2018年11月19日

11/17 木村泰子先生(元大空小学校校長)の講演会

映画「みんなの学校」を観て1年あまり。あれから子どもに対峙して何かに迷う時「こんな時、木村先生やったらどうするやろ」と何度も思った。その木村先生のお話が生で聞ける!しかも大台町内で!嬉しくて楽しみだった。
木村先生は全く肩肘はらない講演で、それもフリートーク2時間びっちり話。トークに長けた講演会の経験ばかり私にとっては目からうろこの講演スタイル。時間も押しにおし、もっと伝えたかった事もあったようで終了時間に気づき「もう喋りません」と言いつつ話が続く事3回。2時間は長い講演だが、全然聞き足りない。終始私は号泣と爆笑の繰り返し。まわりが割りにおとなしいから、目立ちすぎるため静かに号泣爆笑を心がけたが、このあたり、日本人やなあと少々自己嫌悪になったりした。
要は人間力。それに尽きる。それ以外は要らないと思った。算数の100点も、金持ちな生活も。だって「かずき」(みんなの学校に出てくる胸が居たくなるぐらいの不遇の子)は、ゼロ以下マイナスの生活。だけどいーっぱいの人に大事にされた。きっかけは「大空小学校」と「大空地区」に出会ったこと。何より彼が愛される要因は豊かな感受性で(反抗したい年頃にもかかわらず)素直にみんなの好意をちゃんと受け止められる事。その人間力さえ備われば、他は必要ないと実感。それをどう養うのか。それが私たち、大杉谷自然学校に課せられた課題でもある。
木村先生のお話では、今、あのかずきが、高校3年生になり、大空小学校のボランティアに来ているらしい。そして自分のような子をなんとかしたいために将来教員になりたい、社会人になったら大空地区に家を買って住みたい、と言っているらしい。こんな話聞かされたら、どんなに回りが静かでも号泣してしまうでしょう!そうしたら、最前列のご老人が急に立ち上がり「僕、カズキと言います」って。鼻水と涙ぐしゃぐしゃのまま噴出して今度は爆笑。
そんなこんなで、一枚の写真を撮る暇もなく、感動の講演会は終わりました。
心残りがあります。
木村先生は「セイシロウ(みんなの学校で、またまた困らせてばっかりの子ども)の今を見て欲しいからDVD持って来てん!」と何回も仰いました。観たいやん!あのセイシロウが今どうなってるのか。木村先生、なんとか観れる方法教えてくださいよ!
しかし映画ってすごいなぁ。会ったことないカズキ、会ったことないセイシロウが気になって仕方がない。心配になる。全国のこんなおせっかいな人たちに気にされるカズキもセイシロウも、幸せやなあ。それが「豊かな社会」なんやなあ。
豊かな社会ってあちこちで聞くけど、じゃあどんな?って聞かれて端的にイメージできる人は少ないだろうけど、今日ははっきり実感しました。「分かろうとしてくれる人に囲まれ、その人たちのために私も何かしたいと思えるコミュニティーがある事(つまり、一番大事な拠り所)」です。本当にいい講演会でした。
posted by 大杉谷自然学校 at 09:00| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

大杉谷自然学校ファミリーにようこそ!

いけなぁが今日、第2子を出産!元気な女の子だそうです。いけなぁ、おめでとう。そして、お疲れ様!
posted by 大杉谷自然学校 at 19:00| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

11/4秩父宮賜杯全日本大学駅伝 応援しています!

11月4日の秩父宮賜杯全日本大学駅伝に、小学生の頃キャンプに足しげく通ってくれた元参加者が「東海学連選抜」のメンバーで出場します。かつての参加者からの「今取り組んでいる事」や「その後の頑張り」の連絡は本当に嬉しい。「数回しか参加してないから忘れてしまってるかな?」なんて思うかもしれませんが、私たちは名前(漢字)を見るとすぐに思い出します。だから諸君、是非是非「今」を連絡ください!
11月4日、大学駅伝を自然学校のスタッフみんなが応援しています。頑張れ!そして楽しんで!
posted by 大杉谷自然学校 at 09:00| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

Happy Halloween!!

暴動じゃなく感動の日に。そう、他人を喜ばせる日に。
IMG_7015.jpg IMG_7018.jpg
素敵なうさぎハロウィンケーキのプレゼント。サプライズもさることながら、ヨーグルトソースが美味しくて感動!
ふるまってくれた黄色いマントの方は、ハロウィン意識かと思いきや単に寒いとのこと。

そしてそして。いけなぁが2人目出産のため、11月から産前休暇に入ります。12月には2人目出産のご報告ができると思います。事務所はちょっと淋しくなるけれど、丈夫な赤ちゃん産んで乳児育児を終えて、また事務所に復帰してくれる日を心待ちにしています。


posted by 大杉谷自然学校 at 12:36| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

野外炊飯場の塗装修繕完了!

夏から何度も足を運び、野外炊飯場の柱塗装、アルミシーリングなどの防水加工をしてくださいました。連日作業の時は宿泊所を予約してお越しくださったり、湯谷峠の峠崩落で遠回りで何度もお越しくださり本当にご苦労をおかけしました。炊飯場はこの修繕でまた長持ちします。本当にありがとうございました。
IMG_7010.jpg IMG_7011.jpg
IMG_7009.jpg IMG_7008.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 10:00| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

人生はドラマに満ち溢れている!

IMG_6885.jpg
9月15日はNHK「小さな旅」のテレビ再放送のほか、伊勢新聞社の朝刊「Mie's Valuable Person 365日のMVP」に校長・大西かおりを中心とする一面記事になりました。ご覧いただいた皆さまありがとうございます。伊勢新聞記事は大西かおりの設立プロセスが記事になっているのですが、本人曰く、海外青年協力隊でフィリピンに行くきっかけも、自然学校指導者養成講座の受講も、きっかけは伊勢新聞に掲載された記事だったとのこと。つまりいずれの記事ひとつが抜け落ちていても、大杉谷自然学校は無かったでしょうし、皆さんと大杉谷で出会う事もなかったわけです。実に人生はドラマティック。今、誰しもの気づかぬこの瞬間にもドラマが潜んでいるのです。だから今を精一杯生きていたい!この記事を読んで再認識しました。
伊勢新聞WEB)

おまけ)
記事で目を引く「グラフィックとサウンドがリアルで自由度も高いゲームがあります。自由遊びです」
これはは新聞社さんが考えてくださったコピーだそうですよ。
posted by 大杉谷自然学校 at 10:00| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

施設の修繕に心強いスタッフが大活躍!

大杉谷自然学校のボランティアスタッフが施設の修繕に来て下さっています。修繕のプランをたてて時間がかかるものは何回か足を運びながら直してくださる予定で、今日は玄関前のタイル場修繕に取り掛かっていただきました。基礎が不安定なので修繕方法もかなり知識が必要で、しかし予算を賭ける余裕もない、、ところを知識と技術でカバーしてくれる大杉谷自然学校のボランティアスタッフ。本当に助かります!ありがとうございます。

IMG_6828.jpg IMG_6829.jpg
IMG_6827.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 17:54| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

鮎つかみどりの会場整備

先日から夏の自然体験が始まり、これから夏の間目いっぱい川での体験を楽しんでいただくため、今日はその体験目玉「鮎のつかみどり」の岩場を整備しました。

どこにいるか分かるかな?
(ヒント:右のほうです)
IMG_6805.jpg

ここですよ!
IMG_6805-1.jpg

さあ、大杉谷の夏、スタートです!
posted by 大杉谷自然学校 at 13:00| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

友釣り道具、ありがとうございます!

西福生さん友釣り道具2.jpg
地域の方に、使わなくなった友釣り道具があればいただきたいと呼びかけていましたら、ちょこちょことご提供くださる方があり、本当にありがたいです。その中のひとつがこれらです。昔の道具はブリキだったり竹だったり、木材だったりと、自然素材のつくりが時代を物語っていてありがたみが増します。感謝!
posted by 大杉谷自然学校 at 09:00| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

素敵な大杉谷自然学校のボランティアスタッフ

危険が及ぶ前にと、足場に近い溝に木の溝蓋を制作し、持ってきて設置してくださった大杉谷自然学校のボランティアスタッフ。屋外で使うのがもったいないぐらい上等な木材で、しっかりした作り。安心して活動ができます。心から感謝申し上げます。
大杉谷自然学校のボランティアの皆さんは、活動のスタッフとしてお越しになられたときに気づいた自身が得意な分野で何かしら手を差し伸べてくださろうとする方が多く、そうした皆さんとともに活動できることが大杉谷自然学校の活動の強みとなっていることを実感します。決して職員メンバーだけじゃなくて、学生から社会人、リタイア層と、幅広い世代のそれぞれの持ち合わせる力の終結が、事業の充実の要因なんだと再確認しました。
RIMG8550.jpg RIMG8549.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 14:56| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

大杉谷地域総合センターの薔薇ポプリ

IMG_6715.jpg IMG_6713.jpg
自然学校のスタッフは薔薇好きが多くて、次々咲く薔薇を事務所で飾ったあと、花びらをポプリにしています。この大杉谷地域総合センターの各トイレに飾っていくため、現在はポプリ量産中。毎年センターのトイレはいい香りがすると評判です。目にも鼻にも潤いと安らぎを与えてくれています。徐々にポプリをトイレに設置していきますね。
posted by 大杉谷自然学校 at 12:31| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

ちょこんと座る君

IMG_9642.jpg IMG_9650.jpg
動いたらもうそれはそれは素早い。だからこんなシーンに出会えるのは「特別に与えられた瞬間」なんだと思う。
posted by 大杉谷自然学校 at 17:00| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

宮川上流 鮎友釣り解禁!大杉谷自然学校も開催しますよ!

IMG_6707.jpg
昨日から宮川上流はフィッシングキャンパーでにぎわっていました。今日夜明けからの「鮎友釣り解禁」に合わせてのフィッシャーたちが川べり道路が車両で埋まっています。テントを張るかた、あちこちでコンロバーベキューの煙があがり、野ライフ姿が見られます。今朝はちょっと肌寒かったので水温も低いかもしれませんが、釣果があることを願っています。注意事項など、漁協サイトをご覧いただき、良いフィッシングデイを!
宮川上流漁業協同組合HP

初心者の方には、友釣り講座を大杉谷自然学校が開催します!川釣りを始めたい方は是非おすすめです!
------------------------------------------------------------
大杉谷自然学校「フィッシング・鮎の友釣り」参加者募集!
【日時】6月3日(日)10:00〜14:00
【内容】初心者向けの友釣り体験です。道具の貸し出しがあります。
【集合解散場所】大杉谷自然学校 ※現地集合解散です
【対象】18歳以上
【定員】10名
【参加費】6,500円(昼食代、友鮎代1匹分を含む)※2匹目の友鮎から代金が必要です
 ※別途遊漁料必要 遊漁料:男性21才から3,100円(女性無料・男性20歳まで無料)
【詳細ページ】 【チラシ】
【お申込み】Emaii: info@osugidani.jp

posted by 大杉谷自然学校 at 13:12| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

こどもの日

1525222377321-1.jpg
風のおかげでたなびくことができる大鯉。鯉が大きくたなびくのは風への感謝なのかもしれない。
世界中の子どもたちと、そして、かつては子どもだった世界中の大人にとっても今日が良い日になりますように。
posted by 大杉谷自然学校 at 08:00| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

JICAのWEBをご覧ください!「日本も元気にする青年海外協力隊」大西かおり

JICAで活動していた校長、大西かおりがJICAのWEBで当時の活動記事が掲載になりました。
「日本も元気にする青年海外協力隊 三重」
そして冊子も届きました。ご要望の方はご連絡ください。
IMG_6685.jpgIMG_6686.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 14:47| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

今度こそ「リス」ショットが撮れました!

置物のように見えますが、動きます!
IMG_9494.jpg
IMG_9492.jpg
本物のリスです!
posted by 大杉谷自然学校 at 10:59| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

居るんです!

その昔流行ったCM「写ルンです」
RIMG8175.JPG
この写真にも「写ってルンです!」どこかといえば、、、
ここです!
RIMG8175-1.jpg
可愛い過ぎて、たまりません。
RIMG8176.JPGRIMG8178.JPG
posted by 大杉谷自然学校 at 12:00| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

古物を利用する事の意義

大杉谷自然学校では今は使われなくなった昔の道具や生活に密着したものを収集したり、また使えるものは活動で使います。実際に使う体験を通じて「昔の道具」は「今の道具」になり、古い生活道具は製造過程が充実していたこともあり素材がしっかりしていて使用感が安定しています。現代の便利な暮らしの進化の過程にある元の姿を知る事は新鮮で、子どもたちは使う事も大変面白がり、喜びます。また特に年代ものの道具を使いこなす時には「考える力」も育まれます。知らない道具を使えるように地域の方に指導していただく事もあり、豊かなコミュニケーションも生まれます。また当時使っていた頃の思い出話を聞かせて頂く事もたのしいものです。
先日は鍋や釜をいただきました。まだまだ現役のお鍋たちで、これからありがたく使わせていただきたいと思います。もしもご自宅で使われなくなった古物で捨ててしまいそうなものがあれば、是非お教えください。もしかして大杉谷自然学校で子どもたちに使われ、息を吹き返すかもしれません。
P3293632.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 18:00| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

命を慈しむという事について

私たちは活動の中で、特にこれからの日本社会を動かしていく子どもたちに「命の慈しみについて」体験をとおして伝える事を大事にしています。H23年度の冬に大人向けの講座「大杉谷ジビエ・鹿肉料理」でお越し頂いた講師、藤原誉さん(田歌舎 代表)がとても重要なメッセージを発信しておられるので、ここで引用させていただき、皆さんと「命のありがたさ、大切さ、感謝」について一緒に考える事が出来たらと思います。
DSC_0099.jpg
H24年1月に講座にお招きしたときの藤原さん
ーーーーーーー
「猟を通して思うこと」
日本にはたくさんの野生動物がいます。そして私たちの生活では様々な折に野生動物たちとの遭遇があります。ですが都会に暮らす人の多くは、その周囲の山にもたくさんの動物たちが潜んでいるにも関わらず、その実態についてあまりにも無知だなと感じざるえません。でもそれは元をただせば戦後より、偏った動物愛護とキリンとライオンから始まるようになった教育が間違っているし今もなおそれが正されることなく続いているからだと思っています。

酸性雨、温暖化、様々な複合的な要因が絡み合い、豪雪、豪雨などによるかつてない倒木や、ナラ枯れなど突然発生の病気の蔓延による枯死、明らかなキノコ類の減退など、日本の森は危機に直面しているとも言えます。、さらにはこれから何か新しい重大な被害、病症が森の中で発生するかもしれないのです。
ですがそんな中でも、豊かな森林を有するこの国ではこの20年来で野生動物が大幅に増加してきました。一見素晴らしいことのようにも見えますが、いち早く鹿の爆発的増加を経験した美山では森林の林床植物が鹿の食害により壊滅的な被害を受け、山中にはほとんど下草が無くなりました。それは獣たちにとって森の中の食べ物が枯渇したことを意味し、さらには多種多様な植生が奪われ、すなわち昆虫類、鳥類にも大きな影響を与えていることを意味します。つまり生物多様性が失われたということです。
さらに結局のところ、自らの餌も枯渇してきた鹿は、美山では10年ほど前をピークとして数を大幅に減らしています。それでもなお残る鹿による食害で植生回復の兆しはなかなか見られない状況です。 美山以外の森林に目を移すと、たった今鹿、猪が増加の一途をたどる地域が全国各地にあります。そんな地域を訪問先などで垣間見る中で、それらの地域の森もこれから10年20年を経て美山の森のような生命が枯渇した森にならないことを願うばかりです。

狩猟による捕獲は残念ながらこの大きな増減の波に抗えるほどの力はないと感じています。私たちがどれほどに頑張っても、この大きな波を止める力はないですが、特定地域の獣害対策としてのピンポイントでの狩猟圧の効果は確かにあります。
ですがそれ以上に今私たちにできる一番大切なことは、これだけ傷んだ自然の中でも育まれる動物たちの血肉を無駄にしないということです。

きわめて環境にやさしく(エコロジー)であり、持続可能(サスティナブル)な獣肉を無駄にしている日本の有り様こそが一刻も早く変わらなくてはならないことだと思います。
国民の多くが獣肉と食することを通して日本の野生動物のことを知り、日本の森の現況を知り、森を、獣を守るためにできることに関心を注ぐようになることを願ってやみません。それは食育であり、自然科学の学びであり、日本の自然に誇りを持つことにも繋がるのですから。
そんな先にようやく効果的な有害鳥獣対策、あるいは自然保護の答えが見出せる日が来るのではないでしょうか。

今田歌舎として微力ながらも私たちにできることは、獲った獲物を無駄なく美味しく食べる、その美味しさをできるだけ多くの方たちに届けること、それだけです。

田歌舎 ふじわらほまる
ーーーーーー
引用の「田歌舎代表ふじわらほまるのブログ」はコチラです。

posted by 大杉谷自然学校 at 17:02| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

うまし!

ひろめ!
IMG_6632.jpg
湯どおし後 ← 湯どおし前

posted by 大杉谷自然学校 at 17:13| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする