2018年11月07日

11/7 のびのびクラブ三瀬谷小学校

昨日は、のびのびクラブ三瀬谷小学校で、鬼饅頭づくりをしました。
この時期の旬であるサツマイモを使った、大台町でも昔から食べられてきた庶民的なおやつです。
普段は料理のお手伝いをあまりしない子も、皆と楽しく調理し、完成した鬼饅頭を食
べて美味しいと喜んでいました。
材料の計量の仕方や調理をする際の注意など、皆で協力しながら学ぶいい機会になり
ました。


RIMG3138.jpg RIMG3142.jpg
RIMG3145.jpg RIMG3146.jpg
RIMG3148.jpg RIMG3151.jpg
RIMG3152.jpg RIMG3142.jpg
RIMG3154.jpg RIMG3155.jpg
RIMG3156.jpg RIMG3159.jpg
RIMG3158.jpg RIMG3160.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 20:00| Comment(0) | のびのびクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

次世代を育成する、ひとつの点としての「大杉谷自然学校」

自然学校での年間体験者はおおよそ4000人。主催事業もあれば、行政委託もあり、学校関係や、企業様からのご依頼事業もある。決して大きな仕事ばかりではなく小さな会にも出かけ、体験や講演事業を実施する。対象の規模に関係ない熱量で活動をしているつもりだ。なぜなら、対象が大人数でも少人数でも、体験の成果は結果として「一人一人に対して」であるから。それこそが来るべき明日や、次の時代を作っていく事に他ならないから。私たちは育成事業をここ大杉谷で繰り返し行うひとつの「点」である。
そして、同じ意志をもつ、多くの企業、学校教育関係者、熱意ある行政、NPOや小さな集まりと繋がってこそ、線になり、参加者との交流が生まれ面になっていく。どうかこの面が広く厚くなっていくよう願いつつ更なる活動に励もう。
ーーーーーーーーーーー
このたび、森永製菓様のCSR活動報告書が仕上がり「伊賀・エンゼルの森 森のようちえん」等の活動報告をご覧いただけます。企業様の取り組む次世代育成事業に大杉谷自然学校が関わらせていただける事は大変光栄に感じます。是非ご覧ください。(21、30ページをご覧ください)

森永製菓海SR活動報告書

posted by 大杉谷自然学校 at 16:31| Comment(0) | 企業との連携 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

11/4 森のようちえんinフォレストピア

雨上がりの奥伊勢フォレストピアで森のようちえんが始まりました。午前中はみんなで協力してご飯作り。シチューに入れる野菜を包丁で切ってもらいました。包丁を初めて使うという子も、使い方を教えてもらって頑張りました。シチューの準備ができたら、火おこしです。うちわでパタパタお手伝い。煙たいよ、熱いから気をつけて。子どもたち同士もお互い注意したり、協力したり、火を囲んで会話も弾みます。午後からは山、川探検に出発。朝の雨で湿った土に触ってどろんこになったり、木の実を拾ったり、顔より大きな葉っぱを見つけたり、沢山の発見がありました。雨上がり、晴れの日、毎日同じ場所に出かけても、毎日新しい発見がある自然の魅力に触れた1日となりました。

RIMG3087.jpg RIMG3092.jpg
RIMG3093.jpg RIMG3094.jpg
RIMG3095.jpg RIMG3097.jpg
RIMG3098.jpg RIMG3099.jpg
RIMG3100.jpg RIMG3101.jpg
RIMG3103.jpg RIMG3104.jpg
RIMG3105.jpg RIMG3106.jpg
RIMG3108.jpg RIMG3110.jpg
RIMG3116.jpg RIMG3112.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 18:00| Comment(0) | お知らせと連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

11/4秩父宮賜杯全日本大学駅伝 応援しています!

11月4日の秩父宮賜杯全日本大学駅伝に、小学生の頃キャンプに足しげく通ってくれた元参加者が「東海学連選抜」のメンバーで出場します。かつての参加者からの「今取り組んでいる事」や「その後の頑張り」の連絡は本当に嬉しい。「数回しか参加してないから忘れてしまってるかな?」なんて思うかもしれませんが、私たちは名前(漢字)を見るとすぐに思い出します。だから諸君、是非是非「今」を連絡ください!
11月4日、大学駅伝を自然学校のスタッフみんなが応援しています。頑張れ!そして楽しんで!
posted by 大杉谷自然学校 at 09:00| Comment(0) | 今日の自然学校だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

11/1 子どもプロジェクト川添小5年 六十尋滝散策

地元の川添小学校5年生の児童と大杉谷にある六十尋滝から大杉谷登山道入口までを散策をしました。散策する道は吉野熊野国立公園、ユネスコエコパークの緩衝地域にも指定され、豊かな自然の残る場所です。子ども達の住む川添地域からここまではバスで1時間半の移動。さらに奥へと大台町が広がっていることを伝えると、その広さに驚いていました。バスから降りて、滝へと歩いていくと、何か灰色の物体が動きました。カモシカです。険しい谷間をこちらを振り返りながら森の奥へと逃げていくカモシカ。カモシカ初めて見た!と散策スタートからわくわくした気持ちが伝わってきました。道すがら、たくさん落ちている木の実を観察しました。アラカシやアカガシ、ツブラジイといったドングリやスギやヒノキ、ムクロジの実。秋の訪れや宮川上流部の透き通る水のきれいさ、岩ーの続く大杉渓谷の雄大な様子を体感し、自分たちの住む地域との違い、大台町の変化に富む自然を感じる1日となりました。
RIMG2985.jpg RIMG2989.jpg
RIMG2992.jpg RIMG2994.jpg
RIMG2996.jpg RIMG2997.jpg
RIMG2998.jpg RIMG2999.jpg
RIMG3002.jpg RIMG3006.jpg
RIMG3007.jpg RIMG3012.jpg
RIMG3014.jpg RIMG3018.jpg
RIMG3019.jpg RIMG3021.jpg
RIMG3023.jpg RIMG3029.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 09:00| Comment(0) | 大台町子どもプロジェクト(日帰) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする