2017年06月26日

6/26 宮川中学校1年生 友釣り

今日は、宮川中学校の1年生「友釣り」体験を実施しました。講師は宮川上流漁業協同組合さんにお越し頂きました。釣り竿の扱い方など詳しく教えて頂き、中学生たちもしっかり聞いていました。なかなか友釣りは初めての画学生が釣るには無塚シイのですが、それでも数匹この日に釣れていました。釣りは魚と人間とのかけひきが面白いので、こつが分かるととても楽しくなると思います。中学生がなかなか友釣りをする機会が無いので初めての良い経験になったのではないでしょうか。川で遊ぶ面白さの一つとして覚えていてもらえたらと思います。
RIMG1202.jpg RIMG1205.jpg
RIMG1206.jpg RIMG1202.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 21:30| Comment(0) | 学校連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

5/30 未来の森 三瀬谷小学校

今日は三瀬谷小学校4年生の未来の森の授業をしました。自然林と人工林の違いを実際山に入り見比べ、どんな森が理想なのか、などを考えました。今後3回の授業では、間伐、皮むき、乾燥、搬出、市場で販売まで行います。
RIMG0447_R.jpg RIMG0438_R.jpg
RIMG0441_R.jpg RIMG0446_R.jpg
RIMG0444_R.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 18:50| Comment(0) | 学校連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

5/26 未来の森 宮川小学校

今日は宮川小学校の未来の森の授業を行いました。今回は前回みて感じた「理想の森」を目指し、間伐作業をしました。伐った木の皮をむくところまでが今回の内容です。講師は宮川森林組合の皆さん。間伐のお手本をみせていただき、お手伝い頂きながらのこぎりで伐ってみました。大きな木が倒れる音に感動しましたね。皮はぎは面白くてつるつるになった木肌も綺麗でしたね。この木たちは暫く山でこのまま倒しておき、乾燥させます。次回は秋に搬出です。

RIMG0369_R.jpg RIMG0381_R.jpg
RIMG0389_R.jpg RIMG0413_R.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 19:09| Comment(0) | 学校連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

5/18 未来の森 宮川小学校

昨日は宮川小学校4年生の未来の森の授業をしました。自然林と人工林の違いを実際山に入り見比べ、どんな森が理想なのか、などを考えました。今後3回の授業では、間伐、皮むき、乾燥、搬出、市場で販売まで行います。
170518-140925_R.jpg 170518-144939_R.jpg
170518-150129_R.jpg 170518-140312_R.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 18:10| Comment(0) | 学校連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

3/22 宮川小学校4年生 1/2成人式

嬉しいご招待状をいただきました。「3月22日に1/2成人式を開催するので、是非お越しください」という宮川小学4年生からのお手紙です。4年生の体験学習や、林業体験などで一年のうちで何度も授業をさせていただいた自然学校。ありがたく出かけてきました。
この日は音楽コンサートがあったり、児童たちひとりひとりが将来の夢を語る場面や、小さい頃の写真もスライドで流れ、それは感動のセレモニーでした。お礼のプレゼントには小さなメッセージもついていて、本当に心温まる会でした。ご招待いただき本当にありがとう。君たちがあと10年経った本当の成人式で、どんなふうに成長したのか見せて頂くのが楽しみです。そして君たちの子どもたちがまた自然学校の体験をして、、、など、夢が広がっています。本当に素敵な一日をありがとう。

P3222573.jpg P3222570.jpg
P3222579.jpg IMG_6072.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 15:27| Comment(0) | 学校連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

11/24 未来の森 宮川小学校 植樹モニタリング

昨日は宮川小学校6年生「未来の森」植樹モニタリングの学習をしました。去年5年生の時に植樹した木がどのように成長し、また、100年後どのような森になるのか予測しました。
この授業は平成23年からスタートし、かれこれ5年になります。今年、下見時に平成23年度植樹の森に行くと、なんと栗を3粒も拾えました。「桃栗3年柿8年」子どもたちもみんなこのことわざを知っていました。ちなみに、植えた苗木の樹齢は3年。ですので平成23年に植えた栗の木は今年8歳。ことわざから考えるとかなり以前から実をつけていたのではないでしょうか?
PB241606.jpg PB241585.jpg
そして、次に植栽図をわたして、枯れている木や大きくなっている木、あまり成長していない木などを記録していきます。自分の背丈よりずっと高いススキなどの藪を潜り抜けの調査とっても面白かったです。一番大きくなっていた木はヤシャブシです。2番目はヤマモモ。それはそれは驚くほど大きくなっていました。
PB241574.jpg PB241597.jpg
それに反して、ヤマザクラやタカノツメはほとんど枯れてしまっていました。最後に未来の森の予想図を書いて、森林組合の講師の先生から、苗木を植えた時に考えた未来の森の姿を教えてもらいました。100年後はなんと……、モミの木が3本ほど生い茂った下に、シデや紅葉がぐんにゃりと生えるようなイメージだそうです。まっすぐのびる木と曲がるのが得意な木が適する形で森を作ります。

ちなみに、今ぐんぐん育っていたヤシャブシは寿命が短く、モミが育てる日陰を作るのに貢献した後は枯れてしまうそうです。最初からモミだけ植えれば良いという話ではなく、植えた木すべてに意味があるのだというお話をしてくださいました。それは私たち人も同じですね。すべての生き物、自然界の全てには何らかの意味があるのですね。あなた方みんなも素晴らしい存在である、と、樹は教えてくれているように思いました。

主催:大台町教育委員会
posted by 大杉谷自然学校 at 11:35| Comment(0) | 学校連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

11/10 未来の森 三瀬谷小学校 搬出

昨日は三瀬谷小学校4年生「未来の森」の授業のため、学校から山まで移動して搬出の体験学習をしました。ここで前回、7月に間伐した木を山からおろしてきて、次回木材市場で販売するために出荷できる形状にします。
PB101171.jpg PB101170.jpg
あれ?途中で何か見つけたよ。これは何かな?
PB101195.jpg PB101172.jpg
鹿ですね。ここで亡くなったのでしょう、どうか安らかにお眠りください。
今回もお世話になるのは宮川森林組合の皆さんです。
PB101179.jpg PB101180.jpg
前回切り倒した木はそのまま山で乾かした事で、水分が減ったため運びやすく軽くなっています。斜面からおろすとろこまでは森林組合さんにお願いし、その木を検尺(測って切り揃える)する場所まで皆で協力して運びます。
PB101189.jpg PB101193.jpg
PB101194.jpg
さて、検尺場所まで運び終わりました。検尺の方法を教わります。長い木の長さ、太さを測ってみます。そしてまっすぐな部分をなるべく長くとる事で高く売れるので、どの部分まで残すのか、森林組合さんに目利きをしていただきながら印をつけ、のこぎりで切りました。
PB101204.jpg
この長い木を例にとってみると、右のほうが若干うねりがあり、まっすぐではありません。曲がったりうねったりしている部分を切りおとして、できるだけ「使いやすい木」として販売することが大切なのです。
PB101218.jpg PB101224.jpg
PB101219.jpg PB101227.jpg
PB101231.jpg
のこぎりを使うのは今回2回目。皆さんなかなか上達していましたね。「押してもダメなら引いてみな」。のこぎりは引くときに力をかければ手早く切れますね。みんなの頑張りで、足場丸太が15本、杭が4本できあがりました。次回の市場ではどんな価格で売れるのでしょう、楽しみですね。できるたけ高く売れたらいいな!

主催:大台町教育委員会

追伸)
子どもたちが木を切る時の使いやすい道具「うま」にはかわいい顔がついているからか、なかなか人気です。
PB101243-1.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 09:00| Comment(0) | 学校連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

11/7 未来の森 宮川小学校 木材市場見学

今日は宮川小学校4年生「未来の森」の授業で木材市場見学に行きました。今日お世話になるのは丸天木材市場の森下さんです。
PB071033.jpg PB071032.jpg
PB071040.jpg PB071036.jpg
これまで3回の授業を通じ、ようやく売る段階まできた木材を今日は市場で買っていただくのです。児童たちはできれば高く買ってもらおうと、班ごとに木材のPRを考えてきていました。学び得た事がフィリップになっていて「森の中の木の役割」「自然林と人工林のちがい」「手入れから学んだこと」など素晴らしい発表が続きました。
PB070998.jpg PB070995.jpg
どの木よりも自分たちの木を選んでほしいという熱意が伝わったのでしょう、これまでに無い高値が付きました。みんなの努力が実を結んだのです。やったね!
PB070991.jpg
買っていただいた方に、どのような使い方をなさるのかもインタビューできました。牡蠣の養殖いかだに使いたい、足場丸太に使いたい、杭として使いたい、と仰っておられました。木の太さや長さによって使い方が違うと前回学んだところだったので、いろいろな使われ方で木が利用される事を児童のみなさんも嬉しく思った事でしょう。
今日は多く木材が並んでいて、お客様も多い日でした。森下さんからどのような木が高く売れるのかも教えて頂きました。
PB071015.jpg PB071021.jpg
将来は林業家になりたいという児童もいました。女性の森下さんから、女性でも林業の世界でお仕事ができる事も教わることができました。
町の自然と産業は密接に関わり、その産業は地元の自然と、人々の暮らしを豊かにするものであってほしいと思います。そのために「自分たちの商品はほかの商品と比べてどう素晴らしいのか」を伝えていく事の重要さも学ぶ良い授業となりました。宮小4年生のクラスの力がこの深い学びに結びついたのだと思います。皆さんお疲れさまでした。
主催:大台町教育委員会
ーーーーー
●テレビ放送のお知らせ
今日の木材市場見学の様子がテレビ放送されます。是非ご覧ください。
【放送局】松阪ケーブルテレビ
【番組名】ニュースMCTV
【放送日時】11月8日(火)18:00、20:00、22:00 11月9日(水)6:00、8:00、10:00、12:00
※緊急放送などによる番組変更などご了承ください。
posted by 大杉谷自然学校 at 18:21| Comment(0) | 学校連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

10/31 未来の森 宮川小学校 間伐材出荷体験

昨日は宮川小学校4年生「未来の森」の授業で間伐材出荷体験をしました。6月に皆で間伐した木を、次回に木材市場で販売するため、今回は山から材木を降ろして販売する長さにカットし、トラックに積み込む作業を行います。
DSCN6305.jpg DSCN6395.jpg
講師の先生は、宮川森林組合の皆さん。ご挨拶をして前回の振り返りと今日の作業の注意をお話しいただきました。そして山で倒したまま乾燥させておいた木を運びだす作業は危ない面も伴うため、プロの講師先生にお任せしました。
DSCN6333.jpg DSCN6311.jpg
DSCN6319.jpg DSCN6354.jpg
一旦足場の良いところに木をおろしていただいたものを揃った長さにカットする場所まで運搬するのは児童たち。検尺といって、全体の木の長さを子どもたちが測り、売れる部分を見極め、長いまま残すのか、また用途に合わせてカットするのかを判断する目利きの技を森林組合さんにお願いしました。
DSCN6374.jpg DSCN6372.jpg
DSCN6351.jpg DSCN6337.jpg
カットする長さが決まったらのこぎりを使って木を切ります。のこぎりの使い方はまだまだですが、何事も経験です。力の入れ方を工夫しながら切りました。
DSCN6345.jpg DSCN6363.jpg

カットの作業のあとは木っ端やおがくずもお土産で子どもたちが持ち帰りました。ヒノキのフィトンチッド精分でリラックス効果大です。ご家庭の皆さんと香りを楽しんでみてください。

今回出来上がった材は市場で「足場丸太」「たん材」「杭」の3種類。さて、市場で高く売れるでしょうか?子どもたちはこの材たちがなるべく高く売れるように、セールスポイントを考えているようです。頑張れ!小さな商人たち!

主催:大台町教育委員会
posted by 大杉谷自然学校 at 11:32| Comment(0) | 学校連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

7/14-15 鳥羽小学校 宿泊自然体験

昨日から今日まで2日間、鳥羽小学校のキャンプを行いました。鳥羽からバスで到着し、まずはオリエンテーション、川遊びの注意ポイントやライフジャケットの装着をしたあと川に降りました。
DSCN3242.jpg DSCN3244.jpg
DSCN3248.jpg DSCN3243.jpg
海遊びは慣れているかもしれない鳥羽の子どもたちは、川は随分冷たく感じたかもしれません。鮎のつかみ取りはもしかしたら初めての児童も多かったかもしれませんね。なかなか捕まえられない楽しさ、そして掴み終わったあと、炭火で塩焼きのための串打ちまでしました。目から串を刺すのは児童にとっては辛い体験だったでしょうが、作ってもらったものを食べる、また、買ってきたものを食べるばかりではなかなか気づけない”命を頂く事とはどういう事か”考える機会になっただろうと思います。
DSCN3265.jpg DSCN3264.jpg
DSCN3260.jpg DSCN3267.jpg
DSCN3266.jpg
川からあがると夕食作り、そして五右衛門風呂焚きをしました。今日の夕食は、羽釜で炊いた豚汁と白いご飯、鮎の炭火塩焼き、トマトときゅうりのサラダ、デザートに白玉フルーツポンチ。
存分に川で泳いだ後自分たちで作った夕食は本当においしかったですね。
夕食後は五右衛門風呂に入浴して就寝しました。

2日目、朝6時に起床です。荷物まとめをしたあとは朝食を準備。
DSCN3270.jpg DSCN3273.jpg
DSCN3277.jpg
朝ごはんはカートンドッグとスープ、バナナ。お日様が上がってくる陽の光を浴びながら調理しました。
DSCN3274.jpg DSCN3276.jpg
朝ごはんのあとは片づけをし、閉会式。あっという間の2日間でしたが、海の町からやってきた皆さんにとって、川の町に来てみてどのように感じられたでしょうか。それぞれの地域の良い所を実感してもらい、自分たちの郷土の素晴らしさにも気づくきっかけになればと思っています。

posted by 大杉谷自然学校 at 12:15| Comment(0) | 学校連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

今日から鳥羽小学校キャンプ!

今日から鳥羽小学校キャンプ。子どもたちのゲンキな声が山間に響いています。午後に一瞬急な雨が降りましたがまた今は雨があがり、夕食を作っています。鮎の炭火焼きの煙が立ち込めていますよ!
posted by 大杉谷自然学校 at 18:15| Comment(0) | 学校連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

7/11-12 下御糸小学校 宿泊自然体験

7月11〜12日は下御糸小学校の宿泊体験を行いました。初日はとても天気が良くて暑く、水温も入りやす温度まであがりました。
DSCN3144.jpg DSCN3167.jpg
児童たちはライフジャケットの装着や注意事項、川での安全管理について話を聞いたあと、川泳ぎ開始。飛込みをしたり、魚を捕ったり自由に遊泳しました。オラフだ!と言っていたのはこの岩。本当だ、オラフに見える!
DSCN3158.jpg DSCN3161.jpg
持参のお弁当をいただいたあとは、鮎のつかみどりをしました。すばしっこい鮎はなかなか捕まえる事は難しいのですが、1人1匹捕まえたあと、塩焼きにするために串うちをしました。目から刺すので子どもたちには辛い作業ですが、私たちが生きると言う事は殺生の繰り返し、それにより命をいただいている事を実感する体験でもあります。頑張って串うちをしていました。これは夕食のおかずになるため一旦保管。
DSCN3168.jpg DSCN3152.jpg
夕方川からあがると、少し休憩をしたあと夕食作り、五右衛門風呂焚きがスタート。それぞれ持ち場について作業開始。
DSCN3175.jpg DSCN3181.jpg
DSCN3180.jpg DSCN3177.jpg
今日の夕食は「羽釜で炊いた豚汁、鮎の塩焼き、羽釜で炊いた白いご飯、トマトとキュウリのサラダ、クリームチーズのデザート。チームワークばっちりのクラスで、皆持ち場の役割に一生懸命取り組んでいました。陽が高いうちに屋外で食べる、自分たちで作った夕食の味は格別でしたね。
DSCN3182.jpg DSCN3199.jpg
夕食の後少し休憩をし、ナイトハイクに出ました。真っ暗な川原で火打石を打って火花が散るところを見たり、生き物観察ではアカハライモリ、ツチガエルを見つけました。飛んでいるモモジロコウモリも観れましたね。ナイトハイクから帰ってきて、五右衛門風呂入浴をしたあと、夜はぐっすり眠りました。

朝は6時半に起床。朝食準備と施設掃除をしました。朝ごはんはカートンドッグ、卵とわかめのスープ、果物。お腹いっぱいたべたあとは、思い出絵葉書つくりをしながら、楽しかった体験をふりかえりました。
楽しかったキャンプはあっという間に終わりました。
下御糸小学校の皆さんは海に近い地域ですが、山と川に囲まれた山間地で過ごす1泊2日はどうでしたか?違う環境で過ごしてみて、あらためて自分たちの地域の特色も感じた事と思います。遠いように思えても、海と川は繋がっていて、環境にお互いが影響しあっています。そういったことを感じるキャンプとなれば幸いです。
posted by 大杉谷自然学校 at 13:30| Comment(0) | 学校連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

今日から下御糸小学校キャンプ!

今日はいいお天気になりましたね!今日から下御糸小学校のキャンプです。二日間晴れてくれたらいいですね!
posted by 大杉谷自然学校 at 08:04| Comment(0) | 学校連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

7/8上御糸小学校 自然体験

今日は上御糸小学校5年生の自然体験を行いました。曇り空でしたが蒸し暑く、例年はかなり冷たく感じる川水もそれほど冷たく感じない温度で泳げました。

DSCN3102.jpg
早めに到着いただき、十分泳ぐ時間がとれました。鮎のつかみ取りも行い、自分たちで串うちを行いました。私たちが普段食べるものはどれも「命あるもの」を口にし、私たちの命に代えています。串を打つときは辛い瞬間でもあった事でしょうが、こういう命をいただく体験によって実感した事と思います。地元やったる会さんに炭火で塩焼きをしてもらい、熱々の鮎もいただきました。
DSCN3110.jpg DSCN3107.jpg
比較的海に近い場所にある上御糸の皆さんは清流宮川で泳ぐ事は少ないかもしれません。海と川の違いを感じた事でしょうし、地元との環境の違いに、それぞれの地域の良さを感じる事ができたらいいですね。海と川、山と里は自然環境の中でお互いに作用し合っています。そういった事もかんがえるきっかけにしてもらえたら嬉しいです。
posted by 大杉谷自然学校 at 18:15| Comment(0) | 学校連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

7/5 大台中学校1年生

今日は大台中学校1年生の自然体験をしました。去年は6年生キャンプでやってきたみんなが中学生になってぐっと大きくなっていて、顔つきも清閑になって、ああ、みんな成長しているなあと感動します。
DSCN3063.jpg
7月上旬は通常水温がまだ低いのですが、今日は暑くて倒れそうなぐらいの猛暑日だった事もあり、水温が有る程度あり泳ぎやすい日になりました。鮎のつかみ取り、鮎の串うち、そして大岩からの大ジャンプ。それぞれに川での体験を楽しんでいました。
DSCN3065.jpg DSCN3069.jpg

DSCN3077.jpg
写真が小さくて分かりにくいかと思いますが、この綺麗な山と川の中に生徒たちが川の体験をしているとても美しい写真。これを見て「人間というのは自然界でいかに小さな存在か」と実感します。私たちは私たちの目線で物事を常に見ていて、そうすると自分中心の目線で物事を考えてしまいがちになりますが「世界の中の私」は様々なものとの関係して偶然の「今」を体験しています。私という小さな存在を包み込んでくれる自然にありがたい気持ちにさせる素敵なショットです。
自然学校が中学校の事業で関わる事は今回の体験がラストになります。川の豊かな環境が棲んでる町の中にあり、学校から川の体験に出かける体験は、全国的にもそれほど多く無いと思います。とても貴重で個性的な体験が「大台町で暮らしているからこそ」出来るのです。いずれ成長して町での生活を経験した時に気づく事でしょう。
DSCN3078.jpg

主催:大台町教育委員会
posted by 大杉谷自然学校 at 16:19| Comment(0) | 学校連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

7/1 未来の森 三瀬谷小学校 間伐体験

7月1日は三瀬谷小学校4年生「未来の森」の授業で間伐体験をしました。学校から徒歩で作業の山にGO!
DSCN3000.jpg DSCN3005.jpg
前回の手入れの入った山、手入れされていない山の比較を思い出しながら「手入れされた元気な森」を作るために今日は木を間引くのです。講師は宮川森林組合さん。
DSCN3007.jpg
まずはデモンストレーションで、児童が自分たちで行う作業を最初に見せてくれました。カッコいい!そして手早い。
DSCN3017.jpg DSCN3038.jpg
児童たちは初めてだし、道具も使い慣れていないので、講師先生のようにはいきません。教えていただきながら皆で力をあわせて頑張りました。のこぎりで1班2本ずつ木を伐り、皮をはぐところまでの班活動。木が倒れる時、ちょっと怖くてドキドキするけれど感動しましたね。そして健康な木ほど、皮がするする剥けるので、これも楽しい作業でした。
DSCN3049.jpg P7010014.jpg
P7010006.jpg DSCN3051.jpg
P7010061.jpg P7010076.jpg
最後に児童たちの感想を聞きました。面白かった、大変だった、などの他に、皮が剥けるなめらかさの違いを実感する事が出来た感想を話してくれた児童もありました。

一旦皮を剥いた木はこのまま倒した状態で水分を飛ばし、乾燥させます。そうすることで秋の搬出作業がぐっと楽になります。次回はまた皆で力をあわせた作業が待っていますよ!

主催:大台町教育委員会
posted by 大杉谷自然学校 at 13:14| Comment(0) | 学校連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

7/1 未来の森 三瀬谷小学校 間伐体験

昨日は三瀬谷小学校の4年生の未来の森「間伐体験」をしました。詳細はまた後日アップします!sc_20160701103836.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 10:00| Comment(0) | 学校連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

6/21 宮川中学校1年 友釣り体験

今日は宮川中学校1年生の友釣り体験でした。昨日の夜から今朝にかけて結構な雨量で、催行が危ぶまれましたがその後晴れあがり、暑い一日になりました。会場を薗川から大杉谷自然学校に変更し開催しました。友釣りの講師は宮川上流漁業組合の皆さん。
DSCN2888.jpg DSCN2893.jpg
まずは鮎の習性について教わりました。獰猛な習性や、縄張り意識が強い事など、初めて聞く生徒も多かったと思います。その習性を利用した「友釣り」に今回体験してみます。
友釣りグループは友鮎を餌に釣りをし、餌釣りグループは川虫を自分で探し、それを餌に釣り体験をしました。友釣りは難しいので、釣れていた生徒は少なかったのですが、それでも釣っていた生徒が居ました。とても仲の良い雰囲気の良い学年で、竿を垂らしながら対話をして「のんびり釣り」風景さながらで、楽しそうでした。
DSCN2894.jpg DSCN2892.jpg
お昼前には鮎に串うちも体験しました。小学校の頃から学校キャンプで同じ体験をしてきた生徒たちは少ない子でも今回で3回目。炭火おこしや塩焼きを手伝ってくれる生徒もあり、お昼ご飯はお弁当と一緒に鮎の塩焼きを頂きました。
生徒に聞いてみると、友釣りをした事が有る生徒は全体の3分の2も居ました。さすが宮川っ子。更に何十回も釣りに行っているという釣好きの生徒は2名も居ました。
自然を相手に好きな事を長く続けていると、環境の変化に気づきます。それはとても大切な事。これからも自然の中に出かけて皆さんに気づきの機会が有る事に期待しています。
大杉谷自然学校に学校から体験に来る事は今回の体験がラストになりますが、大台町の大自然を誇りにしてもらえる良い体験が少しでも皆さんの記憶に残る事を祈っています。
DSCN2898.jpg
主催)大台町教育委員会
posted by 大杉谷自然学校 at 16:27| Comment(0) | 学校連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

6/20 未来の森 宮川小学校 間伐体験

今日は宮川小学校の4年生の未来の森「間伐体験」をしました。オリエンテーションのあと、講師の宮川森林組合さんんと、林の中に移動しました。
DSCN2865.jpg DSCN2863.jpg
講師の皆さんに作業を説明いただき、お手本を見せていただきました。作業のポイントなどを的確に教えてくださいます。そして班ごとに分かれ、実際にやってみました。
DSCN2872.jpg P6200029.jpg
見るのとやるのは大違いで、力の入れ具合など、のこぎりを使い慣れていない児童には難しく、講師の皆さんのようには行きませんね。「仕事」って凄い!と感じたと思います。
P6200041.jpg DSCN2874.jpg
木が倒れる音はなかなか感動だったと思います。伐った木を運んび年輪を確認し、樹齢を観察したり、木と木の間隔が広がっているかどうかの確認もしました。
今の時期は木と皮の間に水分が多く含まれているので、このタイミングで樹皮を剥いでしまう事で作業が楽になります。子どもたちはつるりと剥ける皮はぎをすごく面白がっていました。
DSCN2880.jpg
山に木を倒し、そのまま次回まで乾燥させるところまでで、今回は終了。次回は山から乾いた木をおろします。力作業が待っていますよ!
DSCN2854.jpg
主催)大台町教育委員会
----------------------------------------------------
この日の模様が松阪ケーブルテレビで放送される予定です。
ーーーーー
●テレビ放送のお知らせ
【放送局】松阪ケーブルテレビ
【番組名】ニュースMCTV
【放送日、時間】6月21日(火)20:00、22:00、
        6月22日(水)6:00、10:00、12:00、16:00
※緊急放送などによる番組変更などご了承ください
posted by 大杉谷自然学校 at 17:30| Comment(0) | 学校連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

未来の森 三瀬谷小学校 山の見学

今日は三瀬谷小学校の4年生の未来の森「山の見学」をしました。講師は宮川森林組合さん。
P6020029.jpg
まず最初に「山の危険」について少し考え、近づかないようにしたい生き物や触りたくない植物などを予備知識として認識しました。
そして山に入り「山比べ」をしました。まずは荒れた人工林。到着するまでにガケがあったり、谷を降りたりします。到着して暫く観察しました。印象をボードに書き留めます。
P6020037.jpg P6020042.jpg
次に手入れされている人工林に入りました。それぞれの林を見たら、いろいろな違いが分かります。
P6020033.jpg P6020043.jpg
子どもたちからは「荒れた山は、曲がった木、枯れた木、細い木が多い」「手入れされた山はまっすぐで、太い木が多い」という感想を聞く事が出来ました。
講師の先生からは「荒れた山も、間伐をすることで手入れされた山に変わる事ができるんだよ」「それを4年生が今年、チャレンジして手入れの行き届いた森にしましょう」とお話をして頂きました。
さあ、次回から実際に間伐体験が始まります。みんなが手入れした森はどんな森になるかな?

主催:大台町教育委員会
posted by 大杉谷自然学校 at 18:10| Comment(0) | 学校連携プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする