2019年04月07日

4/6-7ボランティアサンクスデー

2日間に渡って、ボランティアサンクスデーを開催しました。1年に1回のボランティア感謝祭。プログラムで目いっぱいがんばってくださるスタッフ達と労をねぎらいたのしみました。
満開の桜の下での記念撮影にはじまり、ちゃんこ鍋をいただき、五右衛門風呂に入り、カラオケやダンス、ゲームに雑談を楽しんだ1日目。2日目は豪華朝食で始まり、椎茸の菌打ち作業、動物観察棟の屋根裏板撤去作業をお手伝いいただき、ニホンミツバチの巣箱を設置することができました。これで更に椎茸収穫体験や、蜂蜜きり体験、蜜蝋でのクラフトなど活動の幅が広がる事でしょう。協力いただきましたボランティアの皆さんには心から感謝申し上げます。本当に楽しかった2日間でした。ありがとうございました。そして今年度もどうぞよろしくお願いします。

IMG_7652.jpg P4060005.jpg
P4060002.jpg P4070007.jpg
RIMG5176.jpg DSC00837.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 14:02| Comment(0) | ボランティア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

質の高い、大杉谷自然学校のボランティアスタッフ

IMG_7792.jpg
日々の日記に押されていくタイプのブログに書くのは適していないと思いつつ、でも書きたい!ので書きます。大杉谷自然学校のボランティアスタッフの質の高さについてです。

まず、高校生はとても子どもに寄り添う事が上手で、例えば元気なスタッフは要領が分かってくると子どもたちへの声掛けも大変上手で、元気いっぱいの学生に遊んでもらえる子どもたちからも大人気です。中には比較的大人しいタイプのスタッフも居て、そういったタイプはまたよく気が付いて子どもたちへの安全安心への配慮が素晴らしい。文武両道で、休憩の合間に勉強も一生懸命頑張る高校生も居て立派だなと感心します。

大学生は少し社会の事が分かり始める世代になってきて、更に気づきや配慮が増え、リーダーとしての役割も素晴らしいです。更に教育や保育関係専攻の学生も多く、自分たちの進路に合っていることもあり積極性が高いです。

社会人になってくると、それぞれの社会経験から見た大杉谷自然学校というかかわりは大変ありがたく、さりげなく様々な提案をいただいたり、スタッフが不便にしていたり施設の使いにくいと感じているところを自主的に改善くださっていたり、取り入れたらどうかな?というプログラムを教えてくださったり。

主夫や主婦の方もお越しで、家庭生活面のサポート力という点ではマンパワーとしてありがたい層です。食事作りの指導や準備片付けについて、日ごろの生活の中から先にイメージが出来ているためどんどん手が足りていなところを率先してサポートしてくださいます。

そしてリタイア層は貫録と余裕があるなかで大杉谷自然学校をサポートくださるため、提案もサポートも知識も、その人そのものの全てがありがたいと感じます。自然学校が第二の人生での居場所として活用いただけることが嬉しく思います。

長年の活動によって、かつての参加者が自然学校の活動に寄り添いながら学生、社会人へと成長していく様子も見られるようになりました。ちょうど3月は、ボランティアの年度更新時期で、4月からの生活に異動がある方はそれぞれ記載くださるのですが、進学先や社会人生活をスタートさせる事をお知らせいただき、本当に嬉しく思います。少子化の現代において、様々な層とかかわりを持つ子どもたちも幸せだと思います。これからも変わりなく大杉谷自然学校にお付き合いいただけたら嬉しいです。

更に、今日は「本」をボランティアスタッフさんが贈ってきて下さいました。以前、大杉谷自然学校のスタッフ皆で観に行った映画「みんなの学校」の木村先生執筆の図書を3冊もプレゼントしてくださったのです。以前、ブログで映画の感想や講演会の感想を書いたら、関東にお住いのボランティアスタッフが地元での開催を捜し、映画や講演にお出かけされた際に購入された図書です。気づかぬうちに大杉谷自然学校を軸にして全国に「子どもたちを見守るネットワーク展開が始まっていたのだ!」と実感し、集まって下さる皆様に心から感謝したいと思います。

実は、現在上映が始まっている映画で、また「観たい!」と思っている映画があります。もしも関心がある方がいらっしゃいましたら、ご覧ください。三重県では五月末に伊勢進富座で上映予定なので鑑賞したいと思っています。
ーーーー
映画「道草」
posted by 大杉谷自然学校 at 09:00| Comment(0) | ボランティア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする