2019年06月09日

日程決定! 大台町サマーキャンプ・大台町東員町交流キャンプ

大台町の小学生対象キャンプの日程が決定しましたので以下お知らせします。
ーーーーーーーーーーーーーー
●大台町東員町交流キャンプ
【日程】2019年8月19日(月)〜20日(火)1泊2日

●大台町小学生サマーキャンプ
【日程】2019年8月21日(水)〜24日(土)3泊4日
ーーーーーーーーーーーーーー
詳細チラシは追って小学校を通じて配布いたします。


posted by 大杉谷自然学校 at 22:00| Comment(0) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

大台町わくわくサマーキャンプ4日目最終日

おはようございます。わくわくサマーキャンプもとうとう今日で最終日。朝ごはんづくり班さんが朝食づくりをしたメニューは、ソーセージドッグ、卵のスープ、バナナ。朝食をいただいたあと、思い出クラフト「小枝のスプーン」づくりをしました。好きな枝を持ち手部分に選んでのこぎりで切り、やすりで滑らかに削ったあと、金口をとりつけます。素敵なスプーンはこのあと昼食でカレーをいただくときに使いました。自分で作ったスプーンでいただくカレーの味はいかがでしたか?
今日は台風20号の影響もあり、終了時間を早くすることにしました。楽しみにしていたスライドショーは今年はできませんでした。本当に残念です。でも子どもたちひとりひとり、感想や思い出を発表してくれました。楽しかった体験やお友だちとの楽しかった時間をそれぞれ話をしてくれました。なかなか言葉が出ない子もいますが、胸の中に体験がしっかり刻まれているのだろうと思います。
ラストは班写真が配られ、卒業していく6年生には記念品の贈呈がありました。班写真の裏側には各リーダースタッフから、ひとりひとりにメッセージが書かれてあります。昨日の夜中1時ぐらいまでかかって子どもたちひとりひとりにメッセージを書いてくれました。
このキャンプはたった4日ではありますが、子どもたちにとっては長い4日間でもあったと思います。家庭とは違った場所で違う人との中で、新しいルールに沿って生活をする経験をしました。グループ活動もあり、思うようにいかないこともあったけれど、子どもたちは頑張りぬきました。子どもたちに直接かかわってくれたリーダースタッフたちも4日間よく子どもたちの面倒をみてくれました。そしてどうやったら楽しくキャンプを過ごせるか、このキャンプで成長できるか、子どもたちががんばりぬけるか、考えながら見守り付き添ってくれました。本当にありがとう。このキャンプでは他にも大勢の人がサマーキャンプに来る子どもたちの成長を支えてくださいました。大変な人数の食事を作って下さった、せせらぎ会の皆様、毎日五右衛門風呂焚きを教えてくださった大瀬さん、体験講師に来てくれたあに、バスの運転手吉田さん、鮎を手配くださった宮川上流漁業鮎種苗センターさん、うどんや水を協賛くださった森の番人さん、沢山の数の食材を手配してくださったマックスバリュ大台店さんと道の駅おおだいさん。みんなみんなが、大台町の子どもたちの心身健やかな成長を願っていて、大変な協力をしいただき、このキャンプを支えていただきました。本当にありがとうございました。
子どもたちがご家庭に到着されましたら、自分たちで身の回りの事をやりきった4日間の頑張りをおおいに褒めてあげてください。子どもたちを4日間の冒険に出してくださった親御さんにも感謝申し上げます。私たちはここ大杉谷でこれからもみなさんの成長を見守っていけたらと思っています。また大きくなった皆さんに大杉谷でお会いできる日を楽しみにしています。

DSCN8233.jpg DSCN8235.jpg
RIMG1695 (2).jpg RIMG1697.jpg
RIMG1698.jpg RIMG1699 (2).jpg
RIMG1700.jpg RIMG1701.jpg
DSCN8251.jpg DSCN8249.jpg
DSCN8248.jpg DSCN8247.jpg
DSCN8241.jpg DSCN8245.jpg
DSCN8246.jpg DSCN8239.jpg
DSCN8244.jpg DSCN8253.jpg
DSCN8256.jpg DSCN8255.jpg
P8220142-2.jpg P8220144-2.jpg
P8220133-2.jpg P8220136-2.jpg
P8220138-2.jpg
RIMG1704-2.jpg RIMG1241-2.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 14:31| Comment(1) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

大台町わくわくサマーキャンプ3日目

おはようございます。3日目の朝。朝食づくり班さんと五右衛門風呂掃除班さんが、先に活動開始。他の子どもたちは図書室で静かに読書。そういえば、いつだったかな、夏休みの宿題をする頑張る参加者もいましたよ!
RIMG1342.jpg RIMG1341.jpg
朝食のメニューは、伊勢うどん、キュウリとツナのサラダ、オレンジ。伊勢うどんとミネラルウォーターは大台町の「森の番人」さんから御寄贈いただきました。清い水流れる大台町の特産品を朝食にいただき、うどんは滅多にキャンプのメニューに入らない事もあり、とっても嬉しかった様子でみんな大喜びでモリモリ食べていました。ありがとうございました。
IMG_6856.jpg
RIMG1620.jpg RIMG1625.jpg
RIMG1621.jpg RIMG1619.jpg
RIMG1528 - コピー.jpg RIMG1527 - コピー.jpg
RIMG1614.jpg RIMG1615.jpg
RIMG1618.jpg RIMG1616.jpg


今日の活動は選択プログラムの日です。依然雨の予報だけれど、ちょっと予想が変わった!思ったほど降ってなくて晴れ間も見えだしている。みんなそれぞれ希望のプログラムに参加してみます。午前と午後を違う体験にしてみるのもオーケーなので、みんなワイワイ参加希望を考え、決定。今日の選択プログラムは4種類。1、川遊び 2、ツリーイング(木登り体験) 3、しゃくり体験  4、のんびりクラフト。
昨日が最終と思った川泳ぎは、なんと今日は川泳ぎが出来そう!神様ありがとう!!早速、川泳ぎとしゃくりグループが桧原区の野又地区支流に出かけました。すると地域の川釣りの達人が釣りに来られていて、コンクリートの梁になっているところにあがる魚たちを捕まえたらいいと教わり、結構沢山捕まえる事ができました。昨日作った水鉄砲を楽しむ子もいましたよ。
P8224069.jpg P8224070.jpg
P8224068.jpg P8224067.jpg
P8224072.jpg P8224065.jpg
P8224073.jpg P8224075.jpg
P8224074.jpg P8224071.jpg

しゃくりは2名だけだったけど、コツがわかったらなかなかハマる体験で、支流は更に水が透き通る綺麗さなので、魚が見えやすい(が、魚からも人間が見えやすい)魚とのかけひきに夢中になってしゃくっていました。
DSCN8191.jpg DSCN8196.jpg
DSCN8194.jpg DSCN8193.jpg
DSCN8192.jpg DSCN8195.jpg

ツリーイングは普段なかなかできない地上体験ができます。指導してくれるのは講師の「あに」。足でロープを踏み込むごとに樹上に上がる事ができるので、脚力を要しますが子どもたちはそもそも体重が軽いので踏み込みやすく、木の上からの景色をとっても楽しんでいました。
P8220131.jpg P8220123.jpg
P8220132.jpg P8220125.jpg
P8220117.jpg P8220120.jpg
P8220121.jpg P8220113.jpg
P8220122.jpg P8220114.jpg

そしてのんびりクラフト。大杉谷の鹿角でキーホルダーを作りをしました。のこぎりを使って角をカットしたり、サンドペーパーで磨いたり。小さいサイズのクラフトだけど、器用に手先を使ってキーホルダーに仕上げていました。
P8220099.jpg P8220098.jpg
P8220108.jpg P8220111.jpg

3時頃を目安に全員戻ってきてしばし休憩をしたあとは夕食作りがスタート。まずは鮎の串うち。
P8220146.jpg P8220149.jpg

残念ながら放流増水で鮎の掴み取りはできませんでしたが、鮎をひとり1匹ずつ塩焼にするため串うちをしました。踊り串は目から串を刺すので残酷に感じるため子どもたちは辛そうでしたが、人間はすべての命ある食べ物を何かしらの調理をして自分の命にしていること、それを目の当たりにする体験で辛いのは当然です。だからこそ、命をいただくことに感謝して食事する、ここにつなげたいと思って串うち体験をしてもらっています。
他の夕食メニューは羽釜で作る豚汁、羽釜で炊くご飯、鮎の塩焼き、キュウリの塩昆布和え、デザートはみかんクリームチーズ。薪を使っての調理も3日目になってきたらだんだん慣れてきましたね。そして五右衛門風呂焚きも同時進行ですすめます。
さあ、だんだん夕食が仕上がってきました。キャンプ最後の夕食、いっぱい食べましょうね。
今夜のナイトプログラムは暗闇かくれんぼを予定しています。怖いけどスリルがある子どもたちには大人気。暗闇の校舎内を歩くなんてそうそう無い体験で、きっと今夜のラストナイトも盛り上がる事間違いなしですね!

前夜の写真も前日ブログに随時追加していってますので、ちょこちょこ覗いてみてください!
それから、、、なんと昨日のブログ検索数は過去最高ぐらいに上がっていて、ブログランキングが異例のアップ!皆様ありがとうございます!こうなったら編集、眠い目こすってがんばりますよ!
posted by 大杉谷自然学校 at 17:47| Comment(2) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

大台町わくわくサマーキャンプ2日目

おはようございます!大台町サマーキャンプ、2日目の朝です。朝ごはんづくり班さん、お風呂掃除班さんは6時半起床。そのほかの子どもたちは7時に起床し、朝食までに寝具の片づけや洗面など身支度をします。水筒も自分でロングスポンジで洗浄し、新しいお茶に入れ替えます。朝食メニューは、サンドウィッチ、スープとフルーツヨーグルト。たっぷり食べて今日も元気に活動しよう!
今日は、源流体験に出かける予定で、雨なので泳げなくても綺麗な源流を見に行こう!と準備して意気込みましたが雨量規制の関係で車両が入れずで、残念。体育館で室内ゲームで盛り上がりました。そうするうちに、今度はダム放流が今日の午後3時から始まるという情報が入りました。しばらく放流が続くという事で、そうすると放流までの数時間がキャンプで泳げる唯一の時間になる!ならば、みんな、お昼ごはんを少し早めに食べて泳ごう!とキャンプ最後の川泳ぎが早くも2日目にやってきました。滝への探検に出かける子、川釣りを楽しむ子、そして飛び込みに夢中の子。それぞれ自由に川を楽しみました。泳いでいるうちはまだそんなに雨が強くなくて、そのあと午後は水鉄砲づくりをしたのですが、どんどん雨が強くなるばかり。あの時間帯に泳げてよかったー!と思いました。
水鉄砲が仕上がった後は、夕食作り。そして五右衛門風呂焚きも同時進行で進めます。五右衛門風呂焚きは地元にお住まいの大瀬さんが火つけを教えてくださいます。マッチを使った事が無い世代なので、恐る恐るですがマッチを擦って火つけをします。今日は雨。雨の日の焚き付けは時間がかかるので根気が必要になります。自然を相手にすると、素材や天気の違いに合わせて対応しなければなりません。全て「同じ」ものが何一つない事を実感するのが体験のだいご味です。進化すればするほど作業が一様になる事が多いのですが、そうすると技や知恵は不要になってしまいますし、五感の働きも鈍くなってしまいます。せっかくの機会ですから、五感を使って違いを楽しみ、技を身に着けてくださいね。
さて、今夜の夕食はハヤシライス。キュウリサラダ、トウモロコシ、デザートは蜜柑のミルク寒天。子どもたちはモリモリ夕食を食べていますよ!そしてこの夕食に、明日のツリーイングで講師をしていただく「あに」も加わってくれました。毎年講師をしていただいているので、顔なじみになっている子もいて、夕食は更に楽しくなりましたよ!
さてこのあと、ナイトプログラムです。夜の生き物を探しに行こうと思っていましたが結構な雨なので残念ですが諦め、おいも(生き物大好きスタッフ)による生き物スライドを観ます。本邦初公開??とっても楽しみだ!
※このブログ検索数がうなぎ上り!ご覧くださっている皆様、ありがとうございます!そして引き続きよろしくお願いします!

RIMG1350.jpg RIMG1346.jpg
RIMG1353.jpg RIMG1349.jpg
RIMG1398.jpg RIMG1403.jpg
RIMG1402.jpg RIMG1387.jpg
RIMG1401.jpg RIMG1399.jpg
RIMG1400.jpg RIMG1462.jpg

DSCN8173.jpg DSCN8172.jpg
DSCN8171.jpg DSCN8170.jpg
DSCN8158.jpg DSCN8161.jpg
DSCN8166.jpg DSCN8164.jpg
DSCN8157.jpg DSCN8176.jpg
RIMG1437.jpg RIMG1421.jpg
RIMG1432.jpg RIMG1435.jpg
RIMG1411.jpg RIMG1409.jpg
DSCN8177.jpg RIMG1441.jpg
RIMG1442.jpg RIMG1444.jpg
RIMG1447.jpg RIMG1451.jpg
RIMG1457.jpg RIMG1454.jpg
RIMG1473.jpg RIMG1477.jpg
RIMG1474.jpg RIMG1479.jpg
RIMG1480.jpg RIMG1481.jpg
RIMG1488.jpg RIMG1487.jpg
RIMG1498.jpg RIMG1490.jpg
RIMG1484.jpg RIMG1482.jpg
RIMG1496.jpg RIMG1506.jpg
RIMG1499.jpg RIMG1497.jpg
RIMG1500.jpg RIMG1503.jpg
RIMG1515.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 18:12| Comment(2) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

大台町わくわくサマーキャンプ1日目

大台町4校の小学生の3泊4日キャンプが始まりました。集合した子どもたちは空模様と打って変わって元気いっぱい。とはいえ、自然の中での共同生活はいろいろと決まりがあるので、まずはオリエンテーションで気を引き締めます。注意事項や決め事を話したあと、スタッフ紹介をし、班分け等終わったあと、昼食をいただきました。せせらぎ会さんが作って下さった炊き込みご飯、すまし汁、はるさめサラダ、お漬物と果物。お腹いっぱい食べたら水着に着替えて川に行きました。小雨ですが、子どもたちは飛込み岩に猛ダッシュ。雨なんてお構いなしで飛び込みスタートです。川魚をとたったり、思い思いに川泳ぎを楽しみました。川に沈めた仕掛けにはウグイやカワムツが入りましたよ!
夕方まで泳ぐ予定でしたが雨なので体が冷えないうちにあがり、竹クラフトをスタート。孟宗竹でお箸をつくりました。子割した竹をナイフで持ちやすい太さに削りますが、ナイフ使いに不慣れではありますが、力加減をしながら道具を使う経験はとても大切です。出来上がった箸はキャンプ中に使いたい人は使ってもらいます。
今はちょっと休憩時間。夕食のメニューは何かな?楽しみですね。夕食後は交流会をします。同じ町の子どもたちではありますが、初めて出会うお友だちと4日間を過ごします。仲間としてキャンプを成功させるためには結束が大事。班対抗のゲーム方式で、4日間の係りを決めます。朝ごはんづくりやお風呂掃除、朝食後の片づけ、体育館の掃除など、子どもたちが主体になってみんなの事をする係り。家庭の中では子ども自身が家族のために役割を果たす事が減ってきている時代ですので、係り活動は、ぜひ頑張ってほしいと思っています。ゲーム方式なので、毎年とても盛り上がります。楽しみだなあ!
夜の交流会が終わったら五右衛門風呂に入って今夜は就寝です。明日も目いっぱいキャンプを楽しむため、ぐっすり眠ってね!

RIMG1165.jpg RIMG1183.jpg
RIMG1171.jpg RIMG1172.jpg
RIMG1176.jpg RIMG1173.jpg
RIMG1186.jpg RIMG1187.jpg
RIMG1188.jpg RIMG1192.jpg
RIMG1228.jpg RIMG1195.jpg
RIMG1229.jpg RIMG1227.jpg
RIMG1216.jpg RIMG1219.jpg
RIMG1226.jpg RIMG1201.jpg
RIMG1198.jpg RIMG1207.jpg
RIMG1230.jpg RIMG1234.jpg
RIMG1235.jpg RIMG1232.jpg
RIMG1237.jpg RIMG1236.jpg
RIMG1246.jpg RIMG1248.jpg
P8204054.jpg P8204058.jpg
P8204053.jpg P8204060.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 17:38| Comment(2) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

大台町わくわくサマーキャンプ(5泊6日)最終目

いよいよ6日間のキャンプ最終日の朝です。朝ごはんはカートンドッグ。みんなに持ってきてもらっていた牛乳パックを燃料代わりにし、火をつける事で中に仕込んだホットドッグがあたたまる仕組みです。食べ終わったあと、食器を片づけたら施設の掃除をしました。6日間使った教室や体育館、トイレや廊下、外の流しや五右衛門風呂なども綺麗にして終わります。荷物を一旦整理してまとめたあと、思い出クラフトをしました。思い出絵葉書と木のフォトフレームを作りました。それぞれの思い出が絵になり、素敵なギャラリーができましたよ。
さて、キャンプ最後の食事ができあがりました。せせらぎ会さんが作ってくださったちらし寿司、お吸い物など、名残惜しいきもちで最後の食事をいただき、そのあと、お別れ大運動会の優勝表彰をし、6年生のサマーキャンプ卒業式。小さい頃から参加してくれていた子どもたちにささやかな卒業プレゼントを贈りました。そして、リーダーさんからの一人ひとり子どもたちに向けた木のメッセージペンダントが贈られました。一人ひとりの個性に付き合いながら6日間を過ごしたリーダースタッフのあたたかい言葉に子どもたちはぽろぽろ涙。見守ってくれる人がいるって本当に素敵な事だよね。みんなも大きくなった時に「人に寄り添い見守る私」になれたらいいね。
さて、ラスト、振り返りのスライドショーが始まりました。ドキドキしながら緊張気味だった君たちが今はこんなに仲良くなってお別れが名残惜しくなっている様子をみて、みんなが短期間でぐっと成長した事を感じます。スタッフのかじこがギターを弾いてくれて、みんなは「虹」を大合唱。笑い泣きの大合唱でした。
私たち大杉谷自然学校が行うひとつひとつの小さな体験が集まって数日間のキャンプになるのですが、その小さな体験一つ一つには「そこから学べる事」が沢山詰まっています。説明して理解できる年齢になっていない子どもたちにとっては「体験する事で覚えていく」事で、将来その深い意味が理解できるようになってくれると信じています。
とにもかくにも、初めて来た参加者や、低学年のちびっこたちも上級生やスタッフに見守られながら、自分の事を自分でやり遂げた6日間でした。家庭とは違うルール、自分の好みに合わない事など、自分の思い通りにならない集団活動の中で、自然学校のルールをよく理解し、自分をおさえて友だちを優先したり、待ったり、手伝ったりすることができました。そして子どもと一緒になって頑張ってくれたスタッフたち、応援サポートしてくださった講師の皆さんや、地域の皆さん、せせらぎ会さん、つるぎのパンさん、バスの運転手さん、そして何よりご家庭から応援してくださった親御さんに感謝申し上げます。また来年の夏、わくわくサマーキャンプでみんなの成長した姿に出会えることを楽しみにしています。

RIMG3777.jpg RIMG3782.jpg
RIMG3784.jpg RIMG3785.jpg
RIMG3786.jpg RIMG3787.jpg
RIMG3790.jpg RIMG3794.jpg
RIMG3795.jpg RIMG3793.jpg
RIMG3802.jpg RIMG3798.jpg
P8230144 (2).jpg P8230143 (2).jpg
RIMG3811.jpg RIMG3808.jpg
RIMG3816.jpg RIMG3810.jpg
RIMG3819.jpg RIMG3827.jpg
RIMG3838.jpg RIMG3460.jpg
RIMG3495.jpg RIMG3492.jpg
RIMG3497.jpg RIMG3489.jpg
RIMG3464.jpg P8180087.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 13:33| Comment(0) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

大台町わくわくサマーキャンプ(5泊6日)5日目

5日目の今日は朝ごはんを食べた後、テーマ活動をしました。テーマは「川遊び」「しゃくり」「ツリークライミング」「のんびりクラフト」。この中から好きな体験を選びます。それぞれの活動場所に分かれて活動をしました。お昼ご飯はせせらぎ会さんが作ってくださった竹皮包みのお弁当をいただき、午後からもテーマ活動をしました。川遊びは谷探検に出かけたり、シャワークライミングや7mジャンプにも挑戦。しゃくり体験はすばしっこい魚たちをしゃくるのは難しくさし網で捕りましたよ!ツリークライミングは木の上までロープを力いっぱい踏み込む方法で登り、高い位置からの景色や夏の風を楽しみました。のんびりクラフトは鹿角でネックレスを作り、ハンモックでゆらゆら。どの体験も「ここならでは」のとびきり素敵な体験でしたね。
夕方前からは今夜のお別れ会の出し物を決めました。班ごとに何をするのか話し合って決めます。面白いお別れ会になるようみんなアイデアを出し合いながら決めました。さてどんなお別れ会になるかな?
夕食はせせらぎ会さんが作ってくださった、鹿肉が出ましたよ!山深い大杉谷は、昔から山の肉「鹿肉」が食べられてきました。今日は子どもたちも地域の食文化を味わいました。さて、夕食後は食器を片づけて、お別れ会ですよ!そして五右衛門風呂入浴をし、就寝。いよいよ明日が最終日。大杉谷を満喫するラストの日ですよー。

RIMG3438.jpg RIMG3436.jpg
RIMG3445.jpg RIMG3446.jpg
RIMG3435.jpg P8220179.jpg
DSCN7665.jpg DSCN7651.jpg
DSCN7649.jpg DSCN7667.jpg
P8220165.jpg P8220222.jpg
P8220168.jpg P8220152.jpg
P8220189.jpg P8220188.jpg
P8220202.jpg P8220238.jpg
RIMG3542.jpg RIMG3541.jpg
RIMG3546.jpg RIMG3503.jpg
RIMG3605.jpg RIMG3617.jpg
RIMG3587.jpg RIMG3591.jpg
RIMG3668.jpg RIMG3568.jpg
RIMG3678.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 17:39| Comment(2) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

大台町わくわくサマーキャンプ(5泊6日)4日目

今日は海へ出発のため簡単サンドイッチの朝ごはんでした。丸パンは剣パンさんの手作りパンです。キュウリ、ハム、チーズにレタスなどをはさんだものと、自然学校のニホンミツバチの蜂蜜が具材です。約10個召しあがったスタッフもいるほど美味しくて大好評でした!
その後3台のバスに分乗し、尾鷲市三木里浦に出発しました。どこまでも透明で白い砂のとても美しい海でした。波に揺られたり、魚釣りをしたり、スイカ割りなどをして楽しみました。お昼は地元のお母さんが作ったお弁当。子どもたちが大好きな唐揚げなどが入っていて、みんな完食でした。
帰宅後は、ハヤシライス、トウモロコシと手作り蕨餅を食べました!美味しかったです。夜は明日参加する自由プログラムを決めて、ゆっくりお風呂に入って寝ました。

RIMG3311.jpg RIMG3312.jpg
RIMG3313.jpg P8210219.jpg
RIMG3317.jpg RIMG3320.jpg
RIMG3323.jpg RIMG3331.jpg
RIMG3328.jpg RIMG3330.jpg
RIMG3341.jpg RIMG3343.jpg
RIMG3349.jpg RIMG3354.jpg
RIMG3362.jpg RIMG3364.jpg
RIMG3377.jpg RIMG3380.jpg
RIMG3381.jpg RIMG3382.jpg
RIMG3384.jpg RIMG3403.jpg
RIMG3385.jpg RIMG3412.jpg
RIMG3415.jpg RIMG3419.jpg
RIMG3418.jpg RIMG3422.jpg
RIMG3423.jpg RIMG3416.jpg
RIMG3428.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 20:51| Comment(2) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

大台町わくわくサマーキャンプ(5泊6日)3日目

朝食は棒棒鶏サラダとナスの味噌汁とご飯でした。
お腹いっぱいになった後は、希望制でテント張と自由時間に分かれました。
テントを張りたい子は少なく男女1張づつを張りました。
結構しっかり張れました。
RIMG3086.jpg RIMG3087.jpg
RIMG3089.jpg RIMG3095.jpg
RIMG3098.jpg RIMG3101.jpg
10時30分頃から川へ行き、7mジャンプや鮎のつかみ取りを楽しみました。
RIMG3104.jpg RIMG3110.jpg
RIMG3178.jpg RIMG3179.jpg
RIMG3252.jpg RIMG3253.jpg
夕飯は豚汁、ご飯、クリームチーズデザート、鮎の塩焼きを作りました。
上手にできました。
RIMG3255.jpg RIMG3258.jpg
RIMG3259.jpg RIMG3264.jpg
RIMG3266.jpg RIMG3272.jpg
RIMG3276.jpg RIMG3281.jpg
RIMG3283.jpg RIMG3284.jpg
夜は暗闇かくれんぼです! 終わった後は差し入れにいただいたチューペットを食べました。美味しかったです。
RIMG3303.jpg
おやすみなさい。
posted by 大杉谷自然学校 at 21:32| Comment(2) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

大台町わくわくサマーキャンプ(5泊6日)2日目

今日は朝ごはんの後、大杉谷登山道入り口で泳ぎました!
透き通った水はとってもキレイでびっくりしました。
流れる水でのウォータースライダーや飛び込みなどとっても楽しかったです。
大きなニゴイとアマゴを網で捕りました。
RIMG2928.jpg RIMG2927.jpg
RIMG2923.jpg RIMG2930.jpg
RIMG2934.jpg P8190146.jpg
P8180160.jpg RIMG2946.jpg
RIMG2953.jpg RIMG2956.jpg
RIMG2959.jpg P8180086.jpg
夕飯は豚丼と味噌汁、キャベツの塩昆布和え、牛乳寒天をみんなで作りました。
それからニゴイとアマゴのから揚げを食べました。
すごくおいしかったです!
RIMG2981.jpg RIMG2983.jpg
RIMG3061.jpg RIMG3069.jpg
夜はコウモリ観察をしました。20匹以上も見れました。
1匹のコウモリは一晩で千匹の蚊を食べます。つまり30分で観察した20匹のコウモリはなんと
一晩で2万匹の蚊を食べてくれているんですね。
その後、星空観察をしました。
満点の星空に天の川と夏の大三角形がすごく綺麗でした。人工衛星も3つも観察できました。
天の川や人工衛星初めて見る人も多かったみたいです。
それではおやすみなさい〜
P8190151.jpg P8190154.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 23:22| Comment(2) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

大台町わくわくサマーキャンプ(5泊6日)1日目

お待ちかね、大台町わくわくサマーキャンプ5泊6日が始まりました。久しぶりに友だちに会って興奮気味の子どもたちもありましたね。オリエンテーション、スタッフ紹介、キャンプ中の約束事などを伝えたあと、昼食をいただきます。
RIMG2769.jpg RIMG2782.jpg
RIMG2783.jpg RIMG2779.jpg
RIMG2780.jpg RIMG2778.jpg
RIMG2804.jpg RIMG2793.jpg
今日の昼食はせせらぎ会さんが作ってくださった、ひじきご飯、なすとカボチャのそぼろあんかけ、おつけもの、フルーツ塩寒天。お腹いっぱい食べて、いよいよ川泳ぎ。ごはん中の雨がやんできて嬉しい!飛び込みをしたり魚を捕ったり。ヌマチチブも見つけたよ!
RIMG2834.jpg RIMG2818.jpg
RIMG2830.jpg RIMG2849.jpg
RIMG2816.jpg RIMG2815.jpg
RIMG2856.jpg RIMG2857.jpg
RIMG2858.jpg RIMG2855.jpg
川泳ぎのあとは、少し休憩をし、そのあと五右衛門風呂焚きをしました。普段は自分で薪でお風呂を沸かすことは殆どないと思います。今日からは自分たちでマッチを擦り、杉葉を火種に薪をくべて五右衛門風呂を沸かします。指導してくださるのは地元講師、大瀬耕二さん。今日はお昼に少々雨が降った事もあり火付きに根気がいりましたが、みんな頑張ってお風呂を沸かしました。
RIMG2868.jpg RIMG2869.jpg
RIMG2873.jpg RIMG2875.jpg
RIMG2878.jpg RIMG2882.jpg
RIMG2881.jpg RIMG2887.jpg
RIMG2888.jpg
お風呂が沸いたところで夕食ができあがりました。今夜はせせらぎ会さんが作ってくださった、ハンバーグ、スパゲティ、マッシュポテト、ニンジンのグラッセ、とうもろこし入りポトフとデザートの果物です。豪華メニューに子どもたちは大喜び。ガッツリ大盛りで食べていましたね。
RIMG2892.jpg RIMG2896.jpg
RIMG2903.jpg RIMG2898.jpg
RIMG2901.jpg RIMG2897.jpg
RIMG2900.jpg
夕食のあとは、食器を片づけます。新聞紙を何度も揉み、柔らかくして油汚れをふき取ります。こうすることで、ご飯粒も一粒残らず食べる習慣がつきますし、汚水を減らす環境意識も高まります。そのあと食器を洗浄し、食器が片付いたら歯磨きを済ませます。
そして夜は全体交流会。そして班対抗係決めゲーム。これから6日間での役割を決めます。キャンプは「自分たちの事を自分たちでする」のが大事。朝ごはんを作り、お風呂掃除もし、台拭きや掃除、食後の片づけなど、生活にまつわる必須事項を自分たちで行い、子どもたちの主体的行動や、コミュニケーション、自立心の向上を目指します。交流会のあとは五右衛門風呂に入って就寝です。
こうして始まった6日間のキャンプ。親御さんは6日も離れてさぞご心配かと思いますが、子どもさんの成長を願い是非「ご自宅から」お見守りください。親子ともども、そして私たちスタッフにとっても成長の6日間でありますように!頑張るぞー!
posted by 大杉谷自然学校 at 18:39| Comment(2) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

6/16 海に下見に来ています!

昨日は海に事業の下見に来ています。安全な活動、どんな流れで体験どんな体験をするのかなど考えています。普段森と川のそばで暮らしていると、海もいいなあ、と思いますね。
RIMG0927.jpg RIMG0969.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 17:20| Comment(0) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

大台町ケーブルテレビで!

大台町ケーブルテレビ「音番」で、8/3-8大台町わくわくサマーキャンプの活動風景が写真で流れていますよ!ぜひご覧くださいね。
posted by 大杉谷自然学校 at 16:14| Comment(0) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

大台町サマーキャンプが、次号の「広報おおだい」に掲載されます。

活動4日目に源流での活動を大台町企画課が取材してくださいました。
次号の「広報おおだい」で掲載予定ですのでお楽しみに!
posted by 大杉谷自然学校 at 00:00| Comment(0) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

8/3-8大台町わくわくサマーキャンプ(6日目・最終日)

おはようございます。
P8080097.jpg P8080098.jpg
いよいよキャンプも最終日。寝袋を片づけて、朝ごはんづくり班さんが担当をし、最後の係の役割を果たしました。
P8080002.jpg P8080003.jpg
P8080004.jpg
今朝のごはんはカートンドッグ(持参した牛乳パックがここで活躍です。パックが燃料のかわりになり、中に仕込んだホットドッグが温まります)、スープとバナナ。しっかり食べた後は先に荷物整理をしてしまい、スペースを広げて館内の清掃にとりかかりました。みんなが6日間お世話になった施設です。感謝の気持ちを込めて清掃をしましょう。
DSCN4706.jpg
最後の活動は「お別れ大運動会」。昨日、班ごとに出し物を考えた、障害物リレー、フラフープくぐり、靴飛ばし、人間借り物競争、シュートゲーム、リレー。1等目指してみんな大興奮。大歓声が体育館に響き渡りました。
DSCN4755.jpg DSCN4752.jpg
DSCN4744.jpg DSCN4743.jpg
DSCN4733.jpg DSCN4738.jpg
DSCN4721.jpg DSCN4746.jpg
DSCN4718.jpg
さあ、キャンプ最後のごはんです。せせらぎ会さんが、アマゴでんぶのちらし寿司を作ってくださいました。お吸い物はいつもみんな大好きで一瞬で空っぽになりますね。スイカも冷たくておいしかった!
DSCN4770.jpg P8080009 (3).jpg
P8080010 (2).jpg
さて、昼食後はふりかえり。先程のお別れ大運動会で1等をとった班の賞を授与。かわいいおやつアソートが賞品です。
DSCN4777.jpg DSCN4780.jpg
そのあと、1日目からどんな体験を今日までしてきたか、思い出しながら振り返りました。体験の事細かなエピソードや食べた料理も思い出して言ってくれる子もあり、子どもたちの記憶力って凄い!と思いました。そして一人ひとりの感想を聞きました。できなかった飛び込みができたこと、源流がとても冷たかったけど凄くきれいだったこと、テントで寝た事、シーカヤックの体験ができたこと、ツリーイングをしていたら足に蝉が止まったこと、大人も含めて約50とおりの思い出を聞くことができ、とても感動しました。小さい心と小さい体で感じた事が簡単な言葉で語られるのですが、それがとても胸を打ちました。だって、6日間の様子をこの54人みんなが分かりあっているのですから。

6年生はこのキャンプも卒業です。低学年の頃からずっと参加してくれていた子もありさみしい気持ちもしますが、一年ごと成長を見る事ができ、私たちもとても嬉しかったです。卒業の10名に記念品の「水晶」を贈呈しました。下級生は羨ましそうで、水晶に群がるこどもたい。6年生になるのがたのしみですね。
DSCN4788.jpg DSCN4786.jpg

さあ、遂にラストの「スライドショー」。楽しかった6日間を画像で振り返ります。こうして画像で追いかけていくと子どもたちからも思い出話がこぼれ出ました。
DSCN4789.jpg DSCN4790.jpg

5泊6日のキャンプはこれで終了。子どもたちは暑い日も早起きの日も頑張って活動を思いっきり楽しんでいました。これを可能にしたのは「自分がキャンプに参加したいと自分で決めた」からだと思います。自分で決めた目標を達成するために辛くても寂しくても頑張る事で、最後は「来てよかった!」という感想に到達したとき、乗り越える力がつくのでしょう。元気にお帰りなったお子様を大いにお褒めいただきたいと思います。
喧嘩で泣いた子、ご両親が恋しくて泣いた子、思わぬケガで泣いた子、それぞれに沿いながら、またご判断が必要な際にはご家庭とご連絡をとりながら6日をやりきる事ができました。この事にまず、ご家庭の皆さまにお礼申し上げます。6日間を離れて過ごす事に親御さんも大変ご心配をされたことでしょうが、お子様同様、親御さんもぐっと堪える6日であったと思います。私たちもぐっと堪える事の連続の6日間。みなそれぞれの成長があった6日だったと思います。ご協力ありあがとうございました。皆さまのご協力のもと続いたこのキャンプは大台町が町内の小学生の教育事業予算をつけて頂いている事もあり今年で15回目を迎えました。みなさんが生まれていないときからの歴史あるキャンプ。さらなる成長を求めて、16年目もご参加いただけたらと思います。みなさん5泊6日お疲れさまでした!
P8080005-2.jpg P8080012-2.jpg
P8080009-2.jpg P8080008-2.jpg
P8080007-2.jpg P8080006-2.jpg
P8030204.jpg P8060129.jpg
主催:大台町教育委員会








posted by 大杉谷自然学校 at 16:31| Comment(2) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

8/3-8大台町わくわくサマーキャンプ(4日目)

おはようございます!子どもたちは既に今日がいったい何日で、何曜日かもさっぱり分からなくなっています。キャンプに来た時点で、それらは不要な情報となりつつあり(笑)。覚えているのは「今日はサマーキャンプの源流体験の日」という事。そうです。今日もお出かけの日。朝ごはんをテキパキ準備しました。朝食は、白ご飯、お味噌汁、肉そぼろ、ピーマン炒め、ミニトマトと味付け海苔。肉そぼろ、ご飯がすすむよね!
DSCN4419.jpg DSCN4431.jpg
DSCN4425.jpg DSCN4421.jpg
DSCN4420.jpg DSCN4429.jpg
DSCN4426.jpg DSCN4427.jpg
片づけをしたら川に行く準備をして、バスに乗って源流に移動します。自然学校よりもずっと奥の、大杉峡谷入口まで約30分で到着。
DSCN4445.jpg P8060007.jpg
P8060012.jpg P8060016.jpg
DSCN4447.jpg P8060018.jpg
見渡す限りの川石の向こうに「めっちゃきれいーー!」な川が見えましたね。注意事項をよく聞いたあと、のGOサインで一目散に川に飛び入りました。が、そこは超冷たい。「うわ、さむ!」「つめた!」とすぐに長袖やスパッツを着に戻った子もいました。お構いなしに飛び込み岩に一目散によじ登り、飛び込む子も沢山…どころじゃない多さ(笑)
P8060068.jpg P8060069.jpg
P8060020.jpg P8060071.jpg
P8060051 (2).jpg P8060021.jpg
P8060031.jpg P8060032.jpg
DSCN4473.jpg DSCN4467.jpg
DSCN4507.jpg DSCN4465.jpg
DSCN4510.jpg DSCN4509.jpg
DSCN4502.jpg DSCN4480.jpg
DSCN4479.jpg
あっという間にお昼になり、せせらぎ会さんが作ってくださった「竹皮包みのお弁当」をいただきました。
P8060036.jpg P8060037.jpg
出かけた先の河原で、お箸なしでもいただけるよう、お握りにしてくださっています。3個とも味が違い、とても美味しい!55人分×3個を手握り。どれほど手間がかかった事でしょう。器も容器に詰めると沢山のごみが出てしまう。竹皮に包み棕櫚葉で縛るなら帰りの荷物はコンパクトになるので竹皮包みは手間がかかるけれど、みんなの活動の都合を一番に考えてくださいます。感謝いっぱいのお昼ご飯でしたね。
P8060067.jpg P8060066.jpg
P8060065.jpg P8060064.jpg
P8060063.jpg P8060062.jpg

お昼休憩をとったあと、更に源流を上り、もっと綺麗なスポットを目指しました。大日ー(だいにちぐら)を通過したとき、大人のスタッフは「ここ、凄い!」と言いました。川岸の山肌がとてつもなく大きな岩盤でできている景色に気づいたのです。
P8060074 (2).jpg P8060073 (2).jpg
大杉峡谷は大きな岩に、山から流れる水により気が遠くなるほどの年月をかけて谷ができ徐々になだらかに削られ今の河川をなしています。あの大きな岩盤を見るとその「気の遠くなるほどの年月」を感じ、感動します。
P8060048.jpg P8060049.jpg
P8060047.jpg P8060012 (2).jpg
P8060004.jpg P1010025.jpg
DSCN4562.jpg P8060023 (2).jpg
P8060016 (2).jpg P8060018 (2).jpg
さあ、第二のスポットに到着しました。ここは更に水が澄んでいて綺麗!魚の数も多いですね。
P8060054.jpg P8060051 (2).jpg
P8060053.jpg P8060060.jpg
P8060056.jpg P8060055.jpg
しばらくそれぞれ好きに遊泳したあと、もっと険しいスポットに「行きたい人」だけで行ってみる事にしました。
P8060120.jpg P8060122.jpg
足の届かない深さの川も渡るので、自力で泳ぐ事に自信のある子のみの限定探検。かなりぬめりのある、足がかりがつかみにくい大岩を超えたり、急流のある深みを力いっぱい泳ぎながら到着したところは!!!
P8060132.jpg P8060129.jpg
P8060125.jpg P8060112.jpg
ここに竜宮城があるかのしれないと思うほどの美しさ。大きな鮎も多く泳いでいます。急な流れ込みがあるので酸素の粒がキラキラ輝き、水の中の天国を見た気がします。
P8060110.jpg P8060090.jpg
地上には人間があらゆる手法で作った「地図」というものが存在しますが、水中の地図があったなら、それぞれの岩に名前があったり、水中の砂地に名前がついたりしているのかもしれない。水中を知り尽くしているのは魚たち。地球上では陸地より川や海という水場のほうが面積が広いのだから、水場に生きる生き物の世界に私たち陸地の生き物が生きているんだなー。水中天国でそんな事を感じました。子どもたちは小サバイバルを体験しながら、みんなのいる第二スポットから第一スポットと、元来た道を戻り、バスで自然学校に帰ってきました。

ちょっと休憩したあと、夕食づくりを希望制にしてお手伝いする子、そしてのんびりする子に分かれました。
DSCN4582.jpg DSCN4578.jpg
展示コーナーの楽器やベーゴマ、和ゴマ、楽器で遊んだり図書室で読書をする子など色々。事務所でお留守番してくれていたスタッフ・みこちゃんがある程度下ごしらえをしておいてくれた事もあり、お疲れのみんながフル回転せずとも夕食ができあがりました。
今夜の夕食はハッシュドビーフ風ポーク、茹でトウモロコシ、塩キュウリ、みかんレアチーズ。55人の夕食を72人分作ったけど一瞬で完食。美味しかったよねー!
DSCN4419.jpg CIMG5439.jpg
CIMG5440.jpg CIMG5443.jpg
CIMG5445.jpg
夕食後、片づけをしたあと、明日の選択プログラムの希望を聞きました。薗川でしゃくり、ツリーイング(木登り)、7Mジャンプ、滝探検、のんびりハンモック、などのメニューがあります。色々楽しそうで迷ってしまうね!

五右衛門風呂に入って、今夜は体育館で就寝です。今日は昨日ほど熱くは無かったけど活動がハードだったから眠い!よね??(笑)ぐっすり眠って明日の選択プログラムが楽しく体験できますように!



posted by 大杉谷自然学校 at 22:13| Comment(2) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

8/3-8大台町わくわくサマーキャンプ(3日目)

おはようございます!テント泊初日はよく眠れたかな?今日は朝から志摩の海へ出かけるため、起床と朝食時間を気持ち早めで進めます。
P8050339.jpg P8050340.jpg
P8050343.jpg
朝ごはんは丸パンサンドウィッチ、スープ、ヨーグルトミカン。ご飯も好きだけど、パンも大好きなみんな。ふわっふわの丸パンサンドウィッチ、美味しかったよね!
P8050345.jpg P8050344.jpg
朝食が終わると食器を片づけ、出発準備。忘れ物は無いかな?10時半過ぎ、志摩市の次郎六郎浜に到着。今日は志摩自然学校の皆さんに海での体験でお世話になります。
CIMG5408.jpg CIMG5436.jpg
オリエンテーションやライフジャケット装着など安全装備をしていよいよ海水浴です。お天気が素晴らしく良くて、広い海の解放感も最高!飛び込みが始まりましたよ。水場を見たら飛び込みを発想する君たち、本当に飛び込み好きだなー(笑)
DSCN4332.jpg DSCN4330.jpg
DSCN4329.jpg DSCN4315.jpg
DSCN4307.jpg P8050361.jpg
P8050359.jpg P8050354.jpg
P8050353.jpg DSCN4335.jpg
DSCN4347.jpg DSCN4349.jpg
お昼ご飯のお弁当をいただいたあと、シーカヤックの乗り方を教わり、無人島「うさぎ島」を目指しました。殆どの子どもたちがシーカヤックに乗るのも、無人島に行くのも初めて。上手にカヤック操作ができるかな?
CIMG5427.jpg CIMG5420.jpg
DSCN4368.jpg DSCN4362.jpg
CIMG5434.jpg DSCN4357.jpg
DSCN4354.jpg CIMG5428.jpg
DSCN4365.jpg CIMG5432.jpg
なかなかみんな上手だよ!うさぎ島には、うに、ミル(海藻)、ヒトデなんかも見つけて、川には居ない生き物が見れて嬉しかったよね。
P8050009.jpg DSCN4389.jpg
DSCN4388.jpg DSCN4387.jpg
DSCN4385.jpg DSCN4386.jpg
DSCN4378.jpg DSCN4383.jpg
DSCN4344.jpg P8050011.jpg
P8050021.jpg
夕方まで無人島の浅瀬で海遊びを楽しんだあと、楽しかった海の町、志摩を後にし、大杉谷にバスで帰ります。志摩自然学校の皆さん、ありがとうございました。たっぷり遊んだあとは、みんなバスに揺られ、しばしのお昼寝タイム。
DSCN4410.jpg DSCN4411.jpg
DSCN4412.jpg
大杉谷に到着したのは18時頃でした。おかえりーー!みんなの帰りを待っていたのはせせらぎ会さんの美味しい夕食です。
DSCN4417.jpg DSCN4416.jpg
DSCN4413.jpg DSCN4415.jpg
DSCN4418.jpg
よく遊んだあとはよく食べて、五右衛門風呂に入って、今日は更に疲れたのでぐっすりおやすみなさい。テント泊2日目。いい夢を見れますように。

さあて、子どもたちが寝入ったら、スタッフは毎夜ミーティング。子どもたちの様子や翌日スケジュールの確認など、明日がさらに良い体験になるよう綿密な打ち合わせをします。連日お疲れさまの超がんばってくれているスタッフ11名のために、数年ぶりに「ろみルクコーヒー」も復活。ちょっぴり甘ほろ苦い特製コーヒー牛乳(ろみ特製)でしばし労をねぎらって、スタッフのみんなもおやすみなさい。
IMG_5799.jpg P8050026.jpg



posted by 大杉谷自然学校 at 21:59| Comment(2) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

8/3-8大台町わくわくサマーキャンプ(2日目)

P8040282.jpg
おはようございます!2日目の朝です。起床時間は7時。朝ごはんづくり班さんと五右衛門風呂掃除班さんが、朝から頑張ってくれました。
DSCN4148.jpg DSCN4150.jpg
ほかのお休み班さんは、図書室を開放して読書などしたり、展示楽器で遊んだり。ほどなく朝食時間になりました。
P8040284.jpg P8040286.jpg
今朝のごはんは、じゃこ豆腐、おくらおかか、お味噌汁とごはん、オレンジ。みなさん手を合わせて。いただきまーす!
P8040285.jpg P8040288.jpg
P8040289.jpg DSCN4154.jpg
あっという間にすべて完食。今日も元気で川泳ぎ!っと、その前に、今夜はテント泊をするので、朝の涼しいうちにテントを立ててしまいます。食事作りなどの班活動は男女混合ですが、テント班は男女別になります。ドキドキのテント班分けも発表され、班ごとにテントを立てました。
DSCN4162.jpg DSCN4164.jpg
DSCN4167.jpg DSCN4163.jpg
P8040318.jpg
そのあとは今日も川泳ぎ。良いお天気続きで川が気持ちいい!箱メガネで川の魚たちを覗いたり、びんづけ(えさを入れたセル瓶を沈めて魚捕獲)をしたり。飛び込みをしたり。川を満喫!
DSCN4168.jpg DSCN4173.jpg
DSCN4175.jpg DSCN4181.jpg
DSCN4190.jpg DSCN4194.jpg
DSCN4199.jpg DSCN4200.jpg
DSCN4247.jpg DSCN4248.jpg
お昼ご飯はせせらぎ会さんが作ってくださった、ひじきと枝豆の混ぜご飯、鳥団子スープ、すいか。これも一瞬で空っぽになったよね!お腹がすいているみんなのために、更に3時のおやつに「朴の木団子」も蒸して差し入れしてくださいました。思いっきり体を使って遊んだあとの甘い和菓子、美味しかったよね。
DSCN4256.jpg DSCN4254.jpg
DSCN4255.jpg

今日の午後は順番に「鮎のつかみ取り」もしました。すばしっこい鮎を捕まえるのは、大台っ子は経験者も結構いるけど、それでもなかなか捕まえられません。「捕まえたぞー!」の貴重な瞬間ショットをご覧ください!
P8040304.jpg P8040305.jpg
P8040303.jpg P8040302.jpg
P8040300.jpg P8040307.jpg
さあ、今は喜びの笑顔だけど、このあと、1匹ずつ串うちをするんだよーーー(涙)。
さて、この2日間、自然学校の真下の川で泳いだけれど明日からはまた違った場所で泳ぐので、サマーキャンプでここでの川泳ぎはこれで終わりになるかもしれません。みんな存分に泳いだかな?
夕方にさしかかる前、川からあがり、水着を干したあとは夕食づくりと五右衛門風呂焚き、そして鮎の串打ちをしました。
P8040317.jpg P8040315.jpg
DSCN4274.jpg DSCN4273.jpg
DSCN4272.jpg DSCN4271.jpg
鮎の串打ちは、踊り串と言って、鮎が踊っているかのように串で波打ち刺しをしますが、なかなか力加減が必要で子どもたちは棒刺しが精一杯な子が殆ど。それでも「目から刺すんだよ」という事についてはしっかり覚えられたと思います。命をいただくために私たちがしている事はある側面からみると残酷でもありますが、それが「命をいただく」「私たちの命の変わり身になってもらっている」という事なのです。こういう体験で実感し、こころから感謝し「いただきます」と言える人になってほしいと思って、ちょっと辛い体験ですが、頑張って一人1匹、刺してもらいます。(塩焼きにしたら、その辛さが吹っ飛ぶぐらいにみんな笑顔ほくほくで食べるんだよねー。笑)
P8040322.jpg P8040324.jpg
P8040320.jpg P8040331.jpg
P8040327.jpg P8040330.jpg
sc_20160804172322.jpg
今夜の夕食メニューは羽釜で炊く白ご飯、羽釜で作る豚汁、トマトときゅうりのサラダ、鮎の塩焼きと白玉フルーツポンチ。自然学校の食事作りは単に「作る」のみならず、火おこしからしなくちゃ煮炊きができない。普段はガスコックをひねれば火が付く「簡単な火」は知恵の進化形であり、そもそも火はとても貴重で、大切で神聖なものだったのです。火おこしを体験する事で風の加減や火種の工夫などを考えるとき、火がいかに自然の力を借りながら知恵と工夫でようやく火をおこすことができる事に気づきます。
sc_20160804172741.jpg sc_20160804180508.jpg
さて、今日はお天気もいいことだし、みんなも手際よくごはんづくりを進めてくれたので、天然の灯りのもとで夕食をいただくことができました。ふさふさグリーンのグラウンドでレジャーシートを敷いて美味しい夕食をいただきました。少しだけ余りそうなごはんも「いわわ特製塩おにぎり」に変わると一気に売り切れ!みんなよく食べました。

夕食の片づけ後は先発組が五右衛門風呂入浴を順序よく済ませ、今夜はナイトハイクにをします。懐中電灯を首に下げ、危なくないように暗闇を生き物探しに出かけました。ちょっとドキドキしながらも、ワクワク。どんな生き物が見れるかな??夜に活動が活発になる「ギギ」(魚です)や「モモジロコウモリ」など見れましたね。
DSCN4285.jpg DSCN4292.jpg
帰ってきたあとは残り組が五右衛門風呂入浴を済ませ、楽しみお待ちかねのテント泊。大杉谷の夜は寝入りばなは少々暑くても、明け方に寒くなるケースもあり、寝るときは必ず枕元に長袖長ズボンを用意してすぐに着込めるようにセットして寝ます。今夜はどうだろうね?。テント泊は珍しくて子どもたちは興奮しがちだけど、大きな声を立てないでね。君たちよりも野生の生き物のほうがずっとたくさん住んでいて、野生動物たちがびっくりしてしまうからね。鹿、ウサギ、キツネ、リス。カエルや蝙蝠、ミミズクや、、数えきれないたくさんの生き物たちはそっと静かに、みんなが眠るのを見守ってくれているよ。さあ、明日は海にお出かけ。どんな景色が待っていてくれるかな。今夜はぐっすりおやすみなさい。





posted by 大杉谷自然学校 at 22:19| Comment(3) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

8/3-8大台町わくわくサマーキャンプ(1日目)

今日から、この夏一番長い5泊6日キャンプ「大台町わくわくサマーキャンプ」が始まりました。長いキャンプが楽しみで仕方ない子や、初めての参加でちょっと緊張した子などいろいろです。まずはオリエンテーションやスタッフの紹介、施設の紹介、キャンプ中の約束事などの話をしたあと、班分けをし、お互いに名前を覚えるゲームで緊張を和らげたり、互いを知り合います。
P8030148.jpg P8030158.jpg
P8030163.jpg P8030171.jpg
P8030173.jpg P8030174.jpg
今日のお昼ご飯は班ごとにまとまってスタッフと一緒にいただきました。せせらぎ会さんの麻婆豆腐がメインのお昼ご飯をいただき、川遊びの準備をしました。

子どもたちは一目散に飛び込み岩に。初めての子も恐る恐る飛んだあとは何度も飛びたがります。
P8030249.jpg P8030224.jpg
P8030216.jpg P8030179.jpg
時折ざっと雨が降ったり、またあがってお日様がさしたり。今日は天気が変わりやすいですね。夕方まで飛び込みをしたあとは、五右衛門風呂焚きを教わりました。講師は地元の大瀬さん。今夜から毎晩薪風呂入浴です。
P8030254.jpg P8030262.jpg
P8030264.jpg
五右衛門風呂の焚き付けがいったん終わると、夕食をいただきます。今夜の夕食はせせらぎ会さんが作ってくださった、大杉谷スペシャル。鹿肉のみそ焼き、アマゴフライなど、地元でとれたものをふんだんに使ったお料理で、みんなおかわりに群がりました。総勢55名の夕食なんて、滅多に無いよね!
P8030271.jpg P8030275.jpg
P8030274.jpg P8030276.jpg
P8030277.jpg
夕食後食器を洗って片づけたら体育館で交流会を行います。「班対抗係決めゲーム」が始まりました。役割分担を決めるのも、ゲームで競い合って楽しく決めていきます。
P8030280.jpg
それらひととおりが終わると五右衛門風呂入浴をして今夜はおやすみなさい。でも興奮してあまり眠れないかもね。明日も川遊びを満喫するのでできるだけ今夜はぐっすり寝てね!

posted by 大杉谷自然学校 at 20:36| Comment(3) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

サマーキャンプの下見

昨日は志摩にサマーキャンプの下見に行ってきました。今は梅雨で写真は青い海じゃないけれど、サマーキャンプの子どもたちと一緒に来た時はきっと晴天のはず!みんなとサマーキャンプで青い海を楽しむよ!(それは君たちの普段の”おこない”にかかっている!)笑DSCN2928.jpg DSCN2942.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 19:14| Comment(0) | 大台町サマーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする