2018年05月06日

5/5 大杉谷の田舎暮らし講座「大杉谷のお茶を作ろう!」

昨日は大杉谷の田舎暮らし講座「大杉谷のお茶を作ろう!」を開催しました。5月の良いお天気の中、しっかり葉が出たお茶を手摘みし、手もみ、天日干しをして、最後は仕上がった手もみ茶をいただきました。機械で刈りとって機械でもんだお茶とは全く味わいの違う、さわやかで味わいのあるお茶ができました。お土産のお茶をご家庭でいただくときに、大杉谷を思い出していただけたら嬉しいです。

RIMG8477.jpg RIMG8486.jpg
RIMG8474.jpg RIMG8473.jpg
RIMG8489.jpg RIMG8499.jpg
RIMG8491.jpg RIMG8490.jpg
RIMG8503.jpg RIMG8502.jpg
P5050070.jpg P5050072.jpg
P5050076.jpg P5050079.jpg
P5050074.jpg P5050077.jpg
P5050081.jpg P5050084.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 12:03| Comment(2) | 大杉谷の田舎暮らし講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いまさらですが、お茶作りありがとうございました。
帰ってから生葉で天ぷらをしたら、揚げた後の油がお茶の匂いがしました。
ハーブオイルみたいにお茶オイルができるのかも?!と思って
翌日それで卵焼きを焼いてみました。
が、特にお茶の風味はせず・・・。
もっと大量の茶葉を揚げればいいのか。それともやはり時間が経ったり再加熱すると酸化して匂いも飛ぶのか・・・。

そんな感想も忘れかけていたら、昨日ベルファームで本当に「お茶オイル」なるものが売られているのを発見しました。
加熱せずドレッシングに使ったりするようです。
買ってないですが(^_^;)
Posted by すず at 2018年05月23日 22:22
すずさん
ご参加ありがとうございました。お茶の香りがする揚げ油は素敵ですね。自然そのものの香り成分はもしかしたら揮発するのかもしれませんね。
すずさんがご覧にならてた茶のオイルを確認していないのですが、売られているティーオイルの多くは「茶の実」を搾油したものになるのかなと思います。以前、茶の実で笛を作るときに、中の実を穿り出しましたが、結構油分でしっとりしていました。たた、専用機械でないと手絞りではそうそう油量は無いため、ほじくりカスは捨てていました。秋に茶畑の整備をしますが、その時には茶の実もつき出しているかもしれませんね。茶の実が見つかれば持って帰って笛など作れたら楽しいですね。
Posted by 大杉谷自然学校 at 2018年05月24日 13:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。