2018年08月30日

9月1日「夜の川は水族館」中止のご案内

9月1日に予定しておりました「夜の川は水族館」は、台風20号の影響により中止いたします。お申込みいただきました皆様には申し訳ございません。またの機会にご参加ください。
posted by 大杉谷自然学校 at 16:37| Comment(0) | お知らせと連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

8/27-28大台町東員町交流キャンプ2日目

RIMG1844.jpg RIMG1846.jpg
RIMG1847.jpg RIMG1850.jpg
RIMG1851.jpg RIMG1852.jpg
RIMG1857.jpg RIMG1858.jpg
RIMG1861.jpg RIMG1867.jpg
RIMG1869.jpg RIMG1871.jpg
RIMG1873.jpg RIMG1875.jpg
RIMG1878.jpg RIMG1881.jpg
RIMG1882.jpg RIMG1883.jpg
RIMG1884.jpg RIMG1891.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 15:05| Comment(0) | 行政との連携 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

8/27-28大台町東員町交流キャンプ1日目

RIMG1791.jpg RIMG1790.jpg
RIMG1788.jpg RIMG1789.jpg
RIMG1806.jpg RIMG1785.jpg
RIMG1797.jpg RIMG1795.jpg
RIMG1792.jpg RIMG1804.jpg
RIMG1826.jpg RIMG1824.jpg
RIMG1825.jpg RIMG1809.jpg
RIMG1816.jpg RIMG1823.jpg
RIMG1811.jpg RIMG1813.jpg
RIMG1836.jpg RIMG1843.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 23:43| Comment(0) | 行政との連携 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

8/26しゃくり体験教室

昨日のしゃくり体験教室が中止になってしまいましたが、今日は開催しました。ただ宮川本流がまだ台風の影響で濁って増水しているため、支流に出かけて開催しました。地元のしゃくり名人、谷口さんにご指導いただきながら、まずは見よう見まねでチャレンジ。少しずつ慣れてきてコツをつかみ始めた参加者たちの中にはしゃくり成功が出てきました。
しゃくりは、この地域に残る伝統漁法です。全国の川漁にひっかけ漁があり、ハリの形が独特で地域の特色があります。コツがあり根気も必要になるので若い世代への伝承がすくなくなっていましたが、このような体験でまたしゃくりを覚え川漁にいそしむ人や、川に親しむ人が増えることを願って継承活動をしています。今日はご参加ありがとうございました。

RIMG1705.jpg RIMG1711.jpg
RIMG1715.jpg RIMG1716.jpg
RIMG1720.jpg RIMG1724.jpg
RIMG1729.jpg RIMG1731.jpg
RIMG1730.jpg RIMG1733.jpg
RIMG1747.jpg RIMG1756.jpg
RIMG1741.jpg RIMG1753.jpg
RIMG1758.jpg RIMG1736.jpg
RIMG1761.jpg RIMG1760.jpg
RIMG1765.jpg RIMG1764.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 17:25| Comment(0) | お知らせと連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

大台町わくわくサマーキャンプ4日目最終日

おはようございます。わくわくサマーキャンプもとうとう今日で最終日。朝ごはんづくり班さんが朝食づくりをしたメニューは、ソーセージドッグ、卵のスープ、バナナ。朝食をいただいたあと、思い出クラフト「小枝のスプーン」づくりをしました。好きな枝を持ち手部分に選んでのこぎりで切り、やすりで滑らかに削ったあと、金口をとりつけます。素敵なスプーンはこのあと昼食でカレーをいただくときに使いました。自分で作ったスプーンでいただくカレーの味はいかがでしたか?
今日は台風20号の影響もあり、終了時間を早くすることにしました。楽しみにしていたスライドショーは今年はできませんでした。本当に残念です。でも子どもたちひとりひとり、感想や思い出を発表してくれました。楽しかった体験やお友だちとの楽しかった時間をそれぞれ話をしてくれました。なかなか言葉が出ない子もいますが、胸の中に体験がしっかり刻まれているのだろうと思います。
ラストは班写真が配られ、卒業していく6年生には記念品の贈呈がありました。班写真の裏側には各リーダースタッフから、ひとりひとりにメッセージが書かれてあります。昨日の夜中1時ぐらいまでかかって子どもたちひとりひとりにメッセージを書いてくれました。
このキャンプはたった4日ではありますが、子どもたちにとっては長い4日間でもあったと思います。家庭とは違った場所で違う人との中で、新しいルールに沿って生活をする経験をしました。グループ活動もあり、思うようにいかないこともあったけれど、子どもたちは頑張りぬきました。子どもたちに直接かかわってくれたリーダースタッフたちも4日間よく子どもたちの面倒をみてくれました。そしてどうやったら楽しくキャンプを過ごせるか、このキャンプで成長できるか、子どもたちががんばりぬけるか、考えながら見守り付き添ってくれました。本当にありがとう。このキャンプでは他にも大勢の人がサマーキャンプに来る子どもたちの成長を支えてくださいました。大変な人数の食事を作って下さった、せせらぎ会の皆様、毎日五右衛門風呂焚きを教えてくださった大瀬さん、体験講師に来てくれたあに、バスの運転手吉田さん、鮎を手配くださった宮川上流漁業鮎種苗センターさん、うどんや水を協賛くださった森の番人さん、沢山の数の食材を手配してくださったマックスバリュ大台店さんと道の駅おおだいさん。みんなみんなが、大台町の子どもたちの心身健やかな成長を願っていて、大変な協力をしいただき、このキャンプを支えていただきました。本当にありがとうございました。
子どもたちがご家庭に到着されましたら、自分たちで身の回りの事をやりきった4日間の頑張りをおおいに褒めてあげてください。子どもたちを4日間の冒険に出してくださった親御さんにも感謝申し上げます。私たちはここ大杉谷でこれからもみなさんの成長を見守っていけたらと思っています。また大きくなった皆さんに大杉谷でお会いできる日を楽しみにしています。

DSCN8233.jpg DSCN8235.jpg
RIMG1695 (2).jpg RIMG1697.jpg
RIMG1698.jpg RIMG1699 (2).jpg
RIMG1700.jpg RIMG1701.jpg
DSCN8251.jpg DSCN8249.jpg
DSCN8248.jpg DSCN8247.jpg
DSCN8241.jpg DSCN8245.jpg
DSCN8246.jpg DSCN8239.jpg
DSCN8244.jpg DSCN8253.jpg
DSCN8256.jpg DSCN8255.jpg
P8220142-2.jpg P8220144-2.jpg
P8220133-2.jpg P8220136-2.jpg
P8220138-2.jpg
RIMG1704-2.jpg RIMG1241-2.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 14:31| Comment(1) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

大台町わくわくサマーキャンプ3日目

おはようございます。3日目の朝。朝食づくり班さんと五右衛門風呂掃除班さんが、先に活動開始。他の子どもたちは図書室で静かに読書。そういえば、いつだったかな、夏休みの宿題をする頑張る参加者もいましたよ!
RIMG1342.jpg RIMG1341.jpg
朝食のメニューは、伊勢うどん、キュウリとツナのサラダ、オレンジ。伊勢うどんとミネラルウォーターは大台町の「森の番人」さんから御寄贈いただきました。清い水流れる大台町の特産品を朝食にいただき、うどんは滅多にキャンプのメニューに入らない事もあり、とっても嬉しかった様子でみんな大喜びでモリモリ食べていました。ありがとうございました。
IMG_6856.jpg
RIMG1620.jpg RIMG1625.jpg
RIMG1621.jpg RIMG1619.jpg
RIMG1528 - コピー.jpg RIMG1527 - コピー.jpg
RIMG1614.jpg RIMG1615.jpg
RIMG1618.jpg RIMG1616.jpg


今日の活動は選択プログラムの日です。依然雨の予報だけれど、ちょっと予想が変わった!思ったほど降ってなくて晴れ間も見えだしている。みんなそれぞれ希望のプログラムに参加してみます。午前と午後を違う体験にしてみるのもオーケーなので、みんなワイワイ参加希望を考え、決定。今日の選択プログラムは4種類。1、川遊び 2、ツリーイング(木登り体験) 3、しゃくり体験  4、のんびりクラフト。
昨日が最終と思った川泳ぎは、なんと今日は川泳ぎが出来そう!神様ありがとう!!早速、川泳ぎとしゃくりグループが桧原区の野又地区支流に出かけました。すると地域の川釣りの達人が釣りに来られていて、コンクリートの梁になっているところにあがる魚たちを捕まえたらいいと教わり、結構沢山捕まえる事ができました。昨日作った水鉄砲を楽しむ子もいましたよ。
P8224069.jpg P8224070.jpg
P8224068.jpg P8224067.jpg
P8224072.jpg P8224065.jpg
P8224073.jpg P8224075.jpg
P8224074.jpg P8224071.jpg

しゃくりは2名だけだったけど、コツがわかったらなかなかハマる体験で、支流は更に水が透き通る綺麗さなので、魚が見えやすい(が、魚からも人間が見えやすい)魚とのかけひきに夢中になってしゃくっていました。
DSCN8191.jpg DSCN8196.jpg
DSCN8194.jpg DSCN8193.jpg
DSCN8192.jpg DSCN8195.jpg

ツリーイングは普段なかなかできない地上体験ができます。指導してくれるのは講師の「あに」。足でロープを踏み込むごとに樹上に上がる事ができるので、脚力を要しますが子どもたちはそもそも体重が軽いので踏み込みやすく、木の上からの景色をとっても楽しんでいました。
P8220131.jpg P8220123.jpg
P8220132.jpg P8220125.jpg
P8220117.jpg P8220120.jpg
P8220121.jpg P8220113.jpg
P8220122.jpg P8220114.jpg

そしてのんびりクラフト。大杉谷の鹿角でキーホルダーを作りをしました。のこぎりを使って角をカットしたり、サンドペーパーで磨いたり。小さいサイズのクラフトだけど、器用に手先を使ってキーホルダーに仕上げていました。
P8220099.jpg P8220098.jpg
P8220108.jpg P8220111.jpg

3時頃を目安に全員戻ってきてしばし休憩をしたあとは夕食作りがスタート。まずは鮎の串うち。
P8220146.jpg P8220149.jpg

残念ながら放流増水で鮎の掴み取りはできませんでしたが、鮎をひとり1匹ずつ塩焼にするため串うちをしました。踊り串は目から串を刺すので残酷に感じるため子どもたちは辛そうでしたが、人間はすべての命ある食べ物を何かしらの調理をして自分の命にしていること、それを目の当たりにする体験で辛いのは当然です。だからこそ、命をいただくことに感謝して食事する、ここにつなげたいと思って串うち体験をしてもらっています。
他の夕食メニューは羽釜で作る豚汁、羽釜で炊くご飯、鮎の塩焼き、キュウリの塩昆布和え、デザートはみかんクリームチーズ。薪を使っての調理も3日目になってきたらだんだん慣れてきましたね。そして五右衛門風呂焚きも同時進行ですすめます。
さあ、だんだん夕食が仕上がってきました。キャンプ最後の夕食、いっぱい食べましょうね。
今夜のナイトプログラムは暗闇かくれんぼを予定しています。怖いけどスリルがある子どもたちには大人気。暗闇の校舎内を歩くなんてそうそう無い体験で、きっと今夜のラストナイトも盛り上がる事間違いなしですね!

前夜の写真も前日ブログに随時追加していってますので、ちょこちょこ覗いてみてください!
それから、、、なんと昨日のブログ検索数は過去最高ぐらいに上がっていて、ブログランキングが異例のアップ!皆様ありがとうございます!こうなったら編集、眠い目こすってがんばりますよ!
posted by 大杉谷自然学校 at 17:47| Comment(2) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

大台町わくわくサマーキャンプ2日目

おはようございます!大台町サマーキャンプ、2日目の朝です。朝ごはんづくり班さん、お風呂掃除班さんは6時半起床。そのほかの子どもたちは7時に起床し、朝食までに寝具の片づけや洗面など身支度をします。水筒も自分でロングスポンジで洗浄し、新しいお茶に入れ替えます。朝食メニューは、サンドウィッチ、スープとフルーツヨーグルト。たっぷり食べて今日も元気に活動しよう!
今日は、源流体験に出かける予定で、雨なので泳げなくても綺麗な源流を見に行こう!と準備して意気込みましたが雨量規制の関係で車両が入れずで、残念。体育館で室内ゲームで盛り上がりました。そうするうちに、今度はダム放流が今日の午後3時から始まるという情報が入りました。しばらく放流が続くという事で、そうすると放流までの数時間がキャンプで泳げる唯一の時間になる!ならば、みんな、お昼ごはんを少し早めに食べて泳ごう!とキャンプ最後の川泳ぎが早くも2日目にやってきました。滝への探検に出かける子、川釣りを楽しむ子、そして飛び込みに夢中の子。それぞれ自由に川を楽しみました。泳いでいるうちはまだそんなに雨が強くなくて、そのあと午後は水鉄砲づくりをしたのですが、どんどん雨が強くなるばかり。あの時間帯に泳げてよかったー!と思いました。
水鉄砲が仕上がった後は、夕食作り。そして五右衛門風呂焚きも同時進行で進めます。五右衛門風呂焚きは地元にお住まいの大瀬さんが火つけを教えてくださいます。マッチを使った事が無い世代なので、恐る恐るですがマッチを擦って火つけをします。今日は雨。雨の日の焚き付けは時間がかかるので根気が必要になります。自然を相手にすると、素材や天気の違いに合わせて対応しなければなりません。全て「同じ」ものが何一つない事を実感するのが体験のだいご味です。進化すればするほど作業が一様になる事が多いのですが、そうすると技や知恵は不要になってしまいますし、五感の働きも鈍くなってしまいます。せっかくの機会ですから、五感を使って違いを楽しみ、技を身に着けてくださいね。
さて、今夜の夕食はハヤシライス。キュウリサラダ、トウモロコシ、デザートは蜜柑のミルク寒天。子どもたちはモリモリ夕食を食べていますよ!そしてこの夕食に、明日のツリーイングで講師をしていただく「あに」も加わってくれました。毎年講師をしていただいているので、顔なじみになっている子もいて、夕食は更に楽しくなりましたよ!
さてこのあと、ナイトプログラムです。夜の生き物を探しに行こうと思っていましたが結構な雨なので残念ですが諦め、おいも(生き物大好きスタッフ)による生き物スライドを観ます。本邦初公開??とっても楽しみだ!
※このブログ検索数がうなぎ上り!ご覧くださっている皆様、ありがとうございます!そして引き続きよろしくお願いします!

RIMG1350.jpg RIMG1346.jpg
RIMG1353.jpg RIMG1349.jpg
RIMG1398.jpg RIMG1403.jpg
RIMG1402.jpg RIMG1387.jpg
RIMG1401.jpg RIMG1399.jpg
RIMG1400.jpg RIMG1462.jpg

DSCN8173.jpg DSCN8172.jpg
DSCN8171.jpg DSCN8170.jpg
DSCN8158.jpg DSCN8161.jpg
DSCN8166.jpg DSCN8164.jpg
DSCN8157.jpg DSCN8176.jpg
RIMG1437.jpg RIMG1421.jpg
RIMG1432.jpg RIMG1435.jpg
RIMG1411.jpg RIMG1409.jpg
DSCN8177.jpg RIMG1441.jpg
RIMG1442.jpg RIMG1444.jpg
RIMG1447.jpg RIMG1451.jpg
RIMG1457.jpg RIMG1454.jpg
RIMG1473.jpg RIMG1477.jpg
RIMG1474.jpg RIMG1479.jpg
RIMG1480.jpg RIMG1481.jpg
RIMG1488.jpg RIMG1487.jpg
RIMG1498.jpg RIMG1490.jpg
RIMG1484.jpg RIMG1482.jpg
RIMG1496.jpg RIMG1506.jpg
RIMG1499.jpg RIMG1497.jpg
RIMG1500.jpg RIMG1503.jpg
RIMG1515.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 18:12| Comment(2) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

大台町わくわくサマーキャンプ1日目

大台町4校の小学生の3泊4日キャンプが始まりました。集合した子どもたちは空模様と打って変わって元気いっぱい。とはいえ、自然の中での共同生活はいろいろと決まりがあるので、まずはオリエンテーションで気を引き締めます。注意事項や決め事を話したあと、スタッフ紹介をし、班分け等終わったあと、昼食をいただきました。せせらぎ会さんが作って下さった炊き込みご飯、すまし汁、はるさめサラダ、お漬物と果物。お腹いっぱい食べたら水着に着替えて川に行きました。小雨ですが、子どもたちは飛込み岩に猛ダッシュ。雨なんてお構いなしで飛び込みスタートです。川魚をとたったり、思い思いに川泳ぎを楽しみました。川に沈めた仕掛けにはウグイやカワムツが入りましたよ!
夕方まで泳ぐ予定でしたが雨なので体が冷えないうちにあがり、竹クラフトをスタート。孟宗竹でお箸をつくりました。子割した竹をナイフで持ちやすい太さに削りますが、ナイフ使いに不慣れではありますが、力加減をしながら道具を使う経験はとても大切です。出来上がった箸はキャンプ中に使いたい人は使ってもらいます。
今はちょっと休憩時間。夕食のメニューは何かな?楽しみですね。夕食後は交流会をします。同じ町の子どもたちではありますが、初めて出会うお友だちと4日間を過ごします。仲間としてキャンプを成功させるためには結束が大事。班対抗のゲーム方式で、4日間の係りを決めます。朝ごはんづくりやお風呂掃除、朝食後の片づけ、体育館の掃除など、子どもたちが主体になってみんなの事をする係り。家庭の中では子ども自身が家族のために役割を果たす事が減ってきている時代ですので、係り活動は、ぜひ頑張ってほしいと思っています。ゲーム方式なので、毎年とても盛り上がります。楽しみだなあ!
夜の交流会が終わったら五右衛門風呂に入って今夜は就寝です。明日も目いっぱいキャンプを楽しむため、ぐっすり眠ってね!

RIMG1165.jpg RIMG1183.jpg
RIMG1171.jpg RIMG1172.jpg
RIMG1176.jpg RIMG1173.jpg
RIMG1186.jpg RIMG1187.jpg
RIMG1188.jpg RIMG1192.jpg
RIMG1228.jpg RIMG1195.jpg
RIMG1229.jpg RIMG1227.jpg
RIMG1216.jpg RIMG1219.jpg
RIMG1226.jpg RIMG1201.jpg
RIMG1198.jpg RIMG1207.jpg
RIMG1230.jpg RIMG1234.jpg
RIMG1235.jpg RIMG1232.jpg
RIMG1237.jpg RIMG1236.jpg
RIMG1246.jpg RIMG1248.jpg
P8204054.jpg P8204058.jpg
P8204053.jpg P8204060.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 17:38| Comment(2) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

8/17-18 チャレンジわくわくキャンプ2日目最終日

1泊2日のキャンプはあっという間ですね、昨日やってきたみんなが、もう今日帰ってしまうなんて!!とっても素直でいい子たち。もっと長く居てくれたらなと思ってしまいます。朝、7時に起床。みんなゆっくり眠れたかな?それまでに目覚めてしまった子どもは図書室で本を読んで朝食を待ちます。さあ、朝食ができあがりました。今朝はサンドウィッチとスープ、バナナ。今朝もモリモリ食べて元気に活動しよう!
朝食の片づけを各自行い、今日も川あそび!泳いで魚とりして、ストーンペインティングや水切り、、、川石と水があるだけで様々な遊び方を始める子どもたち。「こうやって遊ぼう」と言わなくてもどんどん創造していくのですね。
川遊びが終わると荷物整理。手荷物の整理整頓を自分でします。整理整頓には「分類」という作業が起こります。この種類分けをする作業は「物事の段取りを順序立てて進めていく」力の基礎になります。難しい子にはスタッフが助言をしながら行います。整理分類のスキルが身につくと忘れ物がうんと減る傾向にあるのでこういったトレーニングは効果的です。
荷物を整頓してまとめ終えると、施設の清掃をします。今度来たときも綺麗な施設で寝食できるよう、力を合わせて掃除と片づけをします。掃除も自分でやったことが無い子がまだまだ多い年代ですので、道具の使い方からひとつひとつ教わります。綺麗になる事が気持ちがいい事という感覚を覚える事で、片づけや清掃を自主的にできるようになってほしいと思っています。
さあ、そろそろお昼ごはんが出来ました。せせらぎ会さんが作って下さったカレーライス。みんなで食べるキャンプの食事はこれでラストになります。楽しい、名残惜しい昼食です。
お昼ごはんが終わったら、このキャンプのふり返りをします。この2日間、小さな子どもたちにとっては沢山の体験がありました。体験の感想を言葉にして発表してくれる子もいるし、まだまだ言葉に表す事が難しい子もいますが、胸の中に湧きおこった発見や楽しさの感動の塊は子どもたちの表情から感じることが出来ます。「今、胸の中にあるもの」それが一番素晴らしいと思っています。
今回のキャンプは大半が初参加で小さい年齢は年長さんから参加していました。多くの親御さんがこの2日間を心配されながらお過ごしになったかもしれません。子どもたちは「2日間の自分の身の回りのことを自分でやりきる」事に徹底しました。たまたまかもしれませんが、ホームシックもゼロ。夜泣きもゼロで、目いっぱい楽しんで帰ってもらう事ができました。是非お帰りになられましたら、子どもさんの2日間のお話をお聞きいただき「親元を離れて自分で頑張った事」を褒めてあげていただけたらと思います。子どもたちは「任される」事でグッと成長します。完璧にできなかったとしても「信頼して任せてもらえた」という事が嬉しくて積極的に取り組む意欲に変わります。そこに作用することを意識した大杉谷のキャンプで、これからも成長を見守らせていただけたら私たちにとってこんなに嬉しいことはありません。ご参加ありがとうございました。
RIMG1074.jpg RIMG1081.jpg
RIMG1082.jpg RIMG1083.jpg
RIMG1086.jpg RIMG1087.jpg
RIMG1088.jpg RIMG1089.jpg
RIMG1094.jpg RIMG1116.jpg
RIMG1117.jpg RIMG1118.jpg
RIMG1104.jpg RIMG1114.jpg
RIMG1099.jpg RIMG1098.jpg
RIMG1112.jpg RIMG1105.jpg
RIMG1134.jpg RIMG1129.jpg
RIMG1138.jpg RIMG1139.jpg
RIMG1123.jpg RIMG1120.jpg
RIMG1140.jpg RIMG1144.jpg
RIMG1153.jpg RIMG1149.jpg

さてさて、今回のキャンプには、小さい頃からこの「わくわく宮川体験キャンプ」に参加してくれていた、かつてのちびっこ参加者が今や大学生になってスタッフとして帰ってきてくれました。大杉谷のキャンプ経験から、環境教育を志して進学する大学生が生まれていることは、私たちにとっても大きな喜びです。大杉谷をいつまでも忘れずにいてくれて、本当にありがとう!
DSCF8368.jpg
小さかった頃、とっても可愛い。今はそこにお姉さんの顔がのぞくようになり大人になったなあと感慨深くて、この写真を見るとジーンとしてしまいます。私たちも年とりました・笑
posted by 大杉谷自然学校 at 14:00| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

8/17-18 チャレンジわくわくキャンプ1日目

今日からチャレンジわくわくキャンプが始まりました。まず最初はいろいろ注意事項などありますが、お話ちゃんと聞けるかな?と思っていましたがとっても素直で、みんなしっかり話を聞けていますよ。オリエンテーションが終わると昼食です。しっかり食べれる子は体調を崩さずに活動できる確率が高いので各自の可能な分量をお皿によそおいます。自分で食べれると思った量はできる限り残さず食べるれるよう見守っています。食事は地元の伝統食を研究しているグループ「せせらぎ会」さんが作って下さった、ゆかりごはん、アマゴフライ、卵とカボチャのスクランブルサラダ、フルーツ寒天です。何回もおかわりをして、全部完食しました!
しっかり昼食をいただいたあと、いよいよ川泳ぎ。ライフジャケットを装着するのは初めてという子どもたちもいるので、スタッフがしっかり体にフィットするようにベルト調整したり、準備体操をしっかりしたあとさあ、入水!初めて川水に触れる子もいて、つめたーい!キャー!とっても楽しそうに川泳ぎが始まりました。プールとは違い、岩には藻もついているし、川の中には魚が沢山泳いでいるのが見えます。魚を捕ってみたり、泳いだり、飛び込みにチャレンジしたり、子どもたちは思い思いに川泳ぎを楽しみました。ライフジャケットがあるので足がつかなくなっても大丈夫。ちょっと不安になると近くにスタッフが泳いで居るので安心。夕方まで川泳ぎを楽しみました。
川からあがったあとは、夕食作り。普段包丁を使ったり、火をおこして煮炊きなんてしない年代ですが、自分たちで頑張って調理します。メニューは羽釜で炊くごはん、羽釜で煮る豚丼、羽釜で作る味噌汁、サラダ、デザートです。マッチの火つけ、薪の火加減調整などスタッフに教わりながら、できる範囲でチャレンジしてみます。同時進行で五右衛門風呂焚きもしました。お近くに住まれている大瀬さんが薪での沸かし方を教えてくれました。火を扱うのは危なそうですが、こういったちょっと危なそうな体験こそ子どもは大好きで、楽しみつつも注意を払いながら沸かしてくれました。
みんなで力を合わせて頑張ったので、まだ日が暮れてしまうまでに仕上がりました。お日様がまだあるので外で夕食をいただきました。
夕食のあとは、明日の予定の確認をしたあと、ナイトプログラム「夜の川原散策」です。暗闇の中をドキドキしながら川原に下りる事もそんなに経験が無いと思います。暗い=危ないとなりがちですが、暗い時間だからこそ観察できる生き物があったりします。また暗い場所こそ五感を働かせます。耳を澄まし、匂いに敏感になり、足どりの感覚、呼吸するときの空気の温度に敏感になりながらライトで照らした先をしっかり見て、五感作用の高い川原散策でした。
散策後は五右衛門風呂に入って今夜は就寝です。盛りだくさんの1日でですが、興奮を鎮めてゆっくり眠りましょう。さて今夜はどんな夢を見るのかな。

RIMG0984.jpg RIMG0985.jpg
RIMG0994.jpg RIMG0993.jpg
RIMG0990.jpg RIMG0991.jpg
RIMG0992.jpg RIMG1016.jpg
RIMG1013.jpg RIMG1017.jpg
RIMG1018.jpg RIMG1019.jpg
RIMG1026.jpg RIMG1029.jpg
RIMG1035.jpg RIMG1039.jpg
RIMG1045.jpg RIMG1038.jpg
RIMG1043.jpg RIMG1054.jpg
RIMG1043.jpg RIMG1058.jpg
IMG_9858_R.jpg IMG_9868_R.jpg
RIMG1059.jpg RIMG1061.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 23:00| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

8/13-15 夏季休暇

大杉谷自然学校は8月13日〜15日まで夏期休業をいただきます。
※大杉谷地域総合センターは上記期間も9時〜17時まで開館しています。
posted by 大杉谷自然学校 at 00:57| Comment(0) | お知らせと連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

8/12 家族で川遊び

今日はこの夏最後の「家族で川遊び」を実施しました。今日も大勢の方にご参加いただき、鮎のつかみどり、鮎の串うちや、川での飛び込み、魚とりなどしました。お昼はせせらぎ会さんの作って下さったカレーライスをいただき、さあ午後も川泳ぎ、、、と思いきや、ザッと雨がふりだし、体育館でクラフト「竹で水鉄砲づくり」に変更しました。家族で力を合わせて竹をのこぎりで引いたりして仕上がった水鉄砲。夏は水遊びが最高に楽しい季節なので、持ち帰った水鉄砲で暑い日は水鉄砲遊びをして涼をとってもらえたらと思います。
大杉谷自然学校の体験は、自然の中での遊びを通じて自然環境について考える要素が沢山詰まっています。小さいころはとにかく面白いと感じてもらう事が大切です。大きくなってきたらその「意味」に気づきが生じる年齢になってくるので、その頃からグッと学びが深まります。細胞に染み入るように小さいころから五感体験を大杉谷自然学校で経験していただけたらと思います。また大杉谷に体験におこしください。お待ちしています。

RIMG0949 - コピー.jpg RIMG0957 - コピー.jpg
RIMG0947 - コピー.jpg RIMG0951 - コピー.jpg
RIMG0939 - コピー.jpg RIMG0934 - コピー.jpg
RIMG0946 - コピー.jpg RIMG0944 - コピー.jpg
RIMG0961 - コピー.jpg RIMG0937 - コピー.jpg
RIMG0964 - コピー.jpg RIMG0963 - コピー.jpg
RIMG0966 - コピー.jpg RIMG0972 - コピー.jpg
RIMG0977 - コピー.jpg RIMG0975 - コピー.jpg

余談ですが、秋には家族でキャンプも開催しますよ!是非ご参加くださいね!
家族で秋キャンプ開催日:10月6日(土)〜7日(日)
家族で秋キャンプのチラシはコチラです!(PDF)
posted by 大杉谷自然学校 at 15:24| Comment(0) | お知らせと連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

8/11 家族で川遊び

今日は家族で川遊びを実施しました。川およぎや飛び込み、魚とり、鮎の掴み取り、そして串うちなど、デイ体験ですが、盛りだくさんの1日でした。お昼ごはんはせせらぎ会さんが作って下さったカレーをいただき、先ほど串うちをした鮎も炭火塩焼きでいただきました。また午後からも川泳ぎをし、ストーンペインティングや体力に自信のある希望者は滝へのシャワークライミングにもいきました。手つかずの自然の中で家族で過ごす休日は日常では少ないかもしれませんが、大杉谷は自然の中でゆったりと過ごせる場所がまだまだたくさん残っています。これをきっかけに家族で出かけていく休日に大杉谷を選んでいただけると嬉しいです。
RIMG0892.jpg RIMG0915.jpg
RIMG0910.jpg RIMG0908.jpg
RIMG0905.jpg RIMG0903.jpg
RIMG0906.jpg RIMG0896.jpg
RIMG0899.jpg RIMG0895.jpg
RIMG0925.jpg RIMG0916.jpg
RIMG0922.jpg RIMG0918.jpg
RIMG0921.jpg RIMG0923.jpg


余談ですが、秋には家族でキャンプも開催しますよ!是非ご参加くださいね!
家族で秋キャンプ開催日:10月6日(土)〜7日(日)
家族で秋キャンプのチラシはコチラです!(PDF)

posted by 大杉谷自然学校 at 16:24| Comment(0) | 家族でキャンプ・家族で川遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

8/10 第4回大台町子どもしゃくり大会

今日は大台町子どもしゃくり大会を実施しました。この活動は、大台町に残る鮎の伝統漁法「しゃくり」を伝承するため、若い世代に技術を指導し、川に親しみながら年長者から教わり技術習得するための体験事業です。宮川上流漁業組合さんのご協力のもと実施して4年目になります。
しゃくりは伝承者がすくなくなり現在危機的状況ですが、しゃくりの技術をお持ちの方に講師をお願いして、今のうちに覚えたいところです。午前中はしっかり方法を教わり、午後、実際に専用区で大会を実施しました。みんな狩猟者の目になってきて、上位者には景品も出るので凄く頑張ってしゃくっていました。何匹かしゃくった参加者は受賞商品の授与をして終了。最近は水辺で遊ぶ子どもが減り、そうすると釣りやしゃくりをする子どもも減りますが、固有の伝統技術が失われていくのはとても残念なことです。できる限りこのような地域文化を残すため、今後もこのような活動を続けていきたいと思っています。ご協力いただきました、宮川上流漁業組合さん、本当にありがとうございました。

※この活動は「あいおいニッセイ同和損保」様の「ECO保険証券・WEB約款寄付活動寄付金」と、文化庁「伝統文化親子教室事業」助成金を活用して実施しました。
RIMG0879.jpg RIMG0878.jpg
RIMG0885.jpg RIMG0877.jpg
RIMG0871.jpg RIMG0876.jpg
RIMG0874.jpg RIMG0875.jpg
RIMG0888.jpg RIMG0886.jpg
RIMG0865.jpg RIMG0869.jpg
RIMG0863.jpg DSCN8145-1.jpg
DSCN8142-1.jpg DSCN8151-1.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 19:00| Comment(0) | 企業との連携 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

8月9日

夏休み中に大杉谷で出会う子どもの数は何百人。何百人の笑顔の中で活動をしている。今日、8月9日を迎え、私たちが子どもたちの何百の笑顔に出会えるこの時代に、心から感謝したいと思う。私たちは戦争を知らない。戦争世代も減っていく中で「平和の維持」が揺らぐことがないようにしなければならない。それが私たち今を生きるものの役割。私たちは子どもの笑顔を見続けたい。そう思って活動をすることが、これかも変わることは無い。
posted by 大杉谷自然学校 at 13:17| Comment(0) | お知らせと連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

8/6-8 わくわくキャンプ最終日

とうとうわくわくキャンプの最終日がきました。今朝の朝食づくり班さんが作ってくれたメニューはソーセージドッグ、卵とわかめのスープ、バナナ。朝ごはんを食べ終わったら、片づけをして荷物の整理をします。忘れ物が無いかな?整理整頓ができるようになると忘れ物がうんと減ります。がんばれ!荷物の整理が終わると、施設の清掃をします。今度来た時も綺麗な施設でキャンプができるよう、サボらず!そして丁寧に清掃します。お風呂、体育館、グラウンド、水道付近の流しもみんな頑張って綺麗にしました。
そして、思い出クラフトは、丸太のパズル。丸太を板状に輪切りにして、サンドペーパーでささくれを取り除いたうえで思い出の絵を描き、叩き割る事でパズルになります。のこぎりで上手に丸太を切れるかな?低学年もスタッフのサポートを受けながら頑張って自分で切ります。みんなの思い出が詰まったパズルの完成。とっても素敵なパズルが出来上がりました。
さて、お昼ごはんはせせらぎ会さんが作って下さったカレーライス、キュウリの漬物、スイカです。キャンプのみんなで食べる最後のお昼ごはん。とっても美味しかったね。
ラストはふりかえりのスライドショー。あっという間の3日間だったけど、盛りだくさんの体験活動でした。みんなひとつひとつを思い出すようにスライドショーを見ました。興奮していろんな感想が子どもたちの口から自然にこぼれます。そしてどっと笑いが起こったり静かに見入ったり。体験というのは心の中に染み入るようなものだから、数学の公式のように回答が導き出せるようなものではありません。簡単に分かることは簡単に忘れる、だけれどじっくり染み入るように体験したものは心と体で覚えているだろうと思います。つかない火を頑張って何度もつけたり、違う考え方のお友だちとも一緒に遊ぶうちに仲良くできたり、普段経験しない多くの体験を大杉谷でできたことが、これからの何かのときに皆さんの発想や力となってあらわれてくると思います。
次のキャンプは冬。そしてその次は春。そうしながらみなさんの成長にここ大杉谷でお付き合いできるならこんなに嬉しい事はありません。2泊3日のわくわくキャンプ、お疲れ様でした。


RIMG0814.jpg RIMG0820.jpg
RIMG0817.jpg RIMG0821.jpg
DSCN8117.jpg DSCN8120.jpg
RIMG0830.jpg RIMG0835.jpg
DSCN8129.jpg RIMG0836.jpg
DSCN8138.jpg DSCN8139.jpg
DSCN8141.jpg RIMG0848.jpg
RIMG0850.jpg RIMG0853.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 15:53| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

8/6-8 わくわくキャンプ2日目

おはようございます!わくわくキャンプ2日目の朝です。朝ごはんづくり班さんが朝6時半に起きて朝食づくりをしてくれました。他の朝早く目が覚めてしまった子どもたちは、眠っている子の邪魔にならないように図書室で本を読んだり展示の昔のおもちゃで大きな音が鳴らないもので遊んで朝食を待ちます。今朝のメインメニューは肉そぼろ。朝ごはんづくり班さん、とっても美味しかったですよ、ありがとう!
朝食のあとは今日も川泳ぎが体験のメイン。そして今日は鮎の掴み取りもしますよ!慣れている参加者もすばしっこい鮎を掴むのは大変。鮎も捕まえられると最後なので、必死で逃げます。捕まえたときの子どもたちの表情が最高!そして捕まえた鮎は、一人1匹づつ、鮎の串うちをしました。夕食で、炭火塩焼きにしていただきます。目から串を刺しますが、子どもたちにはそれが辛い。それはそうです。対象がどんなに小さい存在でも、生き物を殺すという事は苦しい体験です。だからこそ、命をいただくことに感謝する気持ちが生まれるし、残さずたべなければ、という意識も育ちます。食育としても大切な体験です。
川からあがった夕方、少し休憩をしたあと、夕食作りをしました。羽釜で作る豚汁、羽釜で炊く白いご飯、キュウリサラダ、デザートは牛乳フルーツ寒天。普段は夕食を自分で作る事はあまりないけれど、こうして主体的に夕食作りを子どもたちがすると、とても楽しそうです。米とぎ、包丁づかい、火の扱いなど、子どもたちもこうして少しずつ慣れて上達していくのですね。今日も大瀬さんに焚き付けを教わりながら、五右衛門風呂焚きもしました。自然のもののあつかいは、手順は同じようにみえても、気温や湿度や天気によって、また扱うものの状態によって微妙な工夫で火つきがよくなります。スイッチをひねれば点火するガスレンジとは違い、勘や経験で変わってくるのが自然界。その日その時の「ちがい」を楽しめるようになると君も「自然を楽しむ達人」になれますね。
さあ、そろそろ夕食が仕上がる頃かな?今日は西日がそう強くないので、あかるい空の下で夕食をいただきます。モリモリ食べた夕食のあとは食器の片づけ。大杉谷流の片づけ方は、まず食器を新聞ソフトペーパーでふき取り。新聞をカットした1枚を何度もんでティッシュペーパーぐらい柔らかくして、お皿やカップの汚れをふき取ります。食べ残しがあるとふき取りにくく綺麗にならないので、この体験があると子どもたちはお皿の食べ残しが無くなります。「自分たちで後始末までする」体験はとても重要ですね。
後片付けがすんだら、今夜は最終夜なので、子どもたちが大好きなナイトプログラム「暗闇かくれんぼ」をします。広い校舎内のすべての明かりを消し、隠れているお友だちを探します。ワッと出てくるかもしれず、ビックリドキドキ体験です。静かな暗闇では子どもたちは耳を澄まし、よく見ようとし、五感を働かせます。感覚神経を高め、気配を感じて対応する経験は面白いようで、とっても人気のプログラム。今夜はこの体験でお開き。明日はいよいよ最終日ですよ!

DSCN8032.jpg DSCN8036.jpg
DSCN8035.jpg DSCN8037.jpg
DSCN8043.jpg DSCN8083.jpg
DSCN8053.jpg DSCN8063.jpg
DSCN8061.jpg DSCN8076.jpg
RIMG0562.jpg RIMG0514.jpg
RIMG0545.jpg RIMG0592.jpg
RIMG0523.jpg RIMG0591.jpg
RIMG0509.jpg DSCN8084.jpg
RIMG0513.jpg RIMG0750.jpg
RIMG0749.jpg RIMG0747.jpg
RIMG0785.jpg RIMG0746.jpg

さて、このキャンプは、小学生時代、自然学校のキャンプに何度も参加してくれた「かつてのちびっこ」が高校生や大学生になってスタッフとして参加してくれています。みんな、火おこしや鮎の串うちは何度もやっているから指導ができるようになっています。お世話してもらった側からお世話をする側に成長してくれた姿に感動ひとしお。大杉谷自然学校を忘れずにこうしてスタッフ参加してくれて本当にありがとう!
君たちの小さかった頃の写真を見つけたよ。あの頃は本当に可愛らしかった。今は美男美女に。この先がまた楽しみです。


P8024722SERI.jpg P8050003yukie.jpg
P1160372MOTOKI.jpg

posted by 大杉谷自然学校 at 17:48| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

8/6-8 わくわくキャンプ1日目

さあ、今日から2泊3日のわくわく宮川体験キャンプが始まりました!子どもたちは集合時から大興奮の元気いっぱい。挨拶も元気120%の声、返事も120%の声。こちらが圧倒されるぐらいの元気っぷりで、スタートからノリノリ。
まずは到着すぐにスタッフ紹介のあと、昼食が始まりました。せせらぎ会さんが作ってくださったアマゴフライ、スパゲティサラダ、お漬物とお味噌汁、デザートはオレンジ。おかわりに何度もきて、全部完食しました。夏バテの心配はなさそうです。
昼食後はお待ちかねの川泳ぎが始まりました。飛び込み岩に一目散にかけあがり飛び込む子や、魚とりを始める子など、さまざまに川で遊び始めました。初めて飛び込みを経験する子はドキドキして初めのひと飛びにもためらいがありますが、勇気を出して飛び込むとスリルがたまらなくてやみつきになります。私たちは無理に薦めたりはしないのですが、子ども自身が「やってみたい」と思った時にチャレンジをあとおしする声掛けや、怪我をしないようサポートをしながら子どもの「いっぽ」を勇気を見届けます。こういう経験がこれからの人生でのチャレンジの「いっぽに繋がる勇気」になってくれたらいいなと思います。
川からあがったあと、五右衛門風呂焚きを大杉谷地域にお住まいの大瀬さんに教わります。大杉谷自然学校のキャンプではお風呂は薪を使って沸かします。天然資源豊富な大杉谷では、地域にある天然資源をできるだけ使っての生活体験をします。子どもたちにはちょっと新鮮な体験が沢山です。
さあ、そろそろ夕食ができましたよ。せせらぎ会さんが作って下さった、ハンバーグ、茹でジャガイモと人参のサラダ、トマトとレタスの生野菜、かぼちゃのポタージュスープ、梨とメロン。川で目いっぱい遊んだらお腹がすきましたね。今夜のナイトプログラムでお腹がすかないよう、たっぷり食べてくださいね。
夕食後は川原でナイトハイクをします。普段泳いでる昼間とは少し違う夜の川原はどんな様子でしょう。町では夜も照明が煌々と光っている事が多いので暗闇に懐中電灯一つで出かけるのもまたわくわくですね。ナイトプログラムが終わったら、みんな焚いた五右衛門風呂に入って就寝です。明日のために興奮を鎮めてしっかり体を休めましょうね。

RIMG0389.jpg RIMG0430.jpg
RIMG0421.jpg RIMG0411.jpg
RIMG0412.jpg RIMG0417.jpg
RIMG0406.jpg RIMG0395.jpg
RIMG0403.jpg RIMG0428.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 17:19| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

8/5 家族で川遊び

今日も家族で川遊びを実施しました。今日は沢山の参加者になり、総勢54名。とても暑かったので、川の冷たさが気持ちよかったですね。今日は魚をとるための瓶づけにチャレンジしました。セルロイドの瓶の中に餌をしこみ、川に沈めます。さて、何が入ったかな?鮎の掴み取りをして、鮎の串うちもしました。串で打つときは目から刺すので、胸が痛みます。でもどんな食べ物も命をいただいて私たちの命に代えているので、生きる事の本質の実体験は大事です。炭火焼きにした鮎はとてもおいしく感謝ひとしおでいただきました。
せせらぎ会さんの昼食をいただいたあとも、川泳ぎ。そして飛び込みも楽しみました。さて、瓶づけの釣果ですが、オイカワ、カワムツなどが撮っても沢山入りました。網とりして観察できた魚は、ヌマチチブ、ヨシノボリなど。こうして捕まえてみると、何気なく泳いでる川の中にはたくさんの魚がいて、その魚たちと一緒に泳いでいます。魚の生息圏にお邪魔して楽しんだ大杉谷の川はいかがでしたか。今年は暑いので、意識して涼をとらないとなかなかしんどいのですが、川は涼をとるのにはもってこいですね。これを機会に川に親しんでいただけたらと思います。

P8054007.jpg P8054012.jpg
P8054013.jpg P8054011.jpg
P8054009.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 16:23| Comment(0) | 家族でキャンプ・家族で川遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

8/4 家族で川遊び

今日は家族で川遊びを実施しました。川で泳ぎ中心に、魚を捕ったり鮎のつかみどりをし、串うちをしたり。お昼ごはんはせせらぎ会さんが作って下さった昼食を食べて、また更に川泳ぎ。飛び込みもドキドキしたけどチャレンジしたらやみつきになりましたね。奥の滝も最高に綺麗でした。暑い日は川が最高に気持ちいい大杉谷の川遊び。家族で楽しく川でのデイ体験を楽しみました。

RIMG0347.jpg RIMG0344.jpg
RIMG0351.jpg RIMG0339.jpg
RIMG0357.jpg RIMG0333.jpg
RIMG0362.jpg RIMG0361.jpg
RIMG0360.jpg RIMG0356.jpg
RIMG0363.jpg RIMG0375.jpg
RIMG0374.jpg RIMG0368.jpg
P8043995.jpg P8043997.jpg
P8044005-1.jpg P8043996.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 16:45| Comment(0) | 家族でキャンプ・家族で川遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする