2017年08月17日

わくわくキャンプ2日目

キャンプ2日目!朝、みんな元気に起床しました。
朝ごはんは手作りサンドイッチ。パンは地元の剣パンさんが1個1個手作りしてくれています。
具材はハム、キュウリ、チーズ、レタスの他、ニホンミツバチの蜂蜜。甘くておいしいと大好評でした。
朝ごはんの後は、川遊びへGO! 飛び込み、魚釣りの他、谷を上って氷のように冷たい滝壺で滝に打たれたりしました。
本当に冷たかったけど、楽しかったです。
最後は掃除をして、せせらぎ会さんの手作りカレーをお腹いっぱい食べました。
今年も楽しかったね!

おっと、今年はまだキャンプが残っていますヨ。
12月25日から27日までの「2泊3日冬も元気だ!!わくわくキャンプ」
夏と同じくらい楽しい内容です。
マタ、キャンプデアオウネ!( ;∀;)! byかおりん&ウリ








posted by 大杉谷自然学校 at 17:48| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

8/16-17 チャレンジわくわくキャンプ

チャレンジわくわくキャンプが始まりました。1泊2日の短いキャンプは5歳から参加が可能なキャンプで、初めての子どもたちも多いのですが、集合してお昼ご飯を食べる頃からみんなの距離がぐっと縮まり、大変賑やかな雰囲気になっています。
RIMG2604.jpg RIMG2603.jpg
RIMG2605.jpg
お昼ご飯はせせらぎ会さんが作ってくださった、ひじきの混ぜご飯、春雨サラダ、お味噌汁、お漬物、アマゴフライ、そしてデザートはマクワウリ。遠くからの参加者は朝ごはんが早かったのでおなかもペコペコ。何度もお代わりをしている子もいましたね。
お昼ご飯のあとは、川泳ぎ!とっても楽しみにしてましたが若干の雨。子どもたちはそんな事お構いなし。とにかく暑いし泳ぎたい!元気に川泳ぎをしました。川でいろいろ生き物も見つけましたよ!!川魚に詳しく大好きな参加者も居て、捕まえた生き物にも興味いっぱいでした。川泳ぎのあとは水着を脱水し、自分たちで干します。なんでも自分でやるキャンプ。子どもたちはそのひとつひとつを楽しんでやっているので、やっぱり子どもは「楽しむ天才」だと思います。
RIMG2618.jpg RIMG2617.jpg
RIMG2616.jpg RIMG2622.jpg
RIMG2619.jpg
川で目いっぱい楽しんだ後は、五右衛門風呂焚きと夕食づくり。普段はお風呂を自分で沸かしたり、夕食を自分で作ったりすることは少ないと思います。でも自然学校のキャンプでは、自分たちでマッチを擦り、杉の枯れ葉を燃やし、薪に火を焚きつける。これを羽釜での夕食づくりでも、また五右衛門風呂焚きでも行います。五右衛門風呂焚きを、地元講師の大瀬さんから教わりながら焚きます。雨が降って湿った窯に火をつけるのは根気が要りますが、みんな頑張ってお風呂を焚きつけてくれました。
RIMG2627.jpg RIMG2629.jpg
RIMG2631.jpg RIMG2633.jpg
夕食づくりのほうも、慣れない包丁づかいをスタッフに教わりながら材料を自分たちで切り、また羽釜に火をつけ薪を使って調理しました。出来上がった今夜の夕食は、羽釜で作る豚丼、羽釜で炊く白ご飯、羽釜で作るお味噌汁、キュウリサラダ、デザートにミカンレアチーズ。ちびっこだって、料理が上手にできましたよ!みんな、頑張ったかいがあって、とーーっても美味しくできました。
RIMG2637.jpg RIMG2636.jpg
RIMG2643.jpg RIMG2640.jpg
RIMG2647.jpg RIMG2649.jpg
RIMG2650.jpg RIMG2648.jpg
食べ終わったあとは、食器の片づけ。新聞を揉み、食器の汚れをふき取ったあと洗浄します。こうすることで汚水を減らし環境に負荷がかからない努力をする大切さを学んでもらいます。自分たちで食器を洗浄したあとは、夜のお楽しみです!
さて、今夜の夜のお楽しみは何かな??
みんなが苦労して焚きつけた五右衛門風呂にゆっくり入ったあとは、ぐっすりおやすみなさい!
posted by 大杉谷自然学校 at 18:48| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

8/2-4夏のわくわくキャンプ 最終目

さて、夏のわくわくキャンプ2泊3日最終日の朝です。
RIMG2494.jpg RIMG2496.jpg
朝食は自分たちで作りました。メニューは、カートンドッグ、スープ、デザートはバナナ。カートンドッグは、持ってきた牛乳パックを使って作る、子どもたちの大好きなソーセージドッグです。モリモリ食べたかな?
RIMG2497.jpg RIMG2498.jpg
RIMG2500.jpg RIMG2501.jpg
RIMG2504.jpg RIMG2505.jpg
そして、一旦ここで荷物を整理しまとめます。そのあとは3日間楽しんだ校舎を綺麗に掃除します。使った遊び道具も元あったように綺麗に整頓。
五右衛門風呂も自分たちでお掃除。次のキャンプの時にまたみんなが気持ちよく使えるようにします。

さあ、ラストの体験は、竹ようかんづくり。竹をようかんのケースサイズにカット。竹が動かないように友だちやスタッフと協力しながら、のこぎりを使ってサイズカットします。口で吸いだす切り口は、痛くないようにやすりをかけ、滑らかにします。
RIMG2508.jpg RIMG2512.jpg
容器づくりが終わったら、ようかん液を作ります。今回は練り小豆を使って簡単に作ります。寒天を煮溶かし、あんこと混ぜ合わせ、冷えるまでに竹筒に入れました。美味しいようかんができますように!
RIMG2516.jpg RIMG2517.jpg
RIMG2515.jpg RIMG2518.jpg
素敵なおやつが出来あがったところで、キャンプ最後のお昼ご飯が出来上がりました。せせらぎ会さんが作ってくださった、美味しいチラシ寿司とお吸い物です。大杉谷で、みんなとの食事、心残りないように沢山食べてくれました。
RIMG2522.jpg RIMG2521.jpg
さあ、最後は3日間を振り返るスライドショー。楽しかった一コマひとコマを思い出しながら活動を振り返ります。3日間はあっという間でした。子どもたちの中には「親からはなれてのキャンプは初めて」「学校から行くキャンプしか行ったことが無い」という参加者もありましたが、小さな1年生も含め、誰一人ホームシックになる事なく3日間元気に過ごしました。初日は「今日は僕のお母さんは、お昼ご飯一人で食べるんだ」と言う「僕がキャンプに行ったあとの家」を想像する優しい子も居ました。子どもたちはどんな小さい子も、自分で自分の荷物を持ち運びし、整理整頓し、準備し、片づけをしました。スタッフが手助けすると手早く終わる事も忍耐で見守り、自分たちでチャレンジする事を促し、やりきりました。
親御さんも子どもさんから離れての3日間は子どもさんの事が大変気になられたことと思います。互いに頑張り成長のあった3日間だった事でしょう。頑張りぬいた子どもたちを、ご家庭で誉めてあげてください。
また冬休み、春休みのキャンプでさらに大きくなった皆さんにお会いできることを楽しみにしています。
RIMG2336-2.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 14:12| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

8/2-4夏のわくわくキャンプ 2日目

おはようございます!今日はキャンプの2日目。昨日の夜に係決めをしたので、今日の朝ごはんづくり班さんが、6時半に起きて朝ごはんを作ってくれました。
RIMG2387.jpg RIMG2388.jpg
ほかの朝早起きした子どもたちは眠っている子たちの邪魔にならないよう、図書室で本を読んだりしながら過ごします。子どもたちは図書室が大好き。絵本や自然科学の本、ストーリーを吟味した絵本も幾つかあります。私たちもちょこちょこ様子を覗いては子どもたちがどんな本を好むのかリサーチしたりしています。
RIMG2393.jpg RIMG2394.jpg
RIMG2395.jpg RIMG2399.jpg
さて、そろそろ朝ごはんが出来上がりました。今日の朝ごはんは、肉そぼろ、お味噌汁、味付け海苔、トマト。モリモリ食べて、今日も元気に活動しよう!ちょっと雨模様だけど、みんなは川に入りたい!それなら川で泳ごうではないか!鮎のつかみどりもやるよ!子どもたちの気迫は凄い!鮎もどんどん掴んでいきます。
そして最高の7m岩からのジャンプもしましたよ!
RIMG2412.jpg RIMG2406.jpg
RIMG2407.jpg RIMG2403.jpg
RIMG2404.jpg RIMG2402.jpg
RIMG2428.jpg RIMG2416.jpg RIMG2431.jpg
RIMG2418.jpg
ん?そんな中、君は何を見つけたのかな?大きなことをする子もいれば、小さな素敵をみつける子も居てどちらも素晴らしい。
RIMG2422.jpg
RIMG2435.jpg RIMG2433.jpg
お昼ご飯のあとは、無垢の積み木で巨大アートに挑戦!…と思いきや意外に小ぢんまりしていたり(笑)最後は積み木アートで集合写真。写真が小さくてわからないかもしれませんが、一番奥に「H29.8.3(木)」という字が見えます。記念アートをありがとう!
RIMG2445.jpg RIMG2453.jpg
RIMG2442.jpg RIMG2444.jpg
RIMG2459.jpg
そして鮎の串打ち。午前中につかみ取りした鮎を一人1匹ずつ炭火で焼くため、串うちします。生きている鮎を殺生するのは子どもたちにとっては辛い事です。しかも「目から串を打ちます」と、初めから最も辛い打ち方をしますので、小さな子どもたちの胸は痛むのですが、土から抜かれる野菜、美味しく焼かれたお肉など、普段の食事も自分ではない誰かが殺生しているから、簡単に口に入る形になっているのです。鮎を串打ちする事で「命をいただく日常」に気づいて貰えたらと思っています。
RIMG2466.jpg RIMG2467.jpg
RIMG2468.jpg RIMG2469.jpg
夕方からはお風呂焚きと夕食づくり。昨日教わった大瀬さんに今日もお越し頂き、子どもたちは昨日より上手に、、と思ったけれど、今日は昨日よりも多い雨のため、火がつきにくかったのです。こういう日は根気が必要。教わった事を実践しながら頑張ってお風呂を焚きつけました。夕食づくりも薪を使って料理します。今夜の夕食は、羽釜で炊く白ご飯、羽釜で作る豚汁、キュウリとトマトのサラダ、炭火で焼いた鮎の塩焼き。塩焼きは内臓が生焼けにならないようお腹側をしっかり焼きます。
RIMG2472.jpg RIMG2474.jpg
RIMG2476.jpg RIMG2479.jpg
さあ、皆で力を合わせて作った夕食が完成です。あんなに辛かった串打ちの鮎も、いただく時は「美味しい!」とかぶりついています。どこの家庭でも魚離れが進んでいる今日ですが、生きる力を育むとき、一番身近にある生き物で命ながら得ていく方法として島国、山国日本では「魚食」が最も手近なたんぱく源だと思います。川魚や、近海の魚は個体が小さいために個人で調理が完結する事ができ、大型の動物の肉と比較しても手っ取り早く口に入ります。「捕る方法」と「いただく方法」を是非身に着けながら魚を味わう味覚を育てていけたらと思っています。
RIMG2482.jpg RIMG2483.jpg
RIMG2485.jpg RIMG2484.jpg
さあ、夕食が終わりました。食器を片づけたあと、今夜は最後の夜なのできっとみんなの大好きな、、、で大盛り上がりするんじゃないかな??さて、親御さん、何だと思います?ちょっとさわりの様子写真1つだけアップしますね。
RIMG2490.jpg
終わったら五右衛門風呂に入り、おやすみなさいですが、今夜は興奮して眠れないかな?それとも疲れてぐっすりだろうか??
posted by 大杉谷自然学校 at 19:24| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

8/2-4夏のわくわくキャンプ 1日目

今日から2泊3日のわくわくキャンプがスタートしました。子どもたちはお昼に大杉谷自然学校に到着。遠くからの参加者も多く、朝が早かった子どもたちはお腹がぺこぺこ。到着するとすぐに、せせらぎ会さんが作ってくださった昼食が始まりました。炊き込みご飯、お漬物、春雨サラダとすまし汁、ウリ。とてもおいしくて、何回もお替りする子もいましたね。
RIMG2278.jpg RIMG2281.jpg
お昼ご飯の後は、水着に着替え、準備体操をしたあとは、お待ちかねの川泳ぎ。
RIMG2293.jpg RIMG2294.jpg
RIMG2305.jpg RIMG2323.jpg
RIMG2308.jpg RIMG2296.jpg
早く大岩に行って飛び込みたい!と待ち遠しかった川あそび。すこし曇り空になってきましたが、蒸し暑いので子ども達は全然平気。それぞれ好みの高さの飛び込みスポットから次々飛び込んでいました。魚釣りもチャレンジ。オイカワ、カワムツなどが捕れました。
RIMG2342.jpg RIMG2347.jpg
夕方、川からあがったあとは、五右衛門風呂焚きを教わりました。講師は地元大杉谷にお住まいの、大瀬耕二さん。薪に火をつける方法を教わり、風呂の焚口で子ども達は実践しました。
RIMG2353.jpg RIMG2355.jpg
RIMG2366.jpg
空気の流れが火の加減に丁度合うと良い燃え方になりますね。お風呂の焚きつけが終わったところで夕食をいただきます。今夜の夕食はせせらぎ会さんが作ってくださった、大杉谷スペシャル。アマゴのフライと鹿肉入りハンバーグ、キャベツとワカメの酢の物、粉ふき芋、ニンジンのグラッセ、トマト、おみそ汁。豪華夕食に舌鼓を打ちました。
RIMG2367.jpg RIMG2368.jpg
RIMG2370.jpg RIMG2371.jpg
RIMG2373.jpg RIMG2372.jpg
夕食のあとは、係決めゲーム、そして館内肝試し。3日間、お風呂掃除、朝食づくり、食後の片づけなどいろいろ役割があるので班ごとの役割をゲームで決めました。そのあとの肝試しは、真っ暗の施設内をドキドキしながら歩きます。キャー!という賑やかな子ども達の声が響きました。
RIMG2384.jpg
さあ、明日も目いっぱい遊ぶメニューが目白押し。今夜は入浴後、ぐっすりおやすみなさい。
posted by 大杉谷自然学校 at 22:49| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

7/28-31河童の夏休み 最終日

おはようございます!とうとう河童の夏休み最終日の朝です。
朝食は、カートンドッグ、スープ、デザートはバナナです。カートンドッグは、パンにキャベツとウインナーをはさみ、牛乳パックを燃料に温めます。ケチャップをかけて、アツアツをいただきまーす!
DSCN7619.jpg DSCN7621.jpg
DSCN7620.jpg

DSCN7623.jpg DSCN7622.jpg
朝食後は食器を片づけたあと、すべての荷物の整理をしてまとめます。そのあと、4日間寝泊まりした施設を掃除します。次にやってくるのは冬休み。また来た時に綺麗な施設で寝泊まりできるよう、4日間の汚れを綺麗に掃除し、使ったものもお片付けしました。
DSCN7624.jpg DSCN7625.jpg
DSCN7626.jpg DSCN7628.jpg
P7310107.jpg
帰る前に、やっぱりもう1度泳ぎたい子どもたち。最後の別れを惜しむかのように、ラスト思いっきり泳ぎました。大好きな飛び込みも、心残りは無いかな?
7メートルの一番高い岩からの飛び込みは、とっても勇気が必要だったけれど、飛べた時の気持ちよさは最高!まるで鳥になったみたい!
DSCN7629.jpg DSCN7633.jpg
DSCN7635.jpg DSCN7640.jpg
DSCN7639.jpg DSCN7638.jpg
DSCN7642.jpg DSCN7645.jpg
DSCN7647.jpg DSCN7644.jpg
最後の食事はせせらぎ会さんが作ってくださったチラシ寿司、すまし汁、フルーツ寒天でした。子どもたちが大好きなせせらぎ会さんのお料理。心残りなく召し上がれ!
RIMG2270.jpg RIMG2272.jpg
RIMG2271.jpg RIMG2273.jpg
RIMG2267.jpg
最後にスライドショーを観て、4日間の楽しかったひとつひとつの思い出を振り返ります。
さあ、いよいよ帰る時間になりました。今年のわくわくキャンプの中では一番長い4日間のキャンプ、楽しかったね!小さい1年生も、スタッフが介助する程度で、みんな上級生を見様見真似で自分の事を自分でやりきりました。お家に着いたら「自分の生活の面倒を自分でみた4日間」を誉めてあげてください。次は季節は打って変わっての冬。みんなの成長した姿に会える事を楽しみにしています!

RIMG1960-2.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 14:15| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

7/28-31河童の夏休み 3日目

おはようございます。河童の夏休み、3日目の朝です。今朝は大台町一斉ラジオ体操の日。朝みんな早起きをしてラジオ体操会に出席しました。景品を貰ってみんな嬉しそう!
DSC_6844.jpg RIMG2149.jpg
RIMG2151.jpg RIMG2150.jpg
今朝の朝ごはんは、ハムとチーズのサンドウィッチ、野菜スープ、ヨーグルト。みんな揃っていただきまーす!
食器洗いと後片付けをしたあとは、大杉谷探検。今日はどんな川に行くのかな?先に着替えてから車に乗り込み、10分ほど先の「からすき谷」に行きました。
からすき谷は、ちょっと流れがあり、また大きな崖からの飛び込みもでき、いろんな形の岩場もありなかなかアスレチックモードな川で、何度も来ている子どもたちも大好きな川泳ぎスポット。早速あちこちの岩場から飛び込みが始まりましたよ!
RIMG2183.jpg RIMG2208.jpg
RIMG2194.jpg RIMG2187.jpg
RIMG2200.jpg RIMG2169.jpg
RIMG2174.jpg RIMG2175.jpg
RIMG2181.jpg RIMG2180.jpg
お昼ご飯はせせらぎ会さんが作ってくださった竹皮包みのお弁当。おいしーい!
RIMG2249.jpg RIMG2254.jpg
RIMG2256.jpg RIMG2211.jpg
RIMG2229.jpg RIMG2222.jpg
RIMG2238.jpg RIMG2243.jpg
RIMG2245.jpg RIMG2248.jpg
お昼からも川で目いっぱい遊び、夕方になる前に自然学校に戻りました。水着を脱水して干したあと、五右衛門風呂焚き、ご飯づくり。
P7302984.jpg

RIMG2259.jpg RIMG2258.jpg
今夜の夕食は羽釜で作る豚丼、羽釜で炊く白ご飯、オクラ鰹、お味噌汁とデザートは牛乳寒天。あれだけ川で遊ぶとさすがにお腹ペコペコです。豚肉たっぷり食べて疲労回復してください!
RIMG2265.jpg RIMG2266.jpg
夕食の後片付けをしたら、食器をふき取り洗って後片付け。

今夜のお楽しみは、「くせもの」という暗闇ゲームで盛り上がりました。
DSC_6848.jpg DSC_6851.jpg
その後で、班ごとにキャンプの振り返りをしました。
楽しかったこと、頑張ったこと…3日間でいろんなことがあったね。
DSC_6855.jpg DSC_6854.jpg
さて、寝る準備をしたら五右衛門風呂に順に入り、今夜はおやすみなさい。さあ、明日はいよいよラストの日だよ!
posted by 大杉谷自然学校 at 19:43| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

7/28-31河童の夏休み 2日目

おはようございます!河童の夏休み2日目の朝です。昨日班分けして係決めをしたとおり、今日の朝ごはんづくり班さんが6時半に起きて朝からご飯づくりをしてくれました。(その他の係りさんは、直食片付け、お風呂掃除や夕食の片づけなどの役割があります)朝食メニューは棒棒鶏サラダ、おみそ汁、ご飯と味付け海苔、オレンジ。スタッフ指導のもと手早く作り、みんな揃っていただきまーす!
RIMG2058.jpg RIMG2062.jpg
RIMG2066.jpg RIMG2080.jpg
ご飯のあとは、いつも新聞紙でお皿の汚れをふき取ってからそれぞれが自分で食器を洗います。新聞紙でのふき取り片も方法があって、水資源が豊かな大杉谷がいつまでも良い環境で過ごせるよう、汚水を減らすお話を聞いた後、子どもたちは綺麗にふき取り作業をするようになりました。とっても素直でいい子たちです。
今日は午後からお天気が崩れる予報になっているので午前と午後のスケジュールを組み替え、お天気の良いうちに川泳ぎをする事にしました。
RIMG2083.jpg RIMG2094.jpg
RIMG2095.jpg RIMG2099.jpg
RIMG2100.jpg RIMG2102.jpg
RIMG2103.jpg
川石でストーンペイントをしたり、釣竿で釣りをしたり。鮎のつかみどりもしましたよ!子ども達の「捕ったぞー!」写真、ご覧ください!
RIMG2111.jpg RIMG2107.jpg
RIMG2105.jpg RIMG2106.jpg
RIMG2108.jpg RIMG2110.jpg
RIMG2109.jpg
川泳ぎのあとは、水着を洗濯機で脱水して干したあと、体育館で竹の水鉄砲づくりをしました。のこぎりで竹を切る作業などは声掛けして協力しあいながらの作業です。手も身体も心も使ってそれぞれの水鉄砲が完成しました。
RIMG2116.jpg RIMG2114.jpg
夕方からは夕食作り、そしてつかみ取りした鮎を串打ちしました。「目から串をうちま〜す」と串の打ち方を教わり、それぞれ1匹ずつ自分で打ちますが、目から腹、腹から尾と浪打ち刺しするのは子ども達にとっては辛いこと。「命をいただくって、大変な事なんだよ、感謝していただこうね」という言葉が体験によって子ども達の「いただく」体験で本物になるのです。ガンバレ!
RIMG2117.jpg RIMG2119.jpg
RIMG2121.jpg
お風呂焚き、ご飯づくり、鮎の塩焼きの炭火準備など、分担してすすめていきます。こうして仕上がった夕食のメニューは、羽釜で炊く白ご飯、羽釜で作る豚汁、鮎塩焼き、キュウリ塩こぶ、デザートは蜜柑レアチーズクッキー。炭火や薪を使って完全に自然エネルギーの自炊は、普段の生活にない体験で、面白くて子ども達も大好きです。
RIMG2122.jpg RIMG2123.jpg
RIMG2124.jpg RIMG2126.jpg
RIMG2127.jpg
そしてお風呂焚きのときに講師の大瀬さんからお聞きしたお話も素敵でしたね。今日の風呂窯は、雨で湿っていて火がまわるのに苦労しました。「田舎の暮らしというのは毎日同じ事をしていても日々違いがあるんだ。町で暮らしていると”いつもと違う”事が起こるととてもイライラする人が多いように思うが、田舎で暮らしていると全て日々違うため、柔軟に辛抱強く対応しなくてはならない」対応できる力を身に着ける事の大切さを教わったように思います。素敵なお話でしたね。
P7292979.jpg P7292971.jpg
さあ、いよいよ夕食をいただきまーす!今日もまたたっぷり遊んだので夕食の食べっぷりもなかなかのものでした。夕食後食器を片づけたあとは夜のお楽しみ、みんなの大好きな「暗闇かくれんぼ」。そして順に五右衛門風呂に入り、今夜はおやすみなさい!

今日皆の元気そうな姿を覗きにやってきてくれたのは、クワガタです。しばらくみんなで観察したあと、逃がしてあげましょうね。
RIMG2065.jpg

posted by 大杉谷自然学校 at 20:06| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

7/28-31河童の夏休み 1日目

夏休みの人気キャンプのひとつ、河童の夏休みが始まりました。子どもたちはお昼に大杉谷に到着。「早く川に入りたい!」「今すぐ泳ぎたい」「早く飛び込み岩にいきたい!」もう子どもたちは「一刻も早く川へ!」という余りある勢いが伝わってきます。でもその前に、お昼ご飯ですよ!
RIMG1925.jpg
せせらぎ会さんが作ってくださる昼食が楽しみな子どもも沢山います。今日のメニューは夏野菜と鶏のそぼろあんスープ、ひじきご飯、デザートはリンゴ。朝早く起きてやってきた子たちも居るのでモリモリ食べていましたね。
そのあとお待ちかねの川。リーダースタッフと活動班分け紹介のあと川に降りました。
RIMG1928.jpg RIMG1931.jpg
一目散に川に向かう子どもたち。ジャンプ、ジャンプの連続。「4日間毎日川泳ぎがいい!!」と言い切る子どもたち。本当に川泳ぎが好きですね!
RIMG1941.jpg RIMG1945.jpg
RIMG1973.jpg RIMG1975.jpg
RIMG1971.jpg RIMG1970.jpg
RIMG1968.jpg RIMG1963.jpg
RIMG1984.jpg RIMG1980.jpg
川には色んな魚が居て、捕ってみました。名前はオイカワやカワムツなど、魚の種類をまさが教えてくれました。
RIMG1994.jpg RIMG1996.jpg
RIMG1987.jpg
それからヤマカガシもみつけたよ!この蛇は毒があるから、爬虫類研究家のスタッフ「おいも」しか触る事はできないけど、捕まえてどんな猛毒を持っているのか詳しく説明してくれました。みんなは見つけたら静かに離れてくださいね、と教えてくれました。姿形をよく覚えておいてくださいね。
RIMG1981.jpg RIMG1982.jpg
さて、夕方、雨がざっと降る直前に川からあがりました。雨はすぐやみ、お風呂焚きにチャレンジします。五右衛門風呂で、薪割りや焚き付けを教えてくださるのは地元大杉谷にお住まいの大瀬耕二さん。キャンプに何度も参加した事がある子どもたちは少しずつ薪割りも上達していますよ!初めてチャレンジしてみる子どもたちも、スパン!と割れたら気持ちよくて何度もやりたくなります。
RIMG2001.jpg RIMG2007.jpg
RIMG2003.jpg RIMG2009.jpg
RIMG2005.jpg
さて、お風呂の焚き付けが終わったら今夜はせせらぎ会さんが作ってくださった鹿肉カツをメインにした豪華な大杉谷スペシャルメニューの夕食です。泳いで薪割りしてお腹ペコペコな子どもたちの食べっぷりも最高でした。
RIMG2012.jpg RIMG2014.jpg
RIMG2015.jpg RIMG2019.jpg
RIMG2020.jpg
夕食後は明日から自炊が始まる事もあり、調理や掃除、片付けなど、班ごとの役割ローテーションを決めました。コミュニケーションをはかりながら、物事を決めていく事もまた子どもたちには必要なスキルです。思ったことを発言しながら最終日までの役割が決まったところで、みんなで沸かした五右衛門風呂に順番に入浴をして今夜はおやすみなさい!明日も川が待っているぜ!
RIMG1923.jpg
そうそう、お昼ごろ、あまりに楽しそうなみんなの声をききつけて、「シジュウカラ」さんも覗きにきてくれたんだった!シジュウカラさん、来てくれてありがとう。また来てね。
posted by 大杉谷自然学校 at 22:09| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

3/28-30 春の冒険わくわくキャンプ・3日目(最終日)

春のわくわくキャンプ、最終日の朝です。民泊先では楽しい夜を過ごせたかな?
1.jpg
それぞれのお宅で自分の家との違いなどを感じて新鮮だったかもしれませんね。朝起きたら布団を畳み、荷造りをした後朝食づくりをしました。ごはん、お味噌汁やおかずを民泊先のおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に作り、ごはんのあとは、お世話になったお宅をお掃除しました。ほうきや掃除機をお借りして、きれいに掃除したあとお礼を伝え、楽しかった民泊先をあとにしました。

そして自然学校に帰ってきてからは、お世話になった校舎を大掃除しました。
2.jpg P3300093.jpg
掃除の後は、思い出クラフト!今回は木のキーホルダーづくり。
P3302704.jpg P3302708.jpg
P3302710.jpg P3302712.jpg
P3302715.jpg P3302714.jpg
木をサンドペーパーで削り、紐を通します。ユニークでとっても可愛いオリジナルの「木ぃホルダー」ができましたね!

キャンプでのラストの食事は、せせらぎ会さんが作ってくださった、ちらし寿司、お吸い物とバナナ。美味しかったね!

ごはんの後は、この3日間をふりかえるスライドショー。楽しかったひとつひとつの体験を思い出しながら、面白ショットでは大爆笑。今回初参加で最初は不安だった子もあっという間に馴染みましたね。
P3300090 (2).jpg P3300095 (2).jpg
今回はこの春小学校を卒業する6年生のこうき君に「大杉谷自然学校に卒業はないで証書」と記念品を贈呈。
中学校になってもぜひまた自然学校のキャンプで会えたらうれしいです。そして、高校生になったら是非、ボランティアスタッフとして帰って来て下さい。

とても楽しかった2泊3日の春の冒険わくわくキャンプはこうして目いっぱい冒険を楽しんでお開きとなりました。また来年度も大杉谷自然学校のキャンプで皆さんと会える日を楽しみにしています。皆さんお疲れさまでした!
DSC00701-2.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 15:01| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

3/28-30 春の冒険わくわくキャンプ・2日目

おはようございます!キャンプ二日目の朝です。朝ごはんのメニューはキャベツと雑魚の和え物、スープと厚揚げ豆腐、白ご飯。
DSC00795.jpg DSC00796.jpg
食べた後は昨日の「しかけ」の結果を見に行きました。すると!!どのトラップも、餌は動物たちに完食され、白い紙には動物たちの足跡が!大成功です。紙についた足跡だけでははっきり断言できないけど、子どもたちからは「たぬきじゃない?」という声も聞かれました。餌を食べてトラップの上に糞をしていった動物も居ました!糞を見て大感激する子どもたち(笑)子どもたちは素直で素敵だ〜。
DSC00788.jpg DSCN7606.jpg
DSCN7607.jpg DSCN7611.jpg
DSCN7609.jpg DSCN7608.jpg
DSCN7610.jpg DSCN7612.jpg
痕跡を見たあとは布団をたたみました。最近はベッドで寝起きする子も増えてきているので、日々布団を畳む週間もなくなってきているのかもしれませんね。布団の畳み方をスタッフから教わり、所定の場所に整理。
DSCN7613.jpg DSC00793.jpg
そして山登りに出かける準備をしたら、池坂峠方面に移動しました。峠の登山では池の谷で「ヤマアカガエル」が見れました。
P3290104.jpg DSC00802.jpg
他にも山登りの途中で、キノコやコケ、動物が木の皮を剥いだあとや爪のとぎあとなども見れました。
DSCN7645.jpg DSCN7657.jpg
DSCN7641.jpg DSCN7654.jpg
DSCN7635.jpg DSCN7639.jpg
DSCN7631.jpg DSCN7628.jpg
DSCN7633.jpg DSCN7665.jpg
P3292666.jpg
峠は結構きつかったのですが、紀伊長島の海が眺められるところまで登ったとき、みんなのホッとした顔が見られました。お昼ご飯は、みんなが朝、リュックに詰めてきた、せせらぎ会さんが作ってくださった「竹皮弁当」です。「山頂はまだーー??」の連発だったみんなが、頑張って上った後のお弁当は美味しかったよねーー!このお弁当もみんなが朝出発するまでに一人ひとりがリュックに入れて持っていけるように、まだ暗い早朝から作ってくださったお弁当です。心がこもって美味しいのは当たり前ですよね。
P3292654.jpg DSCN7661.jpg
P3292648.jpg P3292647.jpg
美味しいお弁当のあとは、こうき君がみんなのために持ってきてくれた「マシュマロ」を焼いておやつにいただきました。汗をかいたあとの甘〜いおやつはとっても美味しかったね!!さて下山です。登山は下りが勝負。登りが辛いと思いがちですが、一番体力と歩行技術が必要なのは下山です。みんなの頑張りのおかげで怪我もなく安全にみんなで下山できました。
P3292676.jpg P3292620.jpg
DSCN7668.jpg P3292636.jpg
P3292638.jpg P3292644.jpg
P3292684.jpg P3292678.jpg
P3292618.jpg P3292622.jpg
DSCN7691.jpg P3292656.jpg
自然学校に戻ってきたら待っていたのは、自然学校スタッフの「いけなぁ」。産休中だけどみんなに会いたい!と、1歳前のこうや君と一緒にみんなの帰りを待っててくれました。4月半ばには休みあけ、自然学校のスタッフとして戻ってくるのでみんな楽しみだね!
このあと、お楽しみの民泊に出かけました。今回は大杉谷地区の4つのお宅にそれぞれ分かれてお泊りさせていただきます。民泊先ではお風呂に入ったり、夕食をいただいたりしておじいちゃんおばあちゃんと過ごしながら可愛がってもらえるので、子どもたちは心待ちにしていました。自分の家庭のルールでもない、自然学校のキャンプのルールでもない、民泊先で「その家の方法」を教わり、その場その場での順応性を身に着けてもらいたいと思います。でも何より、目いっぱい可愛がってもらいなさい!お世話になるっていうのはとっても素敵な事だから。
それぞれお世話になっている民泊先での記念撮影で今夜のブログはおやすみなさい。明日は最終日です!
DSC00798.jpg DSC00799.jpg
P3290112.jpg P3290115.jpg
DSCN7676.jpg DSCN7677.jpg
P3292694.jpg P3292690.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 19:39| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

3/28-30 春の冒険わくわくキャンプ・1日目

今日から始まりました、春のわくわくキャンプ!子どもたちは春休みのお楽しみにキャンプに来てくれる「おかえりー」という感覚の参加者も多いこのキャンプ。前回夏や冬のキャンプが初参加だった子も、今回はもう慣れっこさんの様子で参加して来てくれました。到着したらすぐにせせらぎ会さんのお昼ご飯でスタート。青菜とえのきの和え物や豚汁、そして最高においしいアマゴの塩焼きと、オレンジ。美味しくてみんな、モリモリ食べていましたね。
お昼ご飯をたべたあと暫く休憩し、体育館でアイスブレーキングの鬼ごっこをしたあとは、地域を探検しました。
DSC00631.jpg DSC00615.jpg
DSC00625.jpg DSC00612.jpg
DSC00599.jpg DSC00645.jpg
DSC00604.jpg DSC00644.jpg
DSC00639.jpg DSC00638.jpg
久豆という集落に大杉谷自然学校はあります。その久豆区を歩いたり、川のほとりを歩いたり。いろいろな「春」を自然の中から見つけました。
DSC00668.jpg DSC00665.jpg
DSC00673.jpg DSC00657.jpg
DSC00706.jpg DSC00652.jpg
DSC00704.jpg DSC00648.jpg
DSC00689.jpg
帰ってきたあとは、グループに分かれて夕食づくりやお風呂焚き。どちらも薪をつかって火をおこします。身近なエネルギー資源を使って生活をするのがキャンプの基本です。さあうまく火がつくかな?美味しい夕食ができるかな?あったかいお風呂が焚けるかな?
CIMG5462.jpg DSC00589.jpg
今日の夕食は羽釜で炊いた鶏肉のポトフ、ブロッコリーとちくわのおかか和え、黄粉団子、羽釜で炊いた白ご飯。みんなで力を合わせて作った夕食は美味しかったね!
DSC00592.jpg DSC00597.jpg
DSC00716.jpg DSC00713.jpg
DSC00726.jpg DSC00724.jpg
夕食のあとは、夜のお楽しみ、ナイトプログラム。今、ちょうどその真っただ中です。凄く興奮した子どもたちの声が暗闇の谷合に響き渡っていますよ!子どもたちは動物が来る「餌のしかけ」にチャレンジしています。動物はどんなものが好きかな?おびき寄せられそうな、場所に肉片や魚をトラップに設置。どんな生き物がやってくるのかワクワク!明日をお楽しみに。
DSC00776.jpg DSC00740.jpg
DSC00755.jpg DSC00783.jpg
外から帰ってきたら、みんなの大好きな「暗闇かくれんぼ」をしました。真っ暗の校舎に「キャー!!!」叫び声があがり大興奮。終わったらぽっかぽかの五右衛門風呂に入って今夜はおやすみなさい!
おっと、君たち!子どもたちだけで寝るのが嬉しいのはよく分かるけど、興奮してないで早く寝なさい!!明日はまた楽しい一日が待っていますよ!
DSCN7603.jpg DSCN7604.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 19:16| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

12/25-27 冬も元気だ!わくわくキャンプ3日目(最終日)

おはようございます。わくわくキャンプ最終日の朝です。眠いけど、遊びたい、遊びたいから寝てたらもったいないけど眠い、でも起きる! 朝起きたら寝袋を片づけます。使った毛布やラバーマットも片づけ、床に敷き詰めたミニ畳も運びます。
朝ごはんづくり班さんは朝食づくりスタート。メニューはホウレンソウのおひたし、ハム、お味噌汁、ごはん。7時半、朝食をみんなで揃っていただきまーす!
DSCN7225.jpg DSCN7224.jpg
食事後は、講義室の片づけ班さんは力を合わせて鍋を片付けたり、テーブルを拭いたりしてくれました。食器を片づけ、ラストの体験「御餅つき」に必要な荷物をリュックに準備したら、ほかの荷物は一旦まとめます。
DSCN7230.jpg DSCN7242.jpg
DSCN7234.jpg DSCN7252.jpg
もち米を蒸すために羽釜の熱湯を沸かします。ここでも昨日のみんなが割った薪が使われますよ。もち米が蒸しあがるまでの間に3日間使った校舎内の掃除をします。また今度、春休みに来た時に気持ちよく使えるように綺麗にします。お米が蒸し上がるまでに掃除を終えなければなりません。手際よく頑張れ!
DSCN7246.jpg DSCN7248.jpg
校舎内が綺麗になったあと、御餅つきが始まりました。子どもたちも御餅つきにチャレンジ。重い杵を扱うのは難しいのですが、何でも経験。美味しいお餅は子どもたちも大好きだから「美味しくなあれ!」と願いを込めてお餅をつきます。
DSCN7261.jpg DSCN7265.jpg
PC272056.jpg DSCN7291.jpg
講師のせせらぎ会さんにちぎってもらい、丸めてきな粉にまぶしました!これがみんなのお昼ご飯だよ!持って帰るお土産にもなるんだよ!
DSCN7270.jpg DSCN7266.jpg
DSCN7282.jpg DSCN7290.jpg
ようやくお餅が完成。今回は4升分のお餅です。お昼ご飯はせせらぎ会さんの味ご飯、お雑煮(モチろん、みんなでついた餅入り!)、高野豆腐、紅白なます、りんご、たくわんです。つきたてのお餅は何よりのご馳走ですね。子どもたちも美味しくて大喜びでいただきました。
DSCN7296.jpg DSCN7293.jpg
最後はスライドショーを見ながら楽しかった3日間を振り返ります。あっという間に終わってしまったけど、次は春休みのキャンプに来てください。少し暖かくなった春の大杉谷で、皆さんを待っています!
PC261957-2.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 14:07| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

12/25-27 冬も元気だ!わくわくキャンプ2日目

おっはようございます!寝袋から起きだして、朝ごはんづくり班さんは朝食づくりにレッツゴー。ほかのみんなは一旦寝袋を片づけたら図書室で本を読んだり展示楽器で遊んだりしながら待ちます。朝食のメニューはごはん、葉水菜と油揚げ、椎茸の煮びたし。豆腐の味噌汁、白菜の漬物と白いご飯。朝ごはんづくり班さん、ご苦労様!いただきまーす!
PC261942.jpg PC261944.jpg
今朝はじめの活動は、明日の御餅つきの準備です。木の重たい臼はあらかじめ水を張って餅ばなれが良いように前したくが必要です。御餅つきする場所に運ぶのも力を合わせて気を付けながら移動し、もち米も洗米しておきます。杵も綺麗に洗い餅つきの準備が終わったら、薪割りをしました。昨日も今日も料理や五右衛門風呂焚きに薪を沢山使っているので割って足しておきます。何回もキャンプに来ている参加者は徐々に薪割りが上手になってきていますね。
PC261951.jpg PC261954.jpg
そのあとは探検に出かけました。のんびりコースとハードコースに分かれました。河原でのんびりするグループ、奥地に入りハードに斜面を登るグループそれぞれの活動になりました。子どもたち、とっても小さく写っていますがわかりますか?
PC260084.jpg PC260090.jpg
PC260094.jpg PC261959.jpg
冬のキャンプの風物詩は「濡れもの干し」。結構服やら靴やら濡れて帰ってきました。事務所で今もずらりと濡れ物が干されています。昼食はせせらぎ会さんが作ってくださったカレー、水菜とリンゴと大根のサラダ、手作り福神漬け。モリモリ食べて完食です。
午後からは焼き芋の準備。落ち葉をかき集め、セット。どうしたらよく燃えるかなー。自分なりに考えてセットしてみる事は楽しいし、良い経験になりますね。
PC260087 (2).jpg PC260086 (2).jpg
PC261967.jpg PC261977.jpg
どんどん煙があがり、若干(だいぶ・笑)くすぶりまして、周辺一帯見渡す限り真っ白な世界になりましたが、面白かったですね。真っ白な中でブランコをする子もいるし(笑)。仕上がった焼き芋は意外にというか、めっちゃ美味しくできました。とても甘かったのですが、バターをつけて食べる参加者もありスイートポテト風のリッチな焼き芋になりました。
PC261984.jpg PC261983.jpg
焼き芋のおやつをいただいたあと、五右衛門風呂の焚き付け、石臼で黄な粉づくり、それから羽子板あそびに分かれてチャレンジしたい事をやってみました。五右衛門風呂焚きはみんなが割ってくれた薪を使ってお風呂を焚きます。
PC260090 (3).jpg PC260097 (3).jpg
現在は野原で火遊びもしないため、子どもたちが火を扱う経験は殆ど無くなっています。扱えないと「怖いもの」という認識に偏ってしまいます。自然学校では食事の煮炊き、おやつ作り、風呂焚きに薪や炭を使い、自分で火を扱う経験を多く取り入れています。火をおこし火を消すという経験により「火を扱える」人になってほしいと思います。
石臼での黄な粉は、実は売り物の黄な粉よりもずっと香ばしくてまた甘味もあり「違いが分かる」子どもたちを育てるのにはとても良い体験です。電気をつかわず、熱を加えず挽かれた大豆は明日、これまた「みんなの力でつき上げたお餅」のわき役として大きな役割を果たしてくれるはずです。
PC261985.jpg PC261990.jpg
そして、羽子板遊び。板の幅は狭いし、羽は跳ねないし(親父駄洒落ではありません)、テニスやバドミントンで慣れている子どもたちにとっては「ナニコレ」の世界かもしれませんが、羽根つきはお正月遊びの定番でした。現代っ子にはちょっと難しいためラリーが続かず楽しむには熟練が必要ですが、子どもたちはある意味この斬新な遊びも楽しんでくれます。子どもの力は凄い!
さあ、そして夕刻。お待ちかねの夕食です。せせらぎ会さんが作ってくださった今夜のメニューは、子どもたちに大人気の鹿肉フライ、これまた大人気のナポリタンスパゲティ、色とりどりの生野菜や温野菜、白菜のあっさりサラダ、田づくり、豆腐のお味噌汁とごはん、デザートはフルーツ寒天とイチゴ&キウイ。豪華食事に子どもたちも大興奮。鹿肉を20切れ近く食べたモリモリっ子も居ましたよ!
PC261991.jpg PC261993.jpg
PC261995.jpg PC261999.jpg
PC261998.jpg
夕食が終わったら食器を洗って休憩したあと、子どもたちが大好きな「暗闇かくれんぼ」。今は真っ最中で、子どもたちの元気な声が真っ暗な校舎の中に響き渡っています。
PC262018.jpg
ああ、とうとう明日でみんな帰っちゃうのかーーー。寂しいな。みんな帰らずに大杉谷で暮らしてくれないかなーーー。



posted by 大杉谷自然学校 at 20:07| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

12/25-27 冬も元気だ!わくわくキャンプ1日目

冬休みといえば!大杉谷自然学校のわくわくキャンプです。今日はその初日。興奮気味の元気な子どもたちがお昼に大杉谷に到着しました。これから楽しい3日間のキャンプが始まりましたよ!
まず初めにオリエンテーションをしたあと、お昼ご飯をいただきました。今日のお昼ご飯はせせらぎ会さんが作ってくださった、チキンピラフとかき玉里芋スープ。初日は食がすすまない参加者が多い中、今日は初っ端から完食です。
お昼ご飯のあとは、班分けをしました。食事や寝るときは好きなお友だちと一緒でいいのですが、活動するときは誰とでも仲良くなって新しい仲間と目標達成を目指す力をつけられるよう、班決めをしています。班が決まったあとは、河原に探検。河原にある「バラ輝石(きせき)」というマンガン鉱石を見つけました。
PC251864.jpg DSCN7106.jpg
DSCN7104.jpg DSCN7105.jpg
どこにでもある石ではなく、表面は真っ黒なのに割るととてもきれいなピンク色の模様が入っているものがあります。自分で見つけた素敵な宝石を今回はお土産にお持ち帰り予定です。
PC261949.jpg PC261946.jpg
河原探検のあとはクリスマスケーキ用のバウムクーヘン作りをしました。炭火をおこし、竹筒バウムクーヘンを焼きます。
PC251879.jpg PC251898.jpg
生地づくり、炭火おこし、生地焼きと、いろいろ役割があります。生地焼きは何度もケーキの生地を竹筒に垂らし、生地が偏らないよう、生地がまんべんなく焼きあがるよう二人一組になって手回ししながら何層にも焼き上げる、根気のいる作業です。
PC251903.jpg PC251891.jpg
DSCN7122.jpg DSCN7118.jpg
DSCN7115.jpg DSCN7113.jpg
PC251912.jpg
二人の呼吸も合わないと偏ったり部分的に焦げたりするのでチームワークも必要です。みんな美味しいケーキが焼きあがるように頑張っていました。綺麗な年輪になりましたね!夕食のケーキタイムが待ち遠しい!
そして今夜の夕食づくりへと活動が続きます。夕食メニューはチキンクリームシチュー、羽釜で炊いたご飯、シーチキンサラダ。材料を切ったり、羽釜の薪をおこしたり、煮炊きをしたり、五右衛門風呂の焚き付けも同時進行します。この頃は日が暮れるのが早くなり、星が見え始めたころ、夕食が完成しました。クリスマスディナーは一瞬で完食、ケーキの生クリームの「増量!」リクエストが連発でした。最後は「自分で絞り出し」生クリームに子どもたちは群がりました。
PC251921.jpg DSC_0593.jpg
夕食の食器は自分で洗います。終わった後はクリスマスのお楽しみ会。しっかり防寒をして外にでたあと、星空を見たりナウシカの足跡を追ったり、糞クイズに答えたりして、最後はプレゼントを「サンタクロース」からいただきました。
PC251925.jpg PC251930.jpg
PC251931.jpg
どこかで見た事のあるサンタクロースは、事務所の中で衣装替えをしながら「本物を超える胴回り!」と爆笑を誘っていましたよ!
IMG_5944.jpg
五右衛門風呂に順番に入浴したら、今夜はゆっくりおやすみなさい。(子どもたちがあのサンタさんの悪夢を見ませんように・笑)
posted by 大杉谷自然学校 at 20:47| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

8/20-21チャレンジわくわくキャンプ(2日目・最終日)

おはようございます!7時に起床ですが、早起きさんのために図書室も開放して本読みをする子もいたりします。
DSCN5332.jpg DSCN5335.jpg
朝起きたらまず、水筒を長柄スポンジで洗ってお茶を入れ替えます。家ではなかなかしない身の回りのことをちびっこも自分で必ずやります。難しいところもスタッフの見守りの中、できるようになっていきますし「できる」という自信につながるので、小さい頃は少々下手でも「できる」自信で何度もするうちに上達していきます。下手でも「自分でやる」事って大事だなと思います。
寝ていた場所も片づけ、身支度をしたあとは朝食です。
DSCN5338.jpg DSCN5340.jpg
DSCN5345.jpg DSCN5348.jpg
P8210024.jpg
今朝のメニューは丸パンサンドウィッチ。スープ。バナナ。ハムやチーズ、レタスをはさんだり、大杉谷自然学校の蜜箱から採った日本ミツバチの蜂蜜をつけたり、好きな食べ方でいただきまーす!
そしてこのキャンプ最後の川泳ぎ。着替えたところで土砂降り雨が!しばらく体育館で小雨を待ちながらゲームをしました。小雨になったところで最後の最後、1時間ほどでしたが思いっきり泳ぎました。釣り、魚とり、そして飛び込み!!
DSCN5349.jpg DSCN5352.jpg
DSCN5354.jpg DSCN5355.jpg
DSCN5356.jpg DSCN5364.jpg
P8210003.jpg P8210002.jpg
DSCN5400.jpg

お昼前に川からあがり、荷物を整理して、施設の掃除。一生懸命頑張ってフロアをきれいにモップ掛けしたり、机を力を合わせて運んだり。頑張ったよね!
P8210006.jpg P8210007.jpg
P8210008.jpg
キャンプ最後のごはんはせせらぎ会さんが作ってくださったカレーライスです。鹿肉が入ったカレーライス、美味しかったよね!
DSCN5406.jpg DSCN5411.jpg
P8210010.jpg DSCN5409.jpg
DSCN5407.jpg
最後は楽しかった1泊2日をふりかえり。あっという間のチャレンジキャンプでした。
1泊2日と短いキャンプだったこともあり、年長さんから低学年が多かったのですが、小さいながらに子どもたちは自分の力量を考えながらご飯をよそおったり、何度も持ち物ボードを見ながら持ち物をそろえて活動に移ったりし「自分の力で解決してひとつひとつをこなしていく」姿が見られました。まだまだ上手にできなかったり、覚えていられずに助けてもらったりしましたが、そうしながらも「主体は自分」という一貫した自然学校の取り組みの中で少しずつ力をつけてくれる事と信じています。
1泊2日がクリアできたら次は2泊3日。2泊3日がクリアできたら次は3泊4日、と徐々に力をつけて長いキャンプにチャレンジしてみてください。心配も多々あることでしょうが、親御さんと、子どもたちそれぞれがぐっとこらえて帰る日を待つ事で、お互いが成長する機会がキャンプだと思います。また次のキャンプで更に成長する君たちに再会できる事を楽しみにしています。
DSCN5298.jpg

主催:大杉谷自然学校

posted by 大杉谷自然学校 at 13:00| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

8/20-21チャレンジわくわくキャンプ(1日目)

この夏最後のわくわくキャンプは1泊2日。あっとい間に終わってしまうので目いっぱい楽しまなければ!
DSCN5259.jpg
最初はオリエンテーションやスタッフ紹介をし、すぐにせせらぎ会さんが作ってくださったお昼ご飯が始まりました。ひじきご飯に鳥団子スープ。お漬物と梨。美味しかったね!
DSCN5265.jpg DSCN5268.jpg
DSCN5267.jpg DSCN5263.jpg
そのあと活動班分けをしました。大杉谷自然学校ではコミュニケーション能力が高まるよう、初めて知り合った子ども同士が交流を促し、自分の知り合い以外にも積極的に交流できるような班づくりを心掛けています。
DSCN5273.jpg DSCN5272.jpg
DSCN5271.jpg DSCN5269.jpg
DSCN5274.jpg
さあ、とにかく暑いから早く川に入りたい!とお待ちかねだった川泳ぎのスタートです。一目散に飛び込みを始める子や魚を捕まえる子、シュノーケリングを楽しむ子などそれぞれが川を満喫しました。
DSCN5291.jpg DSCN5290.jpg
DSCN5289.jpg DSCN5286.jpg
DSCN5279.jpg DSCN5278.jpg
DSCN5302.jpg DSCN5301.jpg
DSCN5299.jpg DSCN5294.jpg
DSCN5304.jpg
夕方からは五右衛門風呂焚きを教わりました。講師は地元にお住まいの大瀬さん。
DSCN5308.jpg DSCN5310.jpg
DSCN5311.jpg DSCN5312.jpg
DSCN5314.jpg
普段、生活の中で子どもたちが火を扱うのはコンロに火をつける程度かな?そのせいか、こういう機会に大胆に薪に火をつける経験はとても楽しそうです。そして同時進行で夕食づくりも始めました。
DSCN5321.jpg DSCN5318.jpg
DSCN5317.jpg DSCN5316.jpg
今夜のメニューは薪で炊く白ご飯、薪で煮る親子どんぶり、わかめのお味噌汁、ミニトマトと、デザートにみかんレチーズ。お腹ペコペコだったのか、食べる食べる。お代わりも殺到の行列。「いわわの塩おにぎり」も大人気の長蛇の列。みんな「食べ過ぎたー!」と言うぐらいモリモリ食べていました。
DSCN5324.jpg DSCN5323.jpg
DSCN5328.jpg DSCN5326.jpg
自分で食器を洗い、歯磨きも済ませ、今夜のお楽しみは「ミステリー劇場」です。
みんなの元に怪文書が届きその謎を解くのです。みんなが謎を解くためにグループで知恵を出し合い協力して謎を解いた後、塩レモンのタブレットお菓子をもらって夜のお楽しみは終了。五右衛門風呂に順に入って今夜はおやすみなさい!
ちびっこたちも多いけれど、ホームシックはゼロ!。なかなかヤル今回のチャレンジ組さんたちですね。
明日も川泳ぎがあるよ。ぐっすり眠ってね!
posted by 大杉谷自然学校 at 21:24| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

8/16-18 わくわくキャンプ(3日目最終日)

おはようございます!とうとうキャンプ最終日の朝です。朝ごはんづくり班さんが準備をしてくれた今日の朝食はカートンドッグ(牛乳パックを固形燃料として火をつけ、中に仕込んだホットドッグを温めます)、スープ、バナナ。
DSCN5222.jpg DSCN5223.jpg
DSCN5225.jpg DSCN5226.jpg
DSCN5227.jpg
ごはんも大好きだけど、パンも大好きなみんなはソーセージドッグを頬張っていました。自然学校で提供するパンも、地域のこだわりのパン屋さんにサイズオーダーしています。子どもたちの健康を第一に考えてパンを焼いてくれるので、本当においしいですよね!朝ごはんを食べた後は荷物をまとめ、整理を先に済ませます。
そのあと施設の清掃をしました。
DSCN5229.jpg DSCN5230.jpg
今度来るのは冬休みかな?いつまでも綺麗な施設であってほしい気持ちは皆おなじ。スタッフの声掛けに助けられながら、施設がきれい清掃できました。

さて、キャンプ最後の活動は「思い出クラフト」。今回作るのは木の写真立て。のこぎりを使って木を切るのが初めての子もいましたが、手をケガしないように注意しながら、汗かきながらようやく切れました。
DSCN5244.jpg DSCN5240.jpg
DSCN5246.jpg DSCN5237.jpg
こういった「道具を使う」という経験は、力加減を考えたりどうやったら切れるか考えるから知らず知らずのうちに考える力が付きますね。出来上がった土台の写真立てに立てる思い出絵葉書を各自描きました。
DSCN5248.jpg DSCN5247.jpg
DSCN5234.jpg DSCN5233.jpg
絵を描く子もいれば、文字の子もいます。3日間をふりかえりながら体験を思い出し、一番印象に残った事が絵葉書になり、とても素敵なキャンプの絵葉書ギャラリーになりましたよ!
DSCN5251.jpg DSCN5253.jpg
DSCN5254.jpg

さあ、キャンプ最後の食事です。せせらぎ会さんが作ってくださったちらし寿司、えのきのお吸い物、フルーツ寒天。美味しかったね!
DSCN5256.jpg DSCN5258.jpg
DSCN5257.jpg
そして最後の最後にみんなで3日間の撮りためた写真のスライドショー。面白いショットに笑いのどよめきが。ひとつひとつの体験をなぞりながらしみじみとしたり、大笑いしたり。
IMG_5804.jpg
本当に楽しかった3日間。台風の影響があるかなと思ったけど大した雨にも降られず終える事ができました。初参加の子もとっても馴染んで楽しんでいました。最初は参加することに緊張した子も多かったと思いますが、終わってみてどうですか?勇気を出して「一歩踏み出す」「チャレンジしてみる」事でとても楽しい体験ができたし、ぐっと成長したと感じました。キャンプのしおりの持ち物の最後の行に「勇気と元気!」と書いているのは、それが成長の種でもあるからです。「勇気と元気」を忘れずに持ってきてくれたみんなに拍手!
次は冬休み、また大杉谷に来てください。「おかえり!」という気持ちでみんなをお迎えする日を楽しみにしています。
DSCN4964-2.jpg

主催:大杉谷自然学校
posted by 大杉谷自然学校 at 13:00| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

8/16-18 わくわくキャンプ(2日目)

おはようございます!今日はキャンプの2日目。朝ごはん班さん、五右衛門風呂掃除班さんは6時半に起きてそれぞれの持ち場へ。その他のみんなは寝ていた場所を片づけ整理をしながら朝ごはんの仕上がりを待ちます。
DSCN4995.jpg DSCN4996.jpg
DSCN4997.jpg DSCN4998.jpg
朝食は、肉そぼろ、お味噌汁と野菜、味付け海苔と白ご飯。朝からいっぱい食べて今日も川泳ぎです。川釣りにも挑戦しました。相変わらず飛び込みは絶えませんねー。
DSCN5005.jpg DSCN5002.jpg
DSCN5009.jpg DSCN5019.jpg
P8170011.jpg P8170007.jpg
お昼ご飯のため、川から一旦あがって、せせらぎ会さんが作ってくださった、野菜たっぷりカレーをいただきました。一瞬で全て完食。凄い食欲です!!カボチャフライが大人気。スイカもおかわり行列。本当によく食べて元気すぎるみんな。実に頼もしいですね!
DSCN5203.jpg
お昼ご飯のあとは川泳ぎが続きますが、今日は鮎のつかみどりをしました。
P8170019.jpg P8170021.jpg
P8170017.jpg P8170016.jpg
P8170015.jpg P8170014.jpg
P8170012.jpg
すばしっこい鮎を捕まえるのは難しい!子どもたちも必死、鮎も必死(笑)やっとの思いで捕まえた鮎に大喜びするのは束の間で、このあと、川からあがったら鮎の串打ちがあるのです(涙)。


さあ、そろそろテレビ生中継時間になってきましたよ!「びんづけ」や「五右衛門風呂」「かくれんぼ」など面白おかしい放送ですが、テレビクルーはとっても綿密な計画で準備され、屋内屋外の各所でスタンバイ。緊張が伝わってきます!
IMG_5801.jpg IMG_5802.jpg
IMG_5803.jpg
子どもたちなかなかの役者だわー。笑えます。大きな歓声であっという間にテレビ中継が終わりました。どんな番組になったのでしょうね!?

さて、夕方から夕食づくりと五右衛門風呂焚きです。今夜の夕食は、羽釜で炊く白ご飯、羽釜で作る豚汁、キュウリの塩もみ、牛乳フルーツ寒天、すいか。そしてみんなが鮎のつかみ取りをして、串打ちをした鮎を炭火塩焼。
DSCN5207.jpg DSCN5206.jpg
DSCN5209.jpg DSCN5210.jpg
DSCN5211.jpg DSCN5212.jpg

豪華な夕食を今日は野外の天然の灯り(夕暮れのお日様の下)でいただきました。
DSCN5213.jpg DSCN5216.jpg
DSCN5215.jpg DSCN5214.jpg
薪を使って羽釜で料理をすることが初めての子も、炭火で魚を焼く事が初めての子も、ガス火の元の形を意識できる体験になったと思います。鮎を食べた串の片づけ方、ご飯のお皿をできるだけふき取って食器洗いの汚水の減らし方、そして生ごみを土にかえす為に燃えるゴミにしない注意、など、環境に配慮した片づけ方を教わり、夕食が終了です。
食器の片づけや歯磨きが終わったあと、五右衛門風呂入浴組、しばしゆっくり組それぞれ過ごし、今夜はキャンプ最後の夜なのでみんなの大好きな「暗闇かくれんぼ」をしました。ワクワク興奮の子もいれば、怖いー、と最初から半べその子も。怖くなくちゃ面白くない暗闇かくれんぼです。子どもたちはキャーキャー言いながら隠れた友だちを探します。んー、一番怖いのはパソコン使って仕事しているスタッフ(この私)という声も(笑)。
P8170022.jpg
これだけ遊びに遊んだら、今夜もぐっすり眠ることでしょう。とにかく夜泣きゼロのわくわくキャンプ。本当に活発すぎて、私たち大人はもうとっくに「完敗」です。明日はとうとう最終日。思い出に残る活動ができますように。




posted by 大杉谷自然学校 at 15:47| Comment(0) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

8/16-18 わくわくキャンプ(1日目)

今日から3日間の「夏のわくわくキャンプ」の始まり!オリエンテーションでスタッフの紹介やスケジュールの説明を聞いたあと、せせらぎ会さんが作ってくださったお昼ご飯をいただきました。凄く美味しくて、特に鳥とざく切りポテトの合わせフライが人気でした。
DSCN4907.jpg DSCN4913.jpg
お昼ご飯のあとはお待ちかねの川泳ぎ。ちょっと曇り空で心配だったけれど、十分に泳げましたね。冷たい!と言いながらもジャンプ!飛び込みが始まりましたよ。生き物探しも面白くて、ヨシノボリやカワムツ、ツチガエルを捕まえて観察しました。
DSCN4946.jpg DSCN4937.jpg
DSCN4929.jpg DSCN4934.jpg
DSCN4961.jpg DSCN4957.jpg
DSCN4954.jpg DSCN4959.jpg
DSCN4962.jpg DSCN4970.jpg
DSCN4969.jpg DSCN4974.jpg
たっぷり川泳ぎをしたあと、五右衛門風呂焚き。講師に地域にお住まいの大瀬さんにお越しいただき、教わりました。薪割りも教わり、みんな「スパン!」と割れるのを目指して頑張っていますよ!
DSCN4978.jpg P8160008.jpg
P8160001.jpg P8160007.jpg
DSCN4979.jpg DSCN4980.jpg
スパン!と割れた!!というショットがこちら。
P8160003.jpg
みんな徐々に上手になっていますね。お風呂に入るにも「みんなの働き」が必要です。本来、労働と暮らしが直結している事が分かりますね。

お風呂の沸かし方、薪の割り方を覚えた後は、夕食です。今夜はせせらぎ会さんに作っていただいた夕食です。アマゴフライ、鹿肉の生姜味噌焼き、ポテトサラダとスパゲティ、野菜、スイカとウリのフルーツポンチ。
DSCN4984.jpg DSCN4985.jpg
DSCN4988.jpg
大杉谷スペシャルディナーは美味しすぎて子どもたちは何度も何度もお代わりをしました。たっぷり活動したあとという事もありほぼ完食。そのうえ、「いわわの特製塩おにぎり」も大人気で食べすぎぐらいに食べました。

P8160003 (2).jpg P8160001 (2).jpg
自然学校では食事のあとの食器の片づけにもルールがあります。自然に近い距離で過ごす大杉谷では、食器を洗う水もなるべく少なくし、排水を減らすという目的で新聞紙を何度も揉み、柔らかくしてお皿の汚れをふき取ります。厳しいチェッカー(笑)のOKが出たらようやく固形石鹸とスポンジを使って炊事場で洗うという手順。みんながこれで「川をきれいにする」意識が高まればと思います。食事の際も「環境をこれ以上悪化させないために、また、天災が少しでも減るために、私たち子どものレベルでどんな事を心掛けたらいいのか」などが話題に上がるのです。素晴らしい子どもたちですよね!

さあ、食器も洗って歯磨きも済ませました。今からはこれから3日間過ごすキャンプでの班係を決めました。方法はスポーツ大会。
DSCN4989.jpg P8160007 (2).jpg
P8160011.jpg
役割を言い渡されるのではなく、勝ったグループから順に自分たちで選んで役割を決めます。朝ごはんを作る、お風呂掃除をする、などいろいろ役割を持ちます。みんなのために役割を果たし、お互いに感謝しあう。そんな3日間にしたいですね。

さあ、また明日も楽しい活動が待っているよ!五右衛門風呂に入って、今夜はぐっすりとおやすみなさい!
そしてスタッフはミーティング。初日お疲れ様でした!

PS
夜にMBS毎日放送「ちちんぷいぷい」のクルーが合流。撮影の準備に入っておられますよ!放送は明日ですから、みなさん、チェックをお忘れなく!
●テレビ放送のお知らせ
★関西の方必見!毎日放送「ちちんぷいぷい」で、
わくわく宮川体験キャンプを生放送です。
【放送局】毎日放送(MBS)
【番組名】ちちんぷいぷい
【放送日】8月17日(水)
【放送時間】13:55-17:50までの番組中、
出演時間予定15:50〜(約20分程生中継)
【番組HP】http://www.mbs.jp/puipui/
※緊急放送などによる番組変更などご了承ください。
posted by 大杉谷自然学校 at 20:40| Comment(2) | わくわく宮川体験キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする