2019年03月29日

3/27-29 春の冒険わくわくキャンプ最終目

とうとう春の冒険わくわくキャンプ最終目の朝です。朝ご飯づくり班さんはご飯づくり、そしてその他の子どもたちは持ってきた荷物を整理を始めます。寝袋やマットを片づけ、洗面、着替えなど、一通りはスタッフが説明しますが、どこに何を置いて今何をするのか、よく聞いてひとつずつ片づけていく。子どもたちひとりひとりにずっとついて細かい注意をするわけではないので、子どもたちもしっかり聞いて、友だちと確認しながら自分の生活面をひとりで仕切ります。子どもは子どもの中で育つと言いますが、本当にそのとおり。家庭では親に甘えられてもキャンプではそういうわけにいきません。でも嫌々しているかというと、全くそんな様子はなく、子どもたちと「一緒に楽しみながら」自分の生活面を仕切っています。親御さんがあまり知る事のない子どもたちの力量がここで発揮されています。子ども力はすごい!
朝ごはんのメニューは炒り卵とソーセージ、ホウレンソウのおひたし、味噌汁、リンゴ。美味しかったね!
食べたあとは食器を洗い片づけたあと、館内の清掃です。体育館、和室、みんなが一番よく使った研修室、講義室や廊下。頑張って丁寧に掃除しました。
そのあとは、クラフト「ぶーぶー笛」づくりをしました。竹を切るのも一人ではぐらぐらするけど友だちやスタッフに手伝ってもらって押さえてもらいながら切ります。リードという弁を竹の切り込みにはさみ、息を強めに吹くと、、鳴った!(鳴らない人は弁の角度調整で鳴ります)
そうするうちにせせらぎ会さんの昼食ができあがりました。ちらしずし、お吸い物、ゼリー。みんなで食べる最後の食事です。本当に賑やかで楽しい食事時間でしたね。
昼食のあと、スライドショーでキャンプを振り返ります。盛りだくさんの体験のひとつひとつが写真になると笑いが巻き起こったり、その時の感激したことが口々に出てきます。スライドを観る子どもたちの目の輝かしいこと!
3月は小学校も卒業のシーズン。自然学校のキャンプに卒業はありませんが、中学校になると参加率が少し減ってしまうので「大杉谷自然学校のキャンプに卒業は無いで証書」と記念品の授与をしました。長年通ってくれた子どもたち。最初に来てくれた時の可愛い写真を探して証書にしています。沢山の思い出を胸に、また中学になっても来てほしいし、高校になったらボランティアに来てほしいと思っています。大杉谷でみんなと会えて本当によかった。中学校になっても勉強や部活に励んでください。
そして他の子どもたちも初参加者は、全く感じさせない馴染み様で活動を楽しんでくれていました。何度も来てくれている子たちはだんだん要領を得て、自分たちがすべき事をしっかり出来るようになってきました。また、ちょっと不安なときはスタッフに聞くことも大きな成長です。自分で抱え込まずどんどんコミュニケーションで解決して不安を自信に変えていくトレーニングがキャンプの中では沢山あります。1回でできなくても何度もくりかえすうち難なくこなせるようになってくると思うので、私たちも、子どもたちの今だけを見ず、これからの成長を見続けていきたいと思っています。大切なお子さんをキャンプに送り出してくださる親御さんに心から感謝申し上げます。ご参加ありがとうございました。次は夏!夏の大杉谷で会いましょう!

PS
昨日のブログに昨夜の体験写真も追加アップしていますよ!

RIMG5135.jpg RIMG5134.jpg
RIMG5132.jpg RIMG5128.jpg
RIMG5121.jpg RIMG5136.jpg
RIMG5126.jpg RIMG5123.jpg
RIMG5122.jpg RIMG5119.jpg
RIMG5149.jpg RIMG5147.jpg
RIMG5145.jpg RIMG5144.jpg
RIMG5143.jpg RIMG5139.jpg
RIMG5154.jpg RIMG5140.jpg
RIMG5152.jpg RIMG5137.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 14:37| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

3/27-29 春の冒険わくわくキャンプ2日目

おはようございます!わくわくキャンプ2日目の朝は、昨夜の係り決めをした「朝ごはんづくり班さん」が早起きし、作りました。メニューは厚揚げ焼き、味噌汁、キャベツと雑魚のサラダ、牛乳寒天です。お味噌汁がとっても上手に仕上がりました。みんな朝ごはんをモリモリたべたあと、シイタケの菌打ちをしました。ドリルで穴をあけたところに金を打ち付けます。ホダ木を運ぶのも菌打ちするのも共同作業、力を合わせてやりました。こんなに頑張って菌打ちしたのだから、来年の秋にはきっとおいしいシイタケが出来るに違いない。冬のキャンプはもしかしたらシイタケステーキが食べれるかも!
昼食はせせらぎ会さんが作って下さった鹿肉カレーとヨーグルト。すごく美味しかったよね!
さて、午後からは自由選択の体験をしました。探検グループ、釣りグループ、おやつ作りグループに分かれ、好きな体験に参加しました。探検では素敵な石を探したり、色粉のとれる石を探してストーンペインティング。みんなの顔がどんどん変化してきます!爆笑!ニホンイシガメやオタマジャクシなど生き物も見つけましたよ。
釣りグループは釣竿でカワムツが釣れました!瓶づけもしてみました。中に餌をいれて川に沈めます。しばらくして上げてみると、カワムツが入っていました。石きりもしましたよ!
おやつ作りグループはヨモギを摘んできて、白玉の団子づくり。沢山の美味しそうなヨモギはとてもいい香りがしていました。ちょうど良い甘さの白玉団子に黄粉がたっぷりかかって、とっても美味しいおやつになりましたね。自由選択体験が終わって戻ってきたみんなにおやつを振る舞った時のみんなの美味しそうな顔!作ったみんなはとっても嬉しかったよね。
そのあと、五右衛門風呂焚きを、地域にお住まいの大瀬さんに教わりました。暫く空気が乾いた日が続いているので割合早く火が付きます。とはいえマッチを扱ったりたき火をする経験の少ない現代っ子にとってはスリリングな体験です。また、薪割も経験がすくない子どもたちにとっては楽しい体験です。斧がちょっと怖い子どもたちは腰を引き気味ですが、何回も経験すると上手に膝の屈伸を使って斧に力を入れずに下すことが出来るようになります。何事も経験ですね。
さあ夕食。みんなでキャンプで食べる最後の夕食はせせらぎ会さんのスペシャルメニュー。ミートボールにアマゴフライ、そして野菜のスープとデザートにフルーツ。美味しかったよねーー!
さあ、これから夜のお楽しみ。どんな体験になるかな?楽しみだね!

DSCN8595.jpg DSCN8582.jpg
DSCN8598.jpg DSCN8579.jpg
DSCN8599.jpg DSCN8558.jpg
DSCN8574.jpg DSCN8575.jpg
DSCN8562.jpg DSCN8557.jpg
P3280126.jpg P3280115.jpg
P3280086.jpg P3280060.jpg
P3280042.jpg P3280014.jpg
P3280030.jpg P3280009.jpg
P3280001.jpg DSCN8602.jpg
RIMG4972.jpg RIMG4970.jpg
RIMG4969.jpg RIMG4967.jpg
RIMG4962.jpg RIMG4960.jpg
RIMG4959.jpg RIMG4961.jpg
RIMG4963.jpg RIMG4958.jpg
RIMG4986.jpg RIMG4983.jpg
RIMG4985.jpg RIMG4980.jpg
RIMG4982.jpg RIMG4997.jpg
RIMG4979.jpg RIMG4976.jpg
RIMG4973.jpg RIMG4978.jpg
RIMG5016.jpg RIMG5017.jpg
RIMG5011.jpg RIMG5013.jpg
RIMG5006.jpg RIMG4999.jpg
RIMG5010.jpg RIMG5002.jpg
RIMG5003.jpg RIMG5001.jpg
RIMG5036.jpg RIMG5035.jpg
RIMG5034.jpg RIMG5029.jpg
RIMG5022.jpg RIMG5026.jpg
RIMG5041.jpg RIMG5030.jpg
RIMG5027.jpg RIMG5018.jpg
RIMG5061.jpg RIMG5060.jpg
RIMG5057.jpg RIMG5050.jpg
RIMG5055.jpg RIMG5046.jpg
RIMG5048.jpg RIMG5059.jpg
RIMG5063.jpg RIMG5047.jpg
RIMG5103.jpg RIMG5069.jpg
RIMG5101.jpg RIMG5100.jpg
RIMG5091.jpg RIMG5111.jpg
RIMG5076.jpg RIMG5064.jpg
RIMG5065.jpg RIMG5072.jpg
RIMG5113.jpg RIMG5114.jpg
RIMG5116.jpg RIMG5118.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 18:33| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

3/27-29 春の冒険わくわくキャンプ1日目

桜が4分咲きできれいな春の日の中スタートしました。このキャンプは中学生まで参加できるのですが、小6の人は一区切りのキャンプとなります。特別な思い出にして欲しいですね。
子どもたち32名とスタッフ10名でこれから3日間過ごします。
オリエンテーションでスタッフの自己紹介の後、せせらぎ会のお昼ご飯を食べ、川へ出発です。川っていついっても楽しいものです。夏だけが川じゃないんです。
春の気配が感じられる生き物がいたり、スミレが咲いていたり。

川の後は、お風呂焚きとごはん作りをしました。
夕飯のメニューは羽釜ごはん、ポトフ、菜花のおひたし、オレンジかキウイでした。
ポトフはじゃがいも、キャベツ、ニンジンが大きいまま入ります。昆布と自然学校でとれた干しシイタケ出汁で煮込んだので、塩だけでほっぺたが落ちるくらい美味しくできました!
菜花も醤油だけなのに、すごく美味しくって感動!野菜も美味しいね。
羽釜でごはんも上手にできたよ。
お風呂焚きでは地元のおじいちゃんの大瀬さんが講師をしてくれました。1週間前から干してあったというカラカラの杉っ葉を焚きつけにしたので、よく燃えました。
夕飯の後は、みんなで係決めゲームで盛り上がりました。
お風呂でぽかぽかあったまってお休みなさい zzz
大杉谷は風が強いことでもとても有名。外は春の嵐が吹き荒れて、あんまり聞くことがない風の音で眠りにつきました


DSCN8551.jpg DSCN8553.jpg
RIMG4826.jpg DSCN8548.jpg
DSCN8541.jpg DSCN8539.jpg
RIMG4834.jpg RIMG4830.jpg
DSCN8544.jpg DSCN8532.jpg
RIMG4855.jpg RIMG4854.jpg
RIMG4850.jpg RIMG4845.jpg
RIMG4846.jpg RIMG4856.jpg
RIMG4849.jpg RIMG4841.jpg
RIMG4838.jpg RIMG4842.jpg
RIMG4870.jpg RIMG4869.jpg
RIMG4880.jpg RIMG4867.jpg
RIMG4881.jpg RIMG4858.jpg
RIMG4857.jpg RIMG4860.jpg
RIMG4865.jpg RIMG4864.jpg
RIMG4893.jpg RIMG4892.jpg
RIMG4891.jpg RIMG4890.jpg
RIMG4887.jpg RIMG4886.jpg
RIMG4895.jpg RIMG4889.jpg
RIMG4882.jpg RIMG4885.jpg
RIMG4912.jpg RIMG4909.jpg
RIMG4918.jpg RIMG4908.jpg
RIMG4901.jpg RIMG4906.jpg
RIMG4919.jpg RIMG4898.jpg
RIMG4897.jpg RIMG4899.jpg
RIMG4920.jpg RIMG4922.jpg
RIMG4923.jpg RIMG4921.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 18:54| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

12/25-27冬も元気だ‼わくわくキャンプ 最終日

おはようございます。冬のキャンプラストの朝です。朝食づくり班さんは6時半起床で作り始めます。早くに起きてしまった子どもたちは起床の7時まで、寝ている子を起こさないように図書室で本を読んだりして静かに待ちます。
今朝のごはんメニューは、ご飯とお味噌汁、ほうれん草とハムの炒め物、りんごです。みんな今朝も良く食べたね。
食器を片づけたら、一旦荷物を整理します。着た服、着なかった服、ほかの荷物など「整理」は同じものをまとめ、種類分けするところから始まります。この「分類整理力」はこれから先、社会で大変必要とされるスキル。このスキルを高めておくと「忘れ物」もうんと減ります。さあ、頑張って!
今から始めるお餅つきの準備をします。臼や杵はもち米がこびりつかないよう、随分前から水を張って準備をしておきました。餅米も吸水に時間を要するのでスタッフが洗米済みです。餅米を羽釜で蒸している間、館内の大掃除を済ませます。次回来るキャンプは春休み。それまで施設が綺麗であるよう、頑張って掃除です。
11時ごろ、もち米が蒸しあがり、餅つきの始まり!そして黄粉も炒り大豆を石臼で挽きます。挽きたての黄粉は香ばしく甘みもあり本当に美味しいのです。餅を丸めて餡や黄粉にまぶすのも自分たちで行います。杵つきの餅は、餅つき機でついた餅と美味しさが全く違います。焼いたときのふくらみ方も、煮たときののび方も全く違うのです。今回、お土産に少し持ち帰りますので是非食べ比べて、子どもたちのついたお餅の美味しさをご家庭でも味わっていただきたいと思います。
さあ、お餅がつけたら、みんなで食べるキャンプのラストのごはんです。せせらぎ会さんがおせち料理を作ってくださいました。紅白なます、しいたけやニンジン、ゴボウ、サトイモ、レンコン、蒟蒻、タケノコの煮しめ、卵焼き…、何もかも本当に美味しい!最近は手作りのお節料理は減る一方で、更には昔ながらの「いわれ」があるおせち料理は食の好みが変わってきたこともあり、食べられる機会が減っています。キャンプの昼食で手の込んだ昔ながらのお節料理を味わえる事は貴重でありがたいことです。そして一足早くつきたて餅でお雑煮も。御出汁がとても美味しくて、子どもたちはおかわりをたくさんしました。お餅は、きな粉、あんこをまぶしていただいたのも、とっても美味しかったですね。こうしてみんなが帰路につきました。静かな校舎は寂しく、早く春休みキャンプになってくれないかなと思ってしまうぐらいです。この3日間のいろんな体験が、みんなの心の中に少しでも残ってくれますように。いや、思い出に残らなくても、体験の記憶がそれぞれの感覚の中に染み込んで行ってくれたら最高に嬉しいな。
今回、初めての参加者もあり、中には1年生の小さな子も初参加だったり、海外から日本の親せき宅を経由しての初参加もありました。子どもたちは経験にない事も積極的に取り組み、スタッフともよく交流しました。子どもにとっても親御さんにとっても、初めての大冒険だったことと思います。帰ったらその勇気と楽しみきった感性の素晴らしさを大いに褒めてあげてください。
私たちは、いつも大杉谷で、子どもたちが少しずつ成長していく姿を見守っています。次は春休み。またここで再会できますことを楽しみにしています。ご参加ありがとうございました。

PC275105.jpg RIMG4285.jpg
RIMG4290.jpg RIMG4294.jpg
RIMG4295.jpg RIMG4296.jpg
PC275108.jpg PC275110.jpg
PC275111.jpg PC275126.jpg
PC275146.jpg PC275148.jpg
RIMG4289.jpg RIMG4298.jpg RIMG4299.jpg RIMG4305.jpg
RIMG4307.jpg RIMG4308.jpg
RIMG4313.jpg RIMG4316.jpg
RIMG4317.jpg RIMG4319.jpg
RIMG4321.jpg RIMG4322.jpg
RIMG4323.jpg RIMG4324.jpg
RIMG4344.jpg RIMG4347.jpg
RIMG4353.jpg RIMG4356.jpg
RIMG4361.jpg RIMG4366.jpg
RIMG4372.jpg RIMG4373.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 14:15| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

12/25-27冬も元気だ‼わくわくキャンプ 2日目

おはようございます!キャンプ2日目の朝です。昨日の係り決めで決まった役割が今朝からスタートです。朝早くから起きて、朝ごはんづくりをする班や、お風呂の掃除、食事後の調理道の具片づけや、台拭きなども班ごとに頑張って行います。朝ごはんのメニューは、水菜と揚げの炒め煮、豆腐の味噌汁など。子ども同志で食べる朝ごはんは、日常の眠ーい中食べる朝ごはんと違うのでしょう、すごくモリモリ食べますね。楽しい!=食欲!という感じがします。
朝食のあとは大杉谷で宝探しウォークラリーをしました。班ごとにルールに従って、班のボールを地域内のどこかに隠す。それを他の班が探し当てます。探す、見つけるってわくわくしますね!見つけたら嬉しい!そしてラリーの後はプレゼントにお菓子セットを一人ずつ貰って更に大喜び。まだ食べたらダメよ。学校に帰ったらお昼ごはんだからね!
今日の昼食は、せせらぎ会さんが作って下さった、竹皮包みのお弁当。ぽかぽか陽気なら外で食べたかったのですが、座ってゆっくり食事をするには少々寒かったので、室内でいただく事にしました。昼食後はお待ちかねのおやつタイム。子どもたちは持ってきたおやつも今日のプレゼントのおやつもすっごく嬉しそうに食べていました。
昼食後は選択プログラム。さまざまなメニューの中から希望の体験を選びます。木登り、丸太のパズルづくり、川に探検、あられ炒りとお菓子づくり、図書室で読書グループ、に分かれて体験しました。私たちが主導するプログラム以外に自分で選んで自分がスペシャルな体験をして帰る時間です。鳥の羽根から鳥を調べ出したい子は自然資料類がとても充実している大杉谷自然学校の図書室でじっくり調べたり、工作で素敵なお土産つくりをしたり、美味しそうな生アラレをいただきましたので、是非それをみんなに振る舞いたいと子どもたちが炭火で炒るのを頑張ってくれたり、木のぼり名人「あに」と一緒に紅葉の木に登ったり、そして川ではいろんな生き物を見つけたり。とっておきの時間をそれぞれに楽しみました。
さて夕方からは薪割や五右衛門風呂焚きをしました。薪割りはだんだん経験を重ねて上達してきましたね。ちびっこたちも、今は頼りない様子でも、だんだん上手になってきますよ!お風呂の焚き付けは夕方はやめに始めます。今日は少し雨が降ったこともあり空気が少し湿っているので、乾いていた昨日よりは火着に時間がかかります。自然を相手に生活をしようとすると「日々行程がちがう」ことに気づきます。最初から「同じことをして同じ結果を得る”とは思わない”」事からスタートなのです。つまり自然体験は「いつも、目の前に起こったことを”容認する”」忍耐力をつける体験でもあります。そんな深い体験からえられる夜のお風呂のひと時は格別のはず。子どもだから、そこまで深く感じなかったとしても、楽しいお風呂の時間の思い出がいつか大きくなった時「その心は!?」となぞかけの謎解きをしてくれるはずです。
夕食はせせらぎ会さんが作ってくださいました。
さあ、キャンプ最後の夜は子どもたちが大好きな「暗闇かくれんぼ」です。電気が供給されたころから「暗闇」を経験することはめっきり減りました。実は暗い中では危険が及ぶため、五感機能が高まります。暗闇かくれんぼは校舎内の明かりをすべて消して、暗闇に隠れてる子どもたちを探します。気配を感じたり、何かの動きを察知したり。子どもたちは五感を鋭くして校舎を歩きながらドキドキ大興奮。もうすぐはじまりますよ!暗闇かくれんぼのあとは五右衛門風呂に入って就寝ですが、ラストの夜、大興奮の子どもたちは眠れるかな?それとも遊び疲れてぐっすり眠るのかな?

PC265088.jpg PC265092.jpg
PC265090.jpg RIMG4103.jpg
RIMG4097.jpg RIMG4100.jpg
RIMG4098.jpg PC265100.jpg
RIMG4099.jpg RIMG4095.jpg
RIMG4148-2.jpg RIMG4142.jpg
RIMG4133.jpg RIMG4130.jpg
RIMG4123.jpg RIMG4110.jpg
RIMG4115.jpg RIMG4150.jpg
RIMG4117.jpg RIMG4108.jpg
RIMG4177.jpg RIMG4168.jpg
RIMG4176.jpg RIMG4170.jpg
RIMG4169.jpg RIMG4153.jpg
RIMG4158.jpg RIMG4154.jpg
RIMG4152.jpg RIMG4179.jpg
RIMG4210.jpg RIMG4209.jpg
RIMG4201.jpg RIMG4200.jpg
RIMG4191.jpg RIMG4181.jpg
RIMG4188.jpg RIMG4196.jpg
RIMG4180.jpg RIMG4211.jpg
RIMG4234.jpg RIMG4233.jpg
RIMG4232.jpg RIMG4231.jpg
RIMG4227.jpg RIMG4217.jpg
RIMG4213.jpg RIMG4220.jpg
RIMG4225.jpg RIMG4235.jpg
RIMG4240.jpg RIMG4241.jpg
RIMG4247.jpg RIMG4242.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 18:38| Comment(1) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

12/25-27冬も元気だ‼わくわくキャンプ 1日目

冬のわくわくキャンプが始まりました。今日あたりから徐々に寒くなっていくと予報されていますが、子どもたちは元気いっぱい。「自分たちで生活をしてみる!」という事がわくわくしないわけがない!だから興奮気味の子どもたちの気持ちがとても分かります。だからと言って、話が聞けないとかもなく、注意事項などはシーンとすぐに静まって、しっかり聞いています。この様子、3日間保てるようにしたいね!
さて今日は、到着してスタッフ紹介などのオリエンテーションをしたら、せせらぎ会さんの作って下さった昼食をいただきました。味ごはん、春雨サラダ、根菜たっぷりの豚汁。そしてデザートはフルーツ泡寒天。どれも美味しくて、お鍋がどんどん空っぽになっていきました。
お昼からは班分けとみんなが打ち解けるためのミニゲーム(アイスブレーキング)をしたあと、地域を探検しました。校舎下の、川の水が少ないところを選んで川渡りをして対岸にむかいました。天然のアスレチックはドキドキわくわく。いろんな見つけものもしましたよ。動物のフンから、何の動物かな?と考えてみたり、鹿の角を見つけたり。私たちが生き物の足跡を見つけるのと同じように、今夜は生き物も「今日はここは人間が通ったな。ここは人の匂いがするぞ。これは子どもの足跡だな」と思っている事でしょうね。
探検のあとは、夕食作り。今夜のメニューは羽釜で作る麻婆丼、羽釜で炊く白ごはん、中華スープ、デザートはホットケーキ。同時進行で、五右衛門風呂焚きもします。焚き付けを教えてくださるのは、大杉谷地域にお住まいの大瀬こうじさん。早くから来て、準備もバッチリしてくださいました。
夕食後は片づけをします。自分たちの食器をお昼に教わった方法で、新聞紙を柔らかく揉み、お皿を拭きます。自分で食器を片づけなければならないと分かると、お皿にごはん粒を残したり、汁を残したりしなくなります。「無駄」は自然環境を悪化させるため、無駄(粗末にする)事をなくす事は大事な事だとお皿を拭きながら学んでほしいと思っています。
このあと夜はクリスマスのお楽しみ会が始まります。お楽しみ会の中では、班の係り決めをする予定です。3日間、生活を自分たちで仕切るために、食事作りや片づけ事など、ローテーションを組んで役割を担当します。自分たちで仕切る生活面。きっと楽しく取り組めるはず。
それらが終わると五右衛門風呂入浴のあと、就寝です。五右衛門風呂は遠赤外線の火で体がポカポカ。あったかい部屋でおやすみなさい!

RIMG3933.jpg RIMG3934.jpg
RIMG3955.jpg RIMG3954.jpg
RIMG3953.jpg RIMG3952.jpg
RIMG3951.jpg RIMG3957.jpg
RIMG3958.jpg RIMG3959.jpg
RIMG3962.jpg RIMG3963.jpg
RIMG3979.jpg RIMG3973.jpg
RIMG4003.jpg RIMG4010.jpg
RIMG4011.jpg RIMG3960.jpg
RIMG4014.jpg RIMG4015.jpg
RIMG4016.jpg RIMG4017.jpg
RIMG4018.jpg RIMG4020.jpg
RIMG4022.jpg RIMG4023.jpg
RIMG4024.jpg RIMG4029.jpg
DSC_0326.jpg DSC_0328.jpg
RIMG4031.jpg RIMG4032.jpg
RIMG4034.jpg RIMG4039.jpg
RIMG4041.jpg RIMG4043.jpg
RIMG4044.jpg RIMG4045.jpg
RIMG4046.jpg RIMG4047.jpg
RIMG4050.jpg RIMG4049.jpg
RIMG4051.jpg RIMG4054.jpg
RIMG4055.jpg RIMG4058.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 18:16| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

12/2 わくわくデイキャンプ

わくわくディキャンプ、始まりはみんなで鬼ごっこをして温まりました。そして、昼食を手作りしました。薪に火を熾して、ご飯を炊いたり、包丁で具材を切ったりしていると、アッという間に12時半。ちょっと遅くなりましたが、みんなで協力して作ったお昼は最高に美味しい!
午後からは河原探検や木登り、おやつ作りに分かれて遊びました。12月ですが、外で過ごしてもポカポカと太陽の暖かさを感じる1日でした。

20181202_133355.jpg 20181202_133406.jpg
20181202_140552.jpg RIMG3479.jpg
RIMG3481.jpg RIMG3483.jpg
RIMG3496.jpg RIMG3498.jpg
RIMG3499.jpg RIMG3500.jpg
RIMG3505.jpg RIMG3508.jpg
RIMG3514.jpg RIMG3518.jpg
RIMG3520.jpg RIMG3522.jpg
RIMG3524.jpg RIMG3525.jpg
RIMG3526.jpg RIMG3529.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 08:58| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

8/17-18 チャレンジわくわくキャンプ2日目最終日

1泊2日のキャンプはあっという間ですね、昨日やってきたみんなが、もう今日帰ってしまうなんて!!とっても素直でいい子たち。もっと長く居てくれたらなと思ってしまいます。朝、7時に起床。みんなゆっくり眠れたかな?それまでに目覚めてしまった子どもは図書室で本を読んで朝食を待ちます。さあ、朝食ができあがりました。今朝はサンドウィッチとスープ、バナナ。今朝もモリモリ食べて元気に活動しよう!
朝食の片づけを各自行い、今日も川あそび!泳いで魚とりして、ストーンペインティングや水切り、、、川石と水があるだけで様々な遊び方を始める子どもたち。「こうやって遊ぼう」と言わなくてもどんどん創造していくのですね。
川遊びが終わると荷物整理。手荷物の整理整頓を自分でします。整理整頓には「分類」という作業が起こります。この種類分けをする作業は「物事の段取りを順序立てて進めていく」力の基礎になります。難しい子にはスタッフが助言をしながら行います。整理分類のスキルが身につくと忘れ物がうんと減る傾向にあるのでこういったトレーニングは効果的です。
荷物を整頓してまとめ終えると、施設の清掃をします。今度来たときも綺麗な施設で寝食できるよう、力を合わせて掃除と片づけをします。掃除も自分でやったことが無い子がまだまだ多い年代ですので、道具の使い方からひとつひとつ教わります。綺麗になる事が気持ちがいい事という感覚を覚える事で、片づけや清掃を自主的にできるようになってほしいと思っています。
さあ、そろそろお昼ごはんが出来ました。せせらぎ会さんが作って下さったカレーライス。みんなで食べるキャンプの食事はこれでラストになります。楽しい、名残惜しい昼食です。
お昼ごはんが終わったら、このキャンプのふり返りをします。この2日間、小さな子どもたちにとっては沢山の体験がありました。体験の感想を言葉にして発表してくれる子もいるし、まだまだ言葉に表す事が難しい子もいますが、胸の中に湧きおこった発見や楽しさの感動の塊は子どもたちの表情から感じることが出来ます。「今、胸の中にあるもの」それが一番素晴らしいと思っています。
今回のキャンプは大半が初参加で小さい年齢は年長さんから参加していました。多くの親御さんがこの2日間を心配されながらお過ごしになったかもしれません。子どもたちは「2日間の自分の身の回りのことを自分でやりきる」事に徹底しました。たまたまかもしれませんが、ホームシックもゼロ。夜泣きもゼロで、目いっぱい楽しんで帰ってもらう事ができました。是非お帰りになられましたら、子どもさんの2日間のお話をお聞きいただき「親元を離れて自分で頑張った事」を褒めてあげていただけたらと思います。子どもたちは「任される」事でグッと成長します。完璧にできなかったとしても「信頼して任せてもらえた」という事が嬉しくて積極的に取り組む意欲に変わります。そこに作用することを意識した大杉谷のキャンプで、これからも成長を見守らせていただけたら私たちにとってこんなに嬉しいことはありません。ご参加ありがとうございました。
RIMG1074.jpg RIMG1081.jpg
RIMG1082.jpg RIMG1083.jpg
RIMG1086.jpg RIMG1087.jpg
RIMG1088.jpg RIMG1089.jpg
RIMG1094.jpg RIMG1116.jpg
RIMG1117.jpg RIMG1118.jpg
RIMG1104.jpg RIMG1114.jpg
RIMG1099.jpg RIMG1098.jpg
RIMG1112.jpg RIMG1105.jpg
RIMG1134.jpg RIMG1129.jpg
RIMG1138.jpg RIMG1139.jpg
RIMG1123.jpg RIMG1120.jpg
RIMG1140.jpg RIMG1144.jpg
RIMG1153.jpg RIMG1149.jpg

さてさて、今回のキャンプには、小さい頃からこの「わくわく宮川体験キャンプ」に参加してくれていた、かつてのちびっこ参加者が今や大学生になってスタッフとして帰ってきてくれました。大杉谷のキャンプ経験から、環境教育を志して進学する大学生が生まれていることは、私たちにとっても大きな喜びです。大杉谷をいつまでも忘れずにいてくれて、本当にありがとう!
DSCF8368.jpg
小さかった頃、とっても可愛い。今はそこにお姉さんの顔がのぞくようになり大人になったなあと感慨深くて、この写真を見るとジーンとしてしまいます。私たちも年とりました・笑
posted by 大杉谷自然学校 at 14:00| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

8/17-18 チャレンジわくわくキャンプ1日目

今日からチャレンジわくわくキャンプが始まりました。まず最初はいろいろ注意事項などありますが、お話ちゃんと聞けるかな?と思っていましたがとっても素直で、みんなしっかり話を聞けていますよ。オリエンテーションが終わると昼食です。しっかり食べれる子は体調を崩さずに活動できる確率が高いので各自の可能な分量をお皿によそおいます。自分で食べれると思った量はできる限り残さず食べるれるよう見守っています。食事は地元の伝統食を研究しているグループ「せせらぎ会」さんが作って下さった、ゆかりごはん、アマゴフライ、卵とカボチャのスクランブルサラダ、フルーツ寒天です。何回もおかわりをして、全部完食しました!
しっかり昼食をいただいたあと、いよいよ川泳ぎ。ライフジャケットを装着するのは初めてという子どもたちもいるので、スタッフがしっかり体にフィットするようにベルト調整したり、準備体操をしっかりしたあとさあ、入水!初めて川水に触れる子もいて、つめたーい!キャー!とっても楽しそうに川泳ぎが始まりました。プールとは違い、岩には藻もついているし、川の中には魚が沢山泳いでいるのが見えます。魚を捕ってみたり、泳いだり、飛び込みにチャレンジしたり、子どもたちは思い思いに川泳ぎを楽しみました。ライフジャケットがあるので足がつかなくなっても大丈夫。ちょっと不安になると近くにスタッフが泳いで居るので安心。夕方まで川泳ぎを楽しみました。
川からあがったあとは、夕食作り。普段包丁を使ったり、火をおこして煮炊きなんてしない年代ですが、自分たちで頑張って調理します。メニューは羽釜で炊くごはん、羽釜で煮る豚丼、羽釜で作る味噌汁、サラダ、デザートです。マッチの火つけ、薪の火加減調整などスタッフに教わりながら、できる範囲でチャレンジしてみます。同時進行で五右衛門風呂焚きもしました。お近くに住まれている大瀬さんが薪での沸かし方を教えてくれました。火を扱うのは危なそうですが、こういったちょっと危なそうな体験こそ子どもは大好きで、楽しみつつも注意を払いながら沸かしてくれました。
みんなで力を合わせて頑張ったので、まだ日が暮れてしまうまでに仕上がりました。お日様がまだあるので外で夕食をいただきました。
夕食のあとは、明日の予定の確認をしたあと、ナイトプログラム「夜の川原散策」です。暗闇の中をドキドキしながら川原に下りる事もそんなに経験が無いと思います。暗い=危ないとなりがちですが、暗い時間だからこそ観察できる生き物があったりします。また暗い場所こそ五感を働かせます。耳を澄まし、匂いに敏感になり、足どりの感覚、呼吸するときの空気の温度に敏感になりながらライトで照らした先をしっかり見て、五感作用の高い川原散策でした。
散策後は五右衛門風呂に入って今夜は就寝です。盛りだくさんの1日でですが、興奮を鎮めてゆっくり眠りましょう。さて今夜はどんな夢を見るのかな。

RIMG0984.jpg RIMG0985.jpg
RIMG0994.jpg RIMG0993.jpg
RIMG0990.jpg RIMG0991.jpg
RIMG0992.jpg RIMG1016.jpg
RIMG1013.jpg RIMG1017.jpg
RIMG1018.jpg RIMG1019.jpg
RIMG1026.jpg RIMG1029.jpg
RIMG1035.jpg RIMG1039.jpg
RIMG1045.jpg RIMG1038.jpg
RIMG1043.jpg RIMG1054.jpg
RIMG1043.jpg RIMG1058.jpg
IMG_9858_R.jpg IMG_9868_R.jpg
RIMG1059.jpg RIMG1061.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 23:00| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

8/6-8 わくわくキャンプ最終日

とうとうわくわくキャンプの最終日がきました。今朝の朝食づくり班さんが作ってくれたメニューはソーセージドッグ、卵とわかめのスープ、バナナ。朝ごはんを食べ終わったら、片づけをして荷物の整理をします。忘れ物が無いかな?整理整頓ができるようになると忘れ物がうんと減ります。がんばれ!荷物の整理が終わると、施設の清掃をします。今度来た時も綺麗な施設でキャンプができるよう、サボらず!そして丁寧に清掃します。お風呂、体育館、グラウンド、水道付近の流しもみんな頑張って綺麗にしました。
そして、思い出クラフトは、丸太のパズル。丸太を板状に輪切りにして、サンドペーパーでささくれを取り除いたうえで思い出の絵を描き、叩き割る事でパズルになります。のこぎりで上手に丸太を切れるかな?低学年もスタッフのサポートを受けながら頑張って自分で切ります。みんなの思い出が詰まったパズルの完成。とっても素敵なパズルが出来上がりました。
さて、お昼ごはんはせせらぎ会さんが作って下さったカレーライス、キュウリの漬物、スイカです。キャンプのみんなで食べる最後のお昼ごはん。とっても美味しかったね。
ラストはふりかえりのスライドショー。あっという間の3日間だったけど、盛りだくさんの体験活動でした。みんなひとつひとつを思い出すようにスライドショーを見ました。興奮していろんな感想が子どもたちの口から自然にこぼれます。そしてどっと笑いが起こったり静かに見入ったり。体験というのは心の中に染み入るようなものだから、数学の公式のように回答が導き出せるようなものではありません。簡単に分かることは簡単に忘れる、だけれどじっくり染み入るように体験したものは心と体で覚えているだろうと思います。つかない火を頑張って何度もつけたり、違う考え方のお友だちとも一緒に遊ぶうちに仲良くできたり、普段経験しない多くの体験を大杉谷でできたことが、これからの何かのときに皆さんの発想や力となってあらわれてくると思います。
次のキャンプは冬。そしてその次は春。そうしながらみなさんの成長にここ大杉谷でお付き合いできるならこんなに嬉しい事はありません。2泊3日のわくわくキャンプ、お疲れ様でした。


RIMG0814.jpg RIMG0820.jpg
RIMG0817.jpg RIMG0821.jpg
DSCN8117.jpg DSCN8120.jpg
RIMG0830.jpg RIMG0835.jpg
DSCN8129.jpg RIMG0836.jpg
DSCN8138.jpg DSCN8139.jpg
DSCN8141.jpg RIMG0848.jpg
RIMG0850.jpg RIMG0853.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 15:53| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

8/6-8 わくわくキャンプ2日目

おはようございます!わくわくキャンプ2日目の朝です。朝ごはんづくり班さんが朝6時半に起きて朝食づくりをしてくれました。他の朝早く目が覚めてしまった子どもたちは、眠っている子の邪魔にならないように図書室で本を読んだり展示の昔のおもちゃで大きな音が鳴らないもので遊んで朝食を待ちます。今朝のメインメニューは肉そぼろ。朝ごはんづくり班さん、とっても美味しかったですよ、ありがとう!
朝食のあとは今日も川泳ぎが体験のメイン。そして今日は鮎の掴み取りもしますよ!慣れている参加者もすばしっこい鮎を掴むのは大変。鮎も捕まえられると最後なので、必死で逃げます。捕まえたときの子どもたちの表情が最高!そして捕まえた鮎は、一人1匹づつ、鮎の串うちをしました。夕食で、炭火塩焼きにしていただきます。目から串を刺しますが、子どもたちにはそれが辛い。それはそうです。対象がどんなに小さい存在でも、生き物を殺すという事は苦しい体験です。だからこそ、命をいただくことに感謝する気持ちが生まれるし、残さずたべなければ、という意識も育ちます。食育としても大切な体験です。
川からあがった夕方、少し休憩をしたあと、夕食作りをしました。羽釜で作る豚汁、羽釜で炊く白いご飯、キュウリサラダ、デザートは牛乳フルーツ寒天。普段は夕食を自分で作る事はあまりないけれど、こうして主体的に夕食作りを子どもたちがすると、とても楽しそうです。米とぎ、包丁づかい、火の扱いなど、子どもたちもこうして少しずつ慣れて上達していくのですね。今日も大瀬さんに焚き付けを教わりながら、五右衛門風呂焚きもしました。自然のもののあつかいは、手順は同じようにみえても、気温や湿度や天気によって、また扱うものの状態によって微妙な工夫で火つきがよくなります。スイッチをひねれば点火するガスレンジとは違い、勘や経験で変わってくるのが自然界。その日その時の「ちがい」を楽しめるようになると君も「自然を楽しむ達人」になれますね。
さあ、そろそろ夕食が仕上がる頃かな?今日は西日がそう強くないので、あかるい空の下で夕食をいただきます。モリモリ食べた夕食のあとは食器の片づけ。大杉谷流の片づけ方は、まず食器を新聞ソフトペーパーでふき取り。新聞をカットした1枚を何度もんでティッシュペーパーぐらい柔らかくして、お皿やカップの汚れをふき取ります。食べ残しがあるとふき取りにくく綺麗にならないので、この体験があると子どもたちはお皿の食べ残しが無くなります。「自分たちで後始末までする」体験はとても重要ですね。
後片付けがすんだら、今夜は最終夜なので、子どもたちが大好きなナイトプログラム「暗闇かくれんぼ」をします。広い校舎内のすべての明かりを消し、隠れているお友だちを探します。ワッと出てくるかもしれず、ビックリドキドキ体験です。静かな暗闇では子どもたちは耳を澄まし、よく見ようとし、五感を働かせます。感覚神経を高め、気配を感じて対応する経験は面白いようで、とっても人気のプログラム。今夜はこの体験でお開き。明日はいよいよ最終日ですよ!

DSCN8032.jpg DSCN8036.jpg
DSCN8035.jpg DSCN8037.jpg
DSCN8043.jpg DSCN8083.jpg
DSCN8053.jpg DSCN8063.jpg
DSCN8061.jpg DSCN8076.jpg
RIMG0562.jpg RIMG0514.jpg
RIMG0545.jpg RIMG0592.jpg
RIMG0523.jpg RIMG0591.jpg
RIMG0509.jpg DSCN8084.jpg
RIMG0513.jpg RIMG0750.jpg
RIMG0749.jpg RIMG0747.jpg
RIMG0785.jpg RIMG0746.jpg

さて、このキャンプは、小学生時代、自然学校のキャンプに何度も参加してくれた「かつてのちびっこ」が高校生や大学生になってスタッフとして参加してくれています。みんな、火おこしや鮎の串うちは何度もやっているから指導ができるようになっています。お世話してもらった側からお世話をする側に成長してくれた姿に感動ひとしお。大杉谷自然学校を忘れずにこうしてスタッフ参加してくれて本当にありがとう!
君たちの小さかった頃の写真を見つけたよ。あの頃は本当に可愛らしかった。今は美男美女に。この先がまた楽しみです。


P8024722SERI.jpg P8050003yukie.jpg
P1160372MOTOKI.jpg

posted by 大杉谷自然学校 at 17:48| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

8/6-8 わくわくキャンプ1日目

さあ、今日から2泊3日のわくわく宮川体験キャンプが始まりました!子どもたちは集合時から大興奮の元気いっぱい。挨拶も元気120%の声、返事も120%の声。こちらが圧倒されるぐらいの元気っぷりで、スタートからノリノリ。
まずは到着すぐにスタッフ紹介のあと、昼食が始まりました。せせらぎ会さんが作ってくださったアマゴフライ、スパゲティサラダ、お漬物とお味噌汁、デザートはオレンジ。おかわりに何度もきて、全部完食しました。夏バテの心配はなさそうです。
昼食後はお待ちかねの川泳ぎが始まりました。飛び込み岩に一目散にかけあがり飛び込む子や、魚とりを始める子など、さまざまに川で遊び始めました。初めて飛び込みを経験する子はドキドキして初めのひと飛びにもためらいがありますが、勇気を出して飛び込むとスリルがたまらなくてやみつきになります。私たちは無理に薦めたりはしないのですが、子ども自身が「やってみたい」と思った時にチャレンジをあとおしする声掛けや、怪我をしないようサポートをしながら子どもの「いっぽ」を勇気を見届けます。こういう経験がこれからの人生でのチャレンジの「いっぽに繋がる勇気」になってくれたらいいなと思います。
川からあがったあと、五右衛門風呂焚きを大杉谷地域にお住まいの大瀬さんに教わります。大杉谷自然学校のキャンプではお風呂は薪を使って沸かします。天然資源豊富な大杉谷では、地域にある天然資源をできるだけ使っての生活体験をします。子どもたちにはちょっと新鮮な体験が沢山です。
さあ、そろそろ夕食ができましたよ。せせらぎ会さんが作って下さった、ハンバーグ、茹でジャガイモと人参のサラダ、トマトとレタスの生野菜、かぼちゃのポタージュスープ、梨とメロン。川で目いっぱい遊んだらお腹がすきましたね。今夜のナイトプログラムでお腹がすかないよう、たっぷり食べてくださいね。
夕食後は川原でナイトハイクをします。普段泳いでる昼間とは少し違う夜の川原はどんな様子でしょう。町では夜も照明が煌々と光っている事が多いので暗闇に懐中電灯一つで出かけるのもまたわくわくですね。ナイトプログラムが終わったら、みんな焚いた五右衛門風呂に入って就寝です。明日のために興奮を鎮めてしっかり体を休めましょうね。

RIMG0389.jpg RIMG0430.jpg
RIMG0421.jpg RIMG0411.jpg
RIMG0412.jpg RIMG0417.jpg
RIMG0406.jpg RIMG0395.jpg
RIMG0403.jpg RIMG0428.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 17:19| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

7/30-8/2 河童の夏休み最終日

とうとう河童の夏休み、最終日の朝です。朝ごはんづくり班さんは6時半に起床。今朝のメニューはホットドッグ、スープとバナナ。昨日の夜あんなに食べたのに夜のうちにこんなにお腹がすくのかと思うぐらい良く食べる参加者たち。さあ今日も最後まで目いっぱい元気に活動しようね!
朝食を食べた後は一旦荷物を整理して、施設の清掃。今度来たときも綺麗な校舎でキャンプができるように、サボらず!(笑)みんな頑張って片づけやモップがけ、トイレ掃除などをします。そして掃除が終わると、思い出クラフト。今回は「蜜蝋キャンドル」を作ります。日本ミツバチが蜜を集めるときにできる巣箱の中の巣材に含まれる蝋を抽出した大杉谷産蜜蝋を使います。やけどしないように気を付けて。一旦蝋を溶かし、木綿糸の周りに蝋をつけて太らせます。蜂蜜のいい香りが漂うろうそくが出来上がってきましたよ!安くで売っているろうそくはパラフィンを使っていますが、こちらのロウは化学物質無しの、大杉谷の蜂たちがつくった100%天然の蝋燭。みんなは出来上がった蝋燭を、どんなときに灯すのかなあ。想像するだけで心がじんわりあたたまります。どんな時に使ったのか、またその後も聞いてみたいですね。案外勿体なくて使えなかったり?
仕上がった蝋燭を忘れないように片づけたら、キャンプ最後のごはんがスタート。せせらぎ会さんが作って下さったチラシ寿司です。そしてラストは4日間をふりかえるスライドショー。盛りだくさんの体験で忘れそうになってしまいますが、胸の中に少しでも留めておいてほしいです。
このキャンプは初めての参加者や小さな1年生もいました。一人きりで参加した子もいます。でもどの子も本当に元気いっぱいで、初めてのお友だちとも仲良くなり、スタッフの言う事をしっかり聞き、自分たちのことは自分でやりきりました。スタッフはできるだけ子どもたちの力を信じて見守り、声掛けをしながら自分たちでやりきる子どもたちを見届け続けた4日間でした。子どもたちはとってもよく頑張りました。キャンプ通信を持って帰っていただきますので、お子様とご覧になりながら頑張った子どもたちの4日間の様子を聞いてあげてください。長いキャンプにご参加、本当にありがとうございました。次は、大杉谷の「冬のキャンプ」でお会いしましょう!

RIMG0205.jpg RIMG0207.jpg RIMG0206.jpg RIMG0210.jpg RIMG0209.jpg RIMG0211.jpg RIMG0213.jpg RIMG0218.jpg RIMG0221.jpg RIMG0219.jpg RIMG0228.jpg RIMG0232.jpg RIMG0233.jpg RIMG0234.jpg RIMG0236.jpg RIMG0237.jpg RIMG0238.jpg RIMG0240.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 13:22| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

7/30-8/2 河童の夏休み3日目

河童の夏休み3日目の朝です。今朝はサンドウィッチやスープを朝ごはんづくり班さんが作ってくれました。とってもよく食べるのですぐに用意した食事は完食!夏バテ知らずの食べっぷりです。さあ、今日は自然学校の下の川で遊びます。大きな飛込み岩が大人気で、子どもたちは飛ぶ飛ぶ!!谷に探検に出たり、滝修行にも行きました。こういう狭い谷を冒険するのは、山深い渓谷があるからこそ。みんなが泳ぐ川からほど近くのスポットにあることは偶然にして幸運といえます。体力がある子にはわくわくするプチシャワークライミングの体験です。そして、河原では仕掛けで魚をとるため「びんづけ」もしました。餌を仕込んだセル瓶を川に沈め、しばらく放置。かかったのは??オイカワやカワムツです。昼食はせせらぎ会さんが作ってくださいました。これもモリモリ食べましたね。そして午後からも思いっきり川泳ぎ。明日帰るのが名残惜しいので、今日は思い残すことなく川で泳ぎました。夕暮れ前から夕食作りを始めました。今夜のメニューは羽釜で作る豚丼、羽釜で炊く白ごはん、羽釜で作るお味噌汁、オクラのおかか和え、デザートは牛乳寒天。薪風呂の焚き付けも同時進行で、地元にお住いの大瀬さんに講師として教わりながら五右衛門風呂も焚きはじめました。
さあ、夕食がそろそろできあがったようです。とってもい香りがこの谷に漂っていますよ!明るいうちに出来上がったので、お日様が沈むまでに天然の灯りのもとで夕食をいただきます。
今夜は最後の夜。子どもたちが大好きな「暗闇かくれんぼ」をしますよ!最後の夜も大興奮の夜になりそうです!

RIMG0056.jpg RIMG9918.jpg
RIMG9904.jpg RIMG0124.jpg
RIMG0032.jpg RIMG0046.jpg
RIMG0009.jpg RIMG0019.jpg
RIMG0191.jpg RIMG0181.jpg
RIMG0175.jpg RIMG0180.jpg
RIMG0178.jpg P8013979.jpg
P8013986.jpg RIMG9928.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 17:48| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

7/30-8/2 河童の夏休み2日目

河童の夏休み2日目の朝は、昨夜決めた班の係り決めにしたがい、今日の朝ごはんづくり班さんが作ります。早めに目が覚めてしまった子は、まだ寝ている子の邪魔にならないよう、図書室で本を読んで朝食を待ちます。子どもたちは図書室が大好き。絵本や漫画や児童書が人気の中心ですが、図鑑に夢中になる子もいたり、大人が好む難しい小説を好む子もいてびっくりしたりもします。
さて、朝ごはんは活動の要。しっかり食べて、今日は桧原谷(きそはらだに)に出かけます。桧原谷の川は支流なのでいつも泳ぐ本流に比べ水温が少し冷たいのと、水質がとっても綺麗なこと、それから本流と違った生き物もみられることが特徴です。蒸し暑いけれどちょっと雲がかかる時間もあり、寒い〜!という子どももいましたが、お昼ご飯が運ばれてきてたっぷり夏野菜カレーをいただき、また川泳ぎをして十分遊んで自然学校に戻りました。鮎の掴み取りは本流のダム放流により濁りがでたため中止にして、鮎の串うちをしました。一人1匹、目から串を刺す体験です。命をいただくことはとっても辛いことですが、そうして私たちが生きつないでいることを実感する体験です。でも今、鮎が炭火で焼けるとてもいいにおいが漂っています。そうなると辛かった気持ちがだんだん「おいしそう!」になってきましたよ。今日は早めに出来上がりそうで、お天気もいいし、野外で夕食。ランプも照明も使わない、夕食です。豚汁やごはんは薪と羽釜で作ります。炭火でこんがり焼けた鮎はきっと感謝して残さず綺麗に食べる事でしょう。大事な体験です。
さて、夕食を食べ終わったら今日のナイトプログラムは「灯火採集」です。灯りに集まる昆虫たちを観察します。またこの頃は町の照明も明るくなりました。暗闇を感じる経験は今の子どもたちは少ないのでしょう。暗闇に入ると五感を働かせようとします。その感覚や勘はとても大切です。ドキドキわくわく、暗い屋外のスリリングな夜はもうすぐです!

RIMG9649.jpg RIMG9650.jpg
RIMG9651.jpg RIMG9654.jpg
RIMG9659.jpg RIMG9667.jpg
RIMG9673.jpg RIMG9679.jpg
RIMG9690.jpg RIMG9695.jpg
RIMG9701.jpg RIMG9705.jpg
RIMG9715.jpg RIMG9724.jpg
RIMG9728.jpg RIMG9729.jpg
RIMG9730.jpg RIMG9733.jpg
RIMG9734.jpg RIMG9741.jpg
RIMG9747.jpg RIMG9750.jpg
RIMG9752.jpg RIMG9757.jpg
RIMG9758.jpg RIMG9761.jpg
RIMG9765.jpg RIMG9773.jpg
RIMG9776.jpg RIMG9781.jpg
RIMG9793.jpg RIMG9794.jpg
RIMG9795.jpg RIMG9796.jpg
RIMG9797.jpg RIMG9798.jpg
RIMG9799.jpg RIMG9800.jpg
RIMG9801.jpg RIMG9802.jpg
RIMG9807.jpg RIMG9812.jpg
RIMG9815.jpg RIMG9821.jpg
RIMG9823.jpg RIMG9828.jpg
RIMG9836.jpg RIMG9845.jpg
RIMG9849.jpg RIMG9855.jpg
RIMG9875.jpg RIMG9869.jpg
RIMG9868.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 18:40| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

7/30-8/2 河童の夏休み1日目

今日から待ちに待ったわくわくキャンプ「河童の夏休み」が始まりました。子どもたちはスタート時から興奮度120%。到着すぐのお昼ごはんも超高速でおかずがどんどんなくなっていくハイペース。これだけ元気だと安心です。さて、今日は子どもたちが一番大好きな川泳ぎ。いつもはある程度泳いだらお風呂たきなど、夕餉の支度をしたりもしますが、今日はたっぷり川泳ぎをしました。今はこれまたモリモリ夕食を食べています。このあとは五右衛門風呂に入った後、ナイトプログラムを予定していますよ。4日間の係りを決めますが、クイズやゲーム方式で決めていきます。大興奮の夜になりそうです!
RIMG9576.jpg RIMG9577.jpg
RIMG9579.jpg RIMG9580.jpg
RIMG9581.jpg RIMG9583.jpg
RIMG9596.jpg RIMG9607.jpg
RIMG9620.jpg RIMG9623.jpg
RIMG9624.jpg RIMG9627.jpg
RIMG9635.jpg RIMG9636.jpg
RIMG9642.jpg RIMG9641.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 17:43| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

明日からいよいよわくわくキャンプ!

大杉谷自然学校の夏といえば、わくわく宮川体験キャンプ!。その中の1つ目「河童の夏休み」がいよいよ明日から始まります。今夜は早めに寝て、明日朝ごはんはしっかり食べて(この2つのポイントが、熱中症を防ぎます!)わくわくキャンプに備えましょう!楽しい4日間になりますように!
RIMG1980.JPG
posted by 大杉谷自然学校 at 09:00| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

6/24 大杉谷わくわくデイキャンプ

今日は大杉谷わくわくデイキャンプを開催しました。オリエンテーション・アイスブレーキングのあとお昼ごはんづくりをしました。羽釜で炊くごはんと豚丼のために薪くべをしたり、調理準備をしたり。そして朴の木団子づくりもしました。みんなで作ったお昼ごはんはすごく美味しくて、みんなでワイワイ食べるとさらに食がすすみました。デザートは焼きマシュマロ。残り火で炙って食べたトロリとしたマシュマロ、美味しかったね!食器拭きは自然学校でおなじみの環境学習のひとつ。食器を洗う水によって下水からつながる川を汚さないお話を聞き、新聞紙で綺麗にふき取り片づけをしました。
さて、午後は何をして楽しもうかな?今の時期は魚の動きも活発だし、河原で遊ぼうという事になりました。魚捕りや河原探検など自由に遊びました。暑すぎる事もなくちょうど良い梅雨の晴れ間の一日、自然の中で、作って食べて体を使って目いっぱい遊びました。
今回はキャンセル待ちが出て参加いただけない方もありましたが、次回は12月はまだ今なら参加枠もあります。是非お申込みをお待ちしています!

RIMG9160.jpg RIMG9164.jpg
RIMG9125.jpg RIMG9132.jpg
RIMG9137.jpg RIMG9138.jpg
RIMG9141.jpg RIMG9150.jpg
RIMG9148.jpg RIMG9152.jpg

RIMG9151.jpg RIMG9178.jpg
RIMG9177.jpg RIMG9153.jpg
RIMG9159.jpg RIMG9172.jpg
RIMG9170.jpg RIMG9163.jpg
RIMG9180.jpg RIMG9145.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 18:00| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

3/27-29 春の冒険わくわくキャンプ 最終日

IMG_9291.jpg
いよいよ楽しかった3日間のキャンプも今日が最終日。
あっという間に3日目です。7:30、子どもたちが起きてきました。寝袋たたみは力が必要な作業だけど、頑張って片づけます。洗面、着替えを済ませ、水筒洗いをし、お茶を入れ替えたら朝食のスタートです。メニューはソーセージ、スクランブルエッグ、ほうれんそうのおひたし、味噌汁、味付け海苔、りんご。
RIMG7921.jpg RIMG7927.jpg
食器を片づけたあと、朝のうちに各自荷物も整理してしまいます。この「整理」という作業(は脳の成長を促します)がしっかりできるようになったら忘れ物がぐっと減ります。頑張れ!
整理のあとは、施設の掃除。五右衛門風呂、体育館、教室、廊下。また来たときにやっぱり綺麗ほうが嬉しいよね。一生懸命掃除しましょう。
IMG_9238.jpg IMG_9241.jpg
そして、最後の活動は「鹿角キーホルダーづくり」。鹿が増える一方の大杉谷。鹿肉をいただく機会も増えました。「命をいただいた鹿の全部を慈しむ」という事の重要性にいつか気づいていただけたらいいな。(この事については、また、明日のこのブログである方の言葉を通じてメッセージをしたいと思っていますので、宜しければそちらも是非お読みください)
IMG_9249.jpg IMG_9250.jpg
IMG_9254.jpg IMG_9258.jpg
IMG_9260.jpg IMG_9268.jpg
IMG_9272.jpg IMG_9275.jpg
思い出クラフト「鹿角キーホルダー」が完成したあと、最後のごはん。昼食はせせらぎ会さんが作ってくださいました。チラシ寿司、お吸い物、デザートはみかんの寒天。とっても美味しくて、たくさん食べましたね。
IMG_9276.jpg IMG_9278.jpg
IMG_9279.jpg IMG_9285.jpg
ラストはふりかえりのスライドショー。楽しかった3日間を振り返ります。喧嘩して泣いたり、ごめんねと許しあったり、力を合わせて協力しあったり、何よりいっぱい笑った!本当に楽しかったね。
IMG_9283.jpg IMG_9306.jpg
IMG_9296.jpg IMG_9313.jpg
IMG_9316.jpg IMG_9317.jpg
IMG_9310.jpg IMG_9323.jpg
今回は6年生の参加が6人あり「大杉谷自然学校には卒業は無いで証書」の授与式と、記念品贈呈をしました。証書には一番最初に参加してくれた頃の写真を探して入れます。探す作業は時間がかかるのですが「あの時」「あの頃」を思い出しては私たちのほうが泣きそうになります。子どもたちの小さかった頃を思うと今の成長ぶりに感無量になり、その一方で私たちも子どもたちに成長する機会を与えてもらっている事を実感します。本当にありがとう。
中学になっても「頑張るあなたち」を大杉谷から応援しています。都合が着けばキャンプにも参加してください。そして高校生になったらミッキーやあきのように、スタッフとして帰って来て下さい。私たちはいつまでも貴方たちと成長していきたいと思っています。川での飛び込み、五右衛門風呂や羽釜の火つけ、鮎のつかみどりや串打ち、炭火焼、カートンドッグ、餅つき、民泊、探検、暗闇かくれんぼ、うりクイズ。。。。。貴方たちの心の目に残る大杉谷をいつまでも忘れないでくださいね。
IMG_9151-2.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 14:31| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

3/27-29 春の冒険わくわくキャンプ 2日目

DSC_0443.jpg IMG_9195.jpg
おはようございます。7時半、子どもたちの起床時間です。朝ごはんの準備をして講義室に集合。朝食メニューは白ご飯、キャベツとじゃこのごま油炒め、焼き厚揚げ、牛乳寒天と味付け海苔。しっかり食べたあと、各自食器を洗い、水筒を洗って新しいお茶に入れ替えました。
さて、今日午前中の活動は…
あそぶ!
この「自由」なかんじが嬉しすぎたのか、運動場で遊ぶ子どもたちの歓喜の声が大杉谷地域じゅうに響いているんじゃないかな。最高だったのはリレー。これは走る方も応援する方も白熱し、興奮度がピークに達しました。一旦お昼ご飯をはさみます。昼食はせせらぎ会さんが作ってくださったカレーとヨーグルトサラダ。モリモリたべたあと、今度は選択体験で「釣り」「薪割り・ポップコーンづくり」「山探検」に分かれてそれぞれ活動しました。釣りは川渡りが面白かったようでカワムツやウグイが釣れました。山探検は春の花「みつばつつじ、ひかげつつじ、たむしば」などが見れました。薪割りは少し薪割りをしたあとポップコーンづくりをしました。コーンの種の種類がいいのか凄くふっくら美味しく弾けたポップコーンが出来ました。川を渡る橋に使った板の撤去作業も子どもたちはスリリングで大喜び。子どもたちが考え一致団結しての撤去作業になりました。
校舎に戻ってきて、塩味とハチミツがけ2種類のポップコーンをいただきながら一休み。この間にスタッフは濡れた靴を乾かすのに大忙し。明日帰るまでに乾きますように。そして五右衛門風呂を焚きつつ、夕食を待ちます。今日の夕食はせせらぎ会さんが作ってくださった豪華夕食。ご飯、アマゴフライ、椎茸と大豆の五目煮、ミートボール、シメジの味噌汁、トマトとブロッコリーの付け合わせ。デザートは朴の木団子とオレンジ。みんな大喜びで頬張っていましたね。
さあ、今夜はキャンプ最後の夜。夜のお楽しみはもちろん大人気「暗闇かくれんぼ」。私たちは目が見える時は多くの情報を得る事ができます。もし、目が見えなかったらどうでしょう。真っ暗だったらどうでしょう。そういう環境に身を置く経験をしてみます。勿論施設は非常灯がついているので真っ暗というわけにはいきませんが、物音など耳の感覚を研ぎ澄ます事になります。本当に真っ暗なら手に触れるもので状況を把握しようとするでしょう。かくれんぼなので、隠れたお友だちを「気配」を頼りに探しながらドキドキハラハラ、見えない何かのメッセージを受け取る体験です。そして今回はもう一つ、スペシャルな夜のお楽しみを神様が用意してくれました。それは「夜桜」です。今年は少し桜の開花が早く、キャンプに合わせて満開になりました。ライトアップもして、すてきな夜桜見学をどうぞ!
たっぷり遊んだあとは順に五右衛門風呂に入って就寝です。そして明日はいよいよ最終日。どんな最終日になるかな。

IMG_9151-1.jpg IMG_9163.jpg
IMG_9164.jpg DSC_0450.jpg
IMG_9171.jpg IMG_9167.jpg
IMG_9174.jpg IMG_9178.jpg
P3283620.jpg IMG_9198.jpg
IMG_9201.jpg P3280014.jpg
IMG_9212.jpg P3280018.jpg
P3280020.jpg P3280025.jpg
P3280030.jpg P3280037.jpg
P3283620.jpg RIMG7839.jpg
RIMG7837.jpg RIMG7841.jpg
RIMG7835.jpg RIMG7833.jpg
RIMG7855.jpg RIMG7856.jpg
P3283622.jpg RIMG7858.jpg
RIMG7898.jpg RIMG7877.jpg
RIMG7882.jpg RIMG7887.jpg
RIMG7880.jpg RIMG7899.jpg
RIMG7906.jpg RIMG7905.jpg
RIMG7908.jpg RIMG7869.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 18:45| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする