3倍の息が無ければリードが振動しないのです。ちょっと難しいですか?
前置きが長くなりましたが、今回は1音だけの「基本」のブーブー笛です。
DSCN7384.jpg DSCN7386.jpg
DSCN7388.jpg DSCN7389.jpg
まず竹のボディーを作るため、ノコギリで細い竹を切ります。竹が細いのでノコギリを使い慣れていない子どもたちでもそう苦労せずに切れました。切り口をなめらかにするため、サンドペーパーをかけて切り口のバリを取ります。そのあとプラスチックシートにカットの下書きをし、吹き口にテープで止めつけます。行程は以上で、あとは吹くだけ。鳴りにくい場合はテープの位置やリードの形を変えて再チャレンジ。皆、見事鳴りました!

今回は笛のボディーを竹で作り、リードはプラスチックシートを使いましたが、ほかにも色々な素材で作られたブーブー笛があります。作りは簡単な構造ですので、子どもたちはもうマスターしたと思います。いろんな素材でぜひ色々なブーブー笛を作ってみてください。

主催;大台町教育委員会
posted by 大杉谷自然学校 at 19:06| Comment(0) | のびのびクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/30 日進小学校4年生 濁川調査

1月30日は日進小学校4年生の濁川調査をしました。
DSCN7332.jpg
濁川は日進小学校の近くを流れる川で、夏と秋にも体験をしました。今回は冬の濁川の様子を観察したかったのですが、あいにくの雨で教室内で採取してきた川水の水質調査になりました。そのあと水道水、薄めた牛乳、薄めた味噌汁も水質測定してみました。水質測定は殆どの児童が初めての体験だったと思います。実験そのものの風景ですね。
DSCN7340.jpg DSCN7356.jpg
DSCN7355.jpg DSCN7346.jpg
児童たちは夏と秋に生き物さがしをしたので「宮川の生き物」の冊子と照らし合わせながら、以前に捕った生き物が何であったのかを調べました。
最後に地図から濁川がどこらへんに位置し、その先川の水がどうながれ、どこに繋がるのかを学びました。
私たちの暮らしは自然環境と切っても切り離せない関係にあります。私たちが蛇口をひねればすぐに出る水は、実は自然の循環の中で生まれる恵みです。できるだけきれいな水の恩恵を受けて生活するにはどうしたらいいのか、このような体験が考えるきっかけになればと思います。

主催:大台町子どもプロジェクト推進協議会

posted by 大杉谷自然学校 at 16:37| Comment(0) | 大台町子どもプロジェクトの活動(日帰り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

大杉谷自然学校のふるさと納税が更にお得になりました!

IMG_5800.jpg
本日、2月1日から大杉谷自然学校の「ふるさと納税!」がお得になりました。
5000円の納税で、チケット2枚から3枚に変更!
それ以上の各納税額に対してもチケット枚数がぐっと増えます。是非ご利用ください。
ご案内のページ)大杉谷自然学校のふるさと納税
posted by 大杉谷自然学校 at 13:46| Comment(0) | お知らせと連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする